ONSA WORKSHOP[全共通]| ご受講順のご案内

| ONSA WORKSHOP 受講順のご案内
まずは、チャレンジスタート!
エントリー(入口)コースから、スタートしてみます

01 | 目的があるワークショップです

あなたの人生を「とりもどして」ゆこう

ONSA WORKSHOP は、目的のあるワークショップです。
それは、「とりあげられた」あなたの人生を、とりもどすことです。

ONSA WORKSHOP の目的は、あなたの人生を「とりもどす」こと。

あなたが、どんな次の一歩を、決断するのか。
どんな未来を、描くのか。

どこで働くのか。
誰と共に、過ごすのか。
どんな人生に、してゆきたいのか……。


「回復」作業とは、あなたの時間を、あなたが生きてゆくこと。

あなたの時間を、あなたが生きること。
それ自体が、人生「回復」という作業。

その歩みを、ONSA WORKSHOP は、お手伝いいたします。


あなたの時間を、あなたが生きてゆくこと。その力と、その状況をとりもどしてゆくのが、人生「回復」という作業。
ONSA WORKSHOP が、お手伝いしていることです。


02 | 人生「回復」には、年単位の時間がかかる。
できるだけ回り道少なく、解決したい

時間は、有限。そのため、スタートは一刻も早く。

すでに、さまざまな記事や経験談から、ご存知かもしれません。

いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」からの、人生「回復」作業。
それは、「年単位」の長丁場となります。


経験からくる、こんな言葉があることを、ご存知でしょうか。

「問題下にあった時間と、同じだけの時間が、『回復』のためにかかる」

「問題下にあった時間と、同じだけの時間が、『回復』のためにかかる」
そのため、できるだけこの時間を、科学的に「時短」したい。


人生を「とりもどす」には、時間がかかる。

知らず知らずに身につけた、ためにならない習慣。
それを、色でたとえるなら、「透明」です


自分の中の何が、自分の人生に、「悪さ」をしているのか。
それが、とても見えづらいのです。

その「透明」なものを、ひとつずつ、「見える」にしてゆく。
その上で、あなたの人生のためになる考えや、習慣と、置き換えてゆく。

このような質の作業に、時間がかかるのは、あたりまえです。


人生の土台となる考え、価値観。
見えないものを、「見える」にしてゆく作業には、時間がかかる。


03 | 長丁場だからこそ、時間・お金・エネルギーを大切に

長期間の「ぶれ」は、まとまると大きい。だから、できるだけ「ぶれ」少なく。

ひとつずつの「ぶれ」「脱線」「コース間違い」が、大きなタイムロスとなります。

そのため、ONSA WORKSHOP では、長年のサポート経験から、最適な取り組み順を、あらかじめご提案申し上げています。

時間が、いちばん惜しい。
そのため、取り組みを進める順番も含めて、コースをご提案しています。


スタート当初の下作業が、ハードルが高い。

本来ならばこれらの情報は、ご自身でお調べになり、それぞれに特化したサポート先を、個別に開拓する必要があるものとなります。
その上で、サポート先と話し合い、相互に理解を得た上で、ご自身の作業で、最適なペースを作る必要があります。

ですが正直、この下作業だけでも、多大な負担です。

その理由は、こうです。
いわゆる人生「回復」の、作業の最初においては、「何を」「どうすればいいのか」という具体的なことが、いちばんわかりません


問題に、気づけた。
でも、何に、どういう順番で取り組んだらよいか、わからない。……これが、普通です。


解決方法と順番がわかったら、問題は、5割解決したも同然。

問題に気づいた時、最初は、どうやってそれを解決したらよいか、わからない。
それゆえ、「解決方法がわかれば、問題は、5割解決したのと同じ」と、語り継がれています。

ONSA(弊社)では、このような対策で、お応えしています。

ONSA WORKSHOP のコース設計は、人生「回復」にとり最適なアプローチになるよう、あらかじめ当方側で、順番編成がされています。
そして実際、多くのお客様が、この方法の恩恵を受けています。

「やること」「とりくむ順番」がわかっていると、安心できる。
その方が、「すべきことそのもの」に、集中できる


04 | 「ご参加順位【なし】」「ご参加順位【あり】」、2種類のコースがあります

ONSA WORKSHOP は、2つのルートを持ったワークショップです。

それでは、具体的にどのような順番で、人生「回復」を進めてゆくのでしょう。

ONSA WORKSHOP では、以下の2つのルートを有しております。

ONSA WORKSHOP |
– ONSA WORKSHOP(対面式) – 対面にて行うワークショップ
– ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ) – オンラインで行うワークショップ

この2つのルートを、並行して利用することで、人生「回復」に大きな効果を上げております。

どちらかが、独立したワークショップとして、存在しているわけではありません。

2つ合わせて、ひとつのワークショップです。
対面」「オンライン」両方で、1つのワークショップが、構成されています。

「対面」と「ウェブ」、2つのルートを持つ、1つのワークショップです。
人生「回復」作業には、その両方の方法の組み合わせが、必要です。


番号が小さい方が、基礎。番号が大きな方が、応用です。

それぞれのコースに、「Stage 1」「Stage 2」……「コース1」「コース2」等、番号が振ってあります。
この番号は、知識の「階段」順をさします。

画像

番号が小さい方が、基礎知識に、特化しています。
そのため、番号の小さなほうから順に、コースを進めてゆくのが、時間ロスが少ない方法です。

基礎知識から応用知識へと、無駄なく知識を、積み重ねてゆけるからです。

各コースに割り振られている番号の、小さい方から進めてゆく。
そうすると、無駄なく「回復」作業を積み重ねてゆける。


最短距離をご提案するため、コースに、「参加順位」をもうけています。

最適に「時短」するために、コースのステイタスも、わりふられています。

– 「ご参加順位【なし】」
– 「ご参加順位【あり】」

「ご参加順位【なし】」のコースから、スタートいたします。
知識を消化したら、「ご参加順位【あり】」のコースに、進んでいただけます。

これもまた、時間ロスが少ない方法です。


「ご参加順位【なし】」のコースには、募集がある限り、いつでもご参加いただけます。

「ご参加順位【あり】」のコースに参加される場合は、そのコースに参加するために、必要となるコースをご受講してから、ご参加ください。
どのような前提・基礎が必要となるかは、各コースのページに、要件の記載がございます。

05 | ONSA WORKSHOP(対面式) エントリー(入口)コース


次に、参加の入口を、具体的にご案内いたします。
ONSA WORKSHOP(対面式)のエントリーコースから、ご案内いたします。

| 「ONSA WORKSHOP(対面式)」コース内容[一例]
画像


おすすめのエントリーコースは、3つあります。

以下の3コースが、おすすめのエントリーコース(入口)となります。

| ONSA WORKSHOP(対面式)「境界線(バウンダリー)ワークショップ」



| ONSA WORKSHOP(対面式)「時間のためのちいさなワークショップ」



| ONSA WORKSHOP(対面式)「春の大勉強 & 大準備会[初級編]」



上のどちらのコースも、この知識がないと先に進めない、基礎中の基礎となります。
また仮に、本コースを単体でご受講いただきましても、日常を改善する上での、大きな糧としていただけます。

06 | ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ) 
エントリー(入口)コース


ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)のエントリーコースも、ご案内いたします。

| 「ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)」コース内容[一例]
画像

ONSA Web.WORKSHOP のコースの期間は、約3か月・12週間です。
コース0」のみ、入門的な位置づけということもあり、例外的に4週間で構成されています。


エントリーコースは、2コースあります。

ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)のエントリーコースは、以下の2コースとなります。

| ONSA Web. WORKSHOP「コース0/STEP.1」【4週間のコース】



| ONSA Web. WORKSHOP「コース1/STEP.1」【12週間のコース】


[ POINT – 1 ]
ご自身の時間習慣を整えることを目的として Web. WORKSHOP にご参加されるお客様は、「コース1/STEP.1」のみを、単体でご受講いただけます。
[ POINT – 2 ]
いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」問題のケアーに取り組まれたい方は、「コース0」から、スタートすることをお勧めいたします。
最初に一度、全体像を、見渡すことができます。
[ POINT – 3 ]
「コース1/STEP.1」と、その上位クラスである「コース2/STEP.1」を、同時期に2コース受講することはできません。
1ステップずつお取り組みください。
[ POINT – 4 ]
【重要】
「コース2」のうち、「コース2/STEP.1(後期日程)」以降は、
ONSA WORKSHOP(対面式)「境界線(バウンダリー)ワークショップ」
にご参加完了いただきましたお客様に、ご受講いただけます。


07 | ONSA WORKSHOP の進め方は、階段積み上げ方式

ONSA WORKSHOP 全体の、進め方のご案内です。

[ POINT – 1 ]
ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)と ONSA WORKSHOP(対面式)を、同時に受講することは可能です。
ご自身の状況に合わせ、組み合わせてご受講ください。
[ POINT – 2 ]
「STAGE」同士を合わせると、うまくゆきます。

画像

ONSA WORKSHOP(対面式)と、ONSA Web. WORKSHOP それぞれに、「Stage」を設けてあります。
「Stage」同士の進度(番号)を合わせていただきますと、いちばんロスなく進めるよう、コース設計がなされています。


画像画像画像

[ POINT – 3 ]
ONSA Web. WOKRSHOP「コース3/STEP.4」は、いわゆる人生「回復」がある程度完了し、「その先」を目指す方のみが、ご受講いただけますと大丈夫です。
ONSA Web. WOKRSHOP「コース3/STEP.4(前期日程・後期日程)」は、「機能不全家族問題」からの回復作業を超えて、「その先」の幸せ・新しい人生を目指す方のために、設定されているコースとなります。

いわゆる、「機能不全家族問題」からの、人生「回復」作業の上で、必須となるコースではありません
「その先」の景色を見てみたい方、お進みになりたいご希望の方のみ、お進みいただけます。

08 | ONSA WORKSHOP に必要な教材のご案内[全共通]

使用する副教材のご案内です。

上記すべてのコースにおいて、以下の副教材を使用いたします。
すでに存在する副教材を使用することで、工夫して「時短」「省コスト」しながら進めます。

[1]
『夢をかなえる人の手帳』シリーズの、スケジュール帳

* どのシリーズでも大丈夫です。現在お使いのものがございましたら、そのまま続けてご使用ください。
[2]
『夢をかなえる人の手帳術』
『最新版 夢をかなえる人の手帳術』
『図解 夢をかなえる人の手帳術』

* どれか1点。
[3]
『未来日記』

以上、3点の書籍を使用いたします。
ONSA WORKSHOP 各コースの開始日まで、各自ご用意ください。

まずは、エントリーコースから、スタート。
コースの番号を追ってゆけば、人生「回復」作業に、最適の順番になるように、コース全体が設計されています。