ケアーにつながる[8]| 科学的な知識をもとに、「パーソナリティ障害」を見てみる

ONSA WORKSHOP にご参加判断をされる前に
ケアーにつながる[8]| 科学的な知識をもとに、「パーソナリティ障害」を見てみる


1 | 科学的な知識をもとに、「パーソナリティ障害」を見てみる


発達障害の項でもそうでしたが、パーソナリティ障害の項でも、とにかく「常識範囲」という言葉が、何度も出てきました。
では、この「常識範囲を逸脱する」って、もう少し具体的に言えば、いったいどんなこと?


今度は、別の言葉で見てみよう。
東京大学大学院・下山晴彦教授監修の『よくわかる臨床心理学』。
下山先生は、発達・臨床心理学の、第一人者です。
下山先生の講演は、何度かお聴きしたことがあります。温かなお人柄が伝わってくるような、熱意のある先生です。

そのような方が監修した情報の中で、「パーソナリティ障害」がどのように定義されているのか。
順番にひとつずつ、実感レベルの言葉もともないながら、情報を見てみよう。

| パーソナリティ障害とは

パーソナリティ障害とは、思考・感情・行動などのパターンが平均からいちじるしく逸脱し、社会生活や職業生活に、支障をきたしている状態のことをさします。


まずは、ここまで。
「常識範囲を逸脱する」ということは、まずは、社会生活や職業生活に支障を来すレベルのこと。
社会生活が送りづらくなったり、仕事が回らなくなるようなレベルであれば、じゅうぶん「疑いレベル」です。


パーソナリティは本来その人の個性であって、様々な偏りがあるのは当然です。実際、ここで紹介する思考・感情・行動の特徴は、程度の差こそあれ、誰しもがもっている傾向であるといえます。


パーソナリティ(人格)の部分においては、誰もがその人なりの「クセ」を持っているということ。

もうちょっと人間くさい言葉で言えば、誰だってちょっとは、他人から見たら「おかしな面(笑)」を持っているということですね。そして、それがふつう。


たとえば、あなたが誰かの「クセ」みたいなものを「気に食わない!」と感じたとしても。
「相手がおかしい」
「あの人、おかしいよ」
と言えるわけでなない。
なぜなら、誰か他の人から見たら、あなただって「クセが強いよね」と見えるかもしれない。

人は本当にそれぞれだし、誰でも、個性もクセも、ちょっと変なところもある。
それでいい。
それが、社会常識で容認されるレベル……つまり「空気の中に書いてある文字」の、お約束ごとのレベルにおさまっていれば、それでオッケー。


ところが……。

これらの特徴が極端な形で現れ、柔軟性がなく、長期間にわたって持続し、いちじるしい機能障害または主観的苦痛が引き起こされている場合に限って、パーソナリティと診断されます。

・極端な形
・柔軟性がない
・長期間にわたって持続する
・いちじるしい機能障害 または主観的苦痛

こんなキーワードが出てきました。


2 | 一時的に、調子が乱れることは、誰にでもある。それは「パーソナリティ障害」ではない


たとえばですが、はじめて海外に留学した時の、はじめての通学の日の前。私は、緊張でガチガチになって、はたから見ても、どこかおかしかったと思います。
目はつり上がって、緊張でイライラして、カリカリしていた。ストレスでリラックスできなく、不安で眠れなかった。

そんな私を、ルームメイトは一笑します。
「大丈夫だよ、リラックスしなよ。どうせ私が一緒に学校に行くから、大丈夫大丈夫」
そうは言っても、頭の中は、最悪を想定したシュミレーションです。
「地図を持たないと。お金は? 迷ったあげく、犯罪に巻き込まれたら? 家の住所は?」
ちなみに、当時は海外で携帯なんて借りれなかったので、SOS の電話をかける心の準備も。

ところが。
はじめて学校にたどり着いて、2日目、3日目になるうち……。
私の症状は、あっという間に、どこかに行ってしまいました。

緊張や不安が、極限まで高まって、極端な形で出ている。
柔軟性のない行動。
緊張で、眠れない。ストレスで、ぜんぜんリラックスできない。神経が張っている。
でもこの場合は、持続性がないため、「パーソナリティ障害」とは言えない。誰しもが、何らか経験したことがある、極端にイライラした形ですね。

結婚や離婚、転勤や転職、配置換え、引っ越しや出産などの、人生の大きな節目。
人は大きなストレスを感じ、行動や言動が極端になったり、ナーバスになったりします。

でもそれは、一定の時期が過ぎ去れば、おさまってゆくもの。
こんな、一時的な出来事に対して、一時的に起こる症状が、「パーソナリティ障害」ではない。



3 | それでは、「パーソナリティ障害」とは、具体的に何?


では、どんなものが「パーソナリティ障害」に該当する?
一般的な分類では、だいたい大きく3つに分けられています。

思考・感情・行動が、それぞれ「常識範囲」をどっちに飛び出すかで、ざっくり3種類に分類されています。

思考・感情・行動が、
[1]奇異な(おかしい)・普通でないほうに飛び出すタイプ
[2]派手だったり、突飛なほうに、飛び出すタイプ
[3]不安や恐怖に関連するほうに、飛び出すタイプ

大きく言って、この3つの方向性の、どちらに極端に飛び出すのか。
それによって、以下のように、さらに分けられています。

[1]奇異な(おかしい)・普通でないほうに、いちじるしく飛び出すタイプ
・妄想性パーソナリティ障害
・ジゾイドパーソナリティ障害
・失調型パーソナリティ障害
(* 興味のある方は、ご自身で調べてみてくださいね)

[2]派手だったり、突飛なほうに、いちじるしく飛び出すタイプ
・境界性パーソナリティ障害
・演技性パーソナリティ障害
・自己愛性パーソナリティ障害
・反社会性パーソナリティ障害

[3]不安や恐怖に関連するほうに、いちじるしく飛び出すタイプ
・回避性パーソナリティ障害
・依存性パーソナリティ障害
・強迫性パーソナリティ障害


4 | 「あっ!」と思ったら、まずはとにかく受診。これが、キーワード。


というわけで、次回の記事で、これらの中身を、細かく見てゆきたい。
見てゆくうちに、「あっ!」という方が、いらっしゃるかもしれない。

あれっ? と心当たりがあるようなら、「もしかして『パーソナリティ障害』?」と、疑ってみる目を持てればいい。

なにせ、100人に15人といいます。
全員が医者に殺到したら、医者が足りなくなるほど。

すでに、ケアーにつながっている方は、ご存知かもしれませんが……。
「自分ごと」として、いよいよ、自覚者が多くなっている症状です。
受診する人も増えてきていて、きちんと診てくれるところは、とても混み合っていると聞きます。


ではでは、これらは、具体的にどんな症状?
次の記事では、もっと具体的な内容をみてゆこう。





TO TOP