肯定的な「NO」を恐れない

| 肯定的な「NO」を恐れない。慣れてゆく。
「それは、あなたのためにならないので、別のやり方をとった方がいい」というメッセージ

| はじめに

「NO」にも2種類ある。なるべく早く、この2つの差に慣れる


「肯定的な『NO』」という言葉は、世間には、ありません。
ONSA WORKSHOP の中で、よく使う用語です。

いわゆる「回復」作業の途中で、慣れるのが難しいかもしれないのが、この「肯定的な『NO』」。

「その考えは、現実をよくするのではなく、現実を害する考えのようなので、勧められない」
「それは、あなたのためにならないので、別のやり方をとった方がいい」

こういった質のものです。

それが、どういった質のものであれ。
考えに同意されないというのは、それ自体で、抵抗があるものですね。
よく、理解できます。


あなたの未来を考えた「NO」は、「肯定的な『NO』」


いわゆる「回復」作業の、道のりの中。

自分の意見に、ぜんぶ同意してもらえるとは、限りません。
別の方法を勧められることも、あるかもしれません。
ペースに関して、助言を受けることが、あるかもしれません。

自分自身では、
「これがいい、これがやりたい!」
と感じていても……。

「その方法は合わないと思う」
「早すぎると思う」
「今は、現実的ではないと思う」
こんなふうに意見されたり、進言されたり、断られるかもしれません。

でもそれは、未来を考えた「NO」。
つまり、理由があって、肯定的な文脈の「NO」です。



| 何が私たちの現実をめちゃめちゃにしたか、しっかり考えてみる

「肯定的な『NO』」がなければ、現実は、ますますめちゃめちゃに


いわゆる「共依存」者にとって、この「肯定的な『NO』」は、とても怖いことのように感じられます。

「NO」と言われることは、ただ単に、選択の問題。
選択には、「YES」か「NO」しかありません。
そして、人はいつでも大体、肯定的で前向き、建設的な選択の方を、提案してきます。

ところが、いわゆる「共依存」者にとって、「NO」という言葉自体が、時に、死活問題に感じます。
存在の拒絶や、考えの否定に、感じてしまうのです。


ほとんど反射的に、細胞レベルの恐怖をともなって。
正直、内容なんて問題になっておらず、聞こえていないことが、多々あります。

この、恐怖の感覚を避けようとして、肯定的な「NO」から、なんとか逃げようとして……。
不健康な環境の中で、時間をやり過ごしてしまうかもしれません。
その方が、いっけん、楽に感じるかもしれません。



「これ以上傷つかないこと」は、実は、安全な解決策ではないかもしれない


それどころか、逆に、こんなことをしまうかもしれません。

「私は、大変な思いをしてきました。だから、否定的なことは、言わないでください」
「私を傷つけないでください」

「私を、特別扱いしてください」
「都合の悪いことは、聞きたくありません。知りたくありません。都合のいいことだけで、上手に『回復』させてください」

落ち着いて考えてみれば、こんなことは、理にかないません。
そもそも、とてもおかしなことのはずです。

ですが、細胞レベルでは、どうでしょう。
「NO」の恐怖は、想像する以上に、強いのではないでしょうか。


どんな結果を招いたのか、静かに考えてみる


そこで、静かな頭で一度、よく考えてみます。

私たちの、今までの人生の中で……。
関わってきた多くの人……同じく「共依存」者や、不健康な現実観をもつ大人たちが、このリクエストに、暗に「イエス」と言ってきた。

「どんなことであれ、とにかく、私を傷つけないで」
「私を、否定しないで」
「何も、意見しないで」

この、暗黙のメッセージに守られる形で、私たちの問題や苦しさ、生きづらさは、依然として継続したまま。
おかげで、恐れと恥の意識の中に、いまだ閉じ込められています。

これと反比例するようにして、現実を建設的に、健康に生きてゆく知識やスキルは、つかぬまま。
盲目的な恐怖ゆえ、「肯定的な『NO』」を拒んだばかりに、他ならぬ自分に、現実を生きてゆく力がつかないまま、今に至っているとしたら……。

それは、とても苦しいことです。
そして、苦しいのは、他ならぬ自分です。



「肯定的な『NO』」=「そのやり方は、うまくゆかない」


こんな状況を乗り越えて、新しいやり方を覚え、問題から解放されてゆくために。
威力を発揮するのが、「肯定的な『NO』」の力です。

「そのやり方は、現実には、うまくゆかない」
「やり方を、変えなければならない」

この、「肯定的な『NO』」。
意地悪な「NO」でも、批判的な「NO」でもなく、問題解決のための「NO」です。

この、「肯定的な『NO』」に心を開き、慣れてゆくこと。
この勇気であり変化が、「回復」作業にとって、とても大切になります。


| 問題にとどまり続ける人生は、最終的に、非常に高くつく

その場しのぎのごまかしは、けっきょく、高くつく


「肯定的な『NO』」を受け入れることは、最初は少し、怖い感じがするかもしれません。
慣れない感じも、あるかもしれません。
とびきりの勇気も、必要かもしれません。

でも、その慣れない感じ。
それは、あなたが、今までやったことのない、新しい方法で、人生を歩こうとしているから、起こること。



人は、賢い。本当に必要なことを、心で理解できる


たとえ表面的に、感情や気持ちが、抵抗したとしても……。
(慣れないことは、怖い、イヤだ。恥をかきたくない!)

人間というのは、本当に賢く、健全な自己保存本能を持っています。
本当に自分のためになること・必要なことは、冷静に、理解できるもの。

表面的に、一時的に、「怖い」と感じたとしても。
深いレベルで「これは、自分にとって大切なこと/必要なこと」と、心で感じたら
勇気を出して、肯定的な「NO」に、心を開いてみてください


新しくて、自分のためになる、優しくて建設的な習慣。
習慣を再訓練して、古くて役に立たない習慣・パターンの外に踏み出すことは、素晴らしいことです。


「肯定的な『NO』」に関しては、お伝えしたいことが、山ほどあります。

その上で、現在の主催者が心がけていることは、
「気づいたら、すぐ認める」
「受け入れる」
こと。
これは「負けを認める」とか、「すぐに譲る」という意味とは、ちょっと異なります。
そうではなく、
「あっ、これは自分のためにならない!」
と感じたら、すぐに認める。そして、変える。
そのことが、いちばん痛み少なく、いちばん早く、自分のためになる肯定的な変化を起こしてゆけると、体験的に気づいたからです。

大人になると、わざわざ何かを、指摘してくれる人はいません。
みな、めんどうなことは嫌いですし、できれば、関わり合いになりたくない。
それゆえ、わざわざアドバイスを求めなければ、誰も、気づきをもたらしてはくれません。

だから、気づきをもらったり、アドバイスを活かすためには、反射的に抵抗する習慣がない方が、とても楽。
「肯定的な『NO』」に慣れる練習をして、慣れることができるようになったら、とても楽です。
そして、人は賢いもの。
下心があるアドバイスや提案は、雰囲気できちんと見分けられるので、大丈夫です。

| 同じテーマの最新記事を見る