「機能不全家族問題」から脱出するための、知識をつける | 肯定的な「NO」を恐れない

ONSA WORKSHOP にご参加される前後に
「機能不全家族問題」から脱出するための、知識をつける | 肯定的な「NO」を恐れない


| 肯定的な「NO」を恐れない。慣れてゆく
肯定的な「NO」:それは、「あなたのためにならないので、別のやり方をとった方がいい」というメッセージ


「NO」にも2種類ある。なるべく早く、この2つの差に慣れる

問題からの回復の途中で、慣れるのが難しいかもしれないのが、肯定的な「NO」です。

つまり、
「その考えは、現実をよくするのではなく、あなたの現実を害する考えのようなので、薦められない」
「それは、あなたのためにならないので、別のやり方をとった方がいい」


あなたの未来を考えた「NO」は、「肯定的な『NO』」。

回復の道のりの中、自分の意見に、ぜんぶ同意してもらえるとは限りません。
別の方法を薦められることもあるかもしれません。
自分は「これがいい、これがやりたい!!」と感じていても、「その方法は合わないと思う」「早すぎると思う」「今は、現実的ではないと思う」と、断られるかもしれません。

でもそれは、私たちの未来を考えた「NO」です。


何が私たちの現実をめちゃめちゃにしたか、しっかり考えてみる


「肯定的な『NO』」がなければ、現実がますますめちゃめちゃに

現実社会では、成熟した・責任感のある大人は、誰もが自分の意見を持って生きています。
ですから、もし私たちが本気で「回復」したいと思ったら、本当に肯定的な意味で、現実的・建設的な意見を提案されるのは当たり前のことです。

ところが、共依存者にとってこの事実は、とても怖いことのように感じられます。
(* 共依存者が「子どもの、魔法の解決法」「予定調和」の世界に生きていることに注意)
そのため、肯定的な NO から逃げるあまり、不健康な環境の中でぬくぬくと、時間をやり過ごしてしまう方が、いっけん楽に感じるかもしれません。

「これ以上傷つかないこと」は、実は、安全な解決策ではないかもしれない

それどころか、逆に、こんなことをしまうかもしれません。

「私は大変な思いをしてきたので、否定的なことは言わないでください」
「私を傷つけないでください」

「私を、特別扱いしてください」
「私に都合の悪いことは、聞きたくありません。知りたくありません。都合のいいことだけで、上手に『回復』させてください」


静かな頭で、よく考えてみます。

私たちの人生の中で、多くの人……同じく共依存者や、不健康な現実観をもつ大人たちが、このリクエストに暗に「イエス」と言ってきたからこそ、私たちの問題は継続したまま。
おかげで私たちは、いまだに恐れと恥の意識の中に閉じ込められています。

反対に、この現実を建設的に、健康に生きてゆく知識やスキルは、いまだについていません。
「肯定的な NO」を拒んだばかりに、他ならぬ自分に、現実を生きてゆく力がつかないまま、今に至っています。

「肯定的な『NO』」=「そのやり方は、うまくゆかない」

こんな状況を乗り越えて、新しいやり方を覚え、問題から解放されてゆくには、肯定的な「NO」……
「そのやり方は、現実にはうまくゆかないから、やり方を変えなければならない」
ということを、どの段階かで受け入れる必要があります。


そしてこの「肯定的な NO」は、意地悪な「NO」でも批判的な「NO」でもなく、問題解決のための肯定的な「NO」です。
「それはあなたのためにならないから、もうこれ以上、やめた方がいい」という「NO」です。


この、肯定的な「NO」に心を開き、慣れてゆくことが、変化にとっては大切になります。
それに、それが本当に自分のことを考えられて言われたことなのか、そうではないのかは、自分の「心」で気づくことができます。
人間は、賢いのです。



問題にとどまり続ける人生は、最終的に、非常に高くつく


肯定的な「NO」を受け入れるのは、最初は少し、怖い感じがするかもしれません。
慣れない感じもするかもしれません。
でもその慣れない感じは、あなたが、今までやったことのない、新しい方法で、人生を歩こうとしているから、起こること。

その場かぎりのウソやごまかしは、けっきょく、高くつく

たとえ表面的に、感情が抵抗したとしても。
(慣れないことは、怖い、イヤだ。恥をかきたくない!)
人間というのは本当に賢く、本当に自分のためになること・必要なことは、きちんと分かっているもの。

表面的に「怖い」と感じたとしても、深いレベルで「これは、自分にとって大切なこと/必要なこと」と感じたら
勇気を出して、肯定的な「NO」に、心を開いてみてください


問題にとどまり続ける人生は、非常に高くつく

問題にとどまり続ける人生は、最終的に、非常に高くつく。

自分の心に聞いてみて「これは、自分にとって大切なこと/必要なこと」と感じたら。
肯定的な「NO」に、心を開いてみてください。

新しい・自分のためになる・優しくて建設的な習慣を再訓練して、古くて役に立たない習慣/パターンの外に踏み出すことは、とても素晴らしいことです。




TO TOP