2008.08月開催 「時間のためのちいさなワークショップ(中級者用)」カシオペヤクラス

PAY FORWARD:対面式「時間のためのちいさなワークショップ」
2008.08月開催 「時間のためのちいさなワークショップ(中級者用)」カシオペヤクラス


「時間のためのちいさなワークショップ」の PAY FORWARD(ご参加者のご感想)です。
なお、PAY FORWARD の本文中には、ワークショップ内で学んだ専門用語が登場する場合がございます。その旨どうぞご了承ください。

●コースの内容 
- 「時間のためのちいさなワークショップ」
●もっと読む
- PAY FORWARD(ご参加者のご感想) もくじ

 PAY FORWARD(ペイ・フォーワード)とは「次の人につなぐ」という意味。すでに ONSA WORKSHOP にご参加されて、ひと足先に変化を歩き出した方々から贈られるメッセージです。
タイトルはじまり目印

T. K. さん カシオペヤクラス




優月さんのワークショップには初めて参加させていただきました。
優月さんの本は、たくさん読ませていただいて、ワークショップ参加前までに、自分でもびっくりするくらいの変化があり、毎日の生活にも幸せを感じることが多くなってきていました。
けれど、一番叶えたい夢に近づいているのかどうかという不安がいつもあり、あとちょっと何か、今自分にできることはないかな?と思い、参加しました。
クラスは直感で決めました。頭では「初めてなのに、大丈夫?」と思っていましたが、参加してみて、私の直感は間違っていなかったと確信しました。

ワークショップでは、優月さんのお話をたくさんきけたことはもちろん、今回初めて、「人の話に集中する」ということをやり、自分の番になってあたふたする自分を目の当たりにして、今までいかに自分が人の話をきいていなかったかということを知ることができたことが、最大の収穫です。
また、「穏やかな心」を持てる「今」が、「幸せ」なんだとじわじわと実感できるようになったことも大きく、毎日がさらにありがたく、嬉しく思えている今日この頃です。


文節区切りの線


また、クラスの仲間の話を集中して聴く中で、勇気をもらえたし、仲間全員にそれぞれの思う「幸せ」の中で生きていってほしいと強く思いました。
一人ひとりが違うけれど、それでよくて、みんな幸せに向かって一生懸命生きているんだなと思いました。

優月さん、深津さん、いろいろとお世話になりました。お二人の優しい声が今も心の中に響いています。本当にありがとうございました。
また、今回、2日間続けての開催にしていただき、遠方より参加することができました。このタイミングで、このチャンスに出会えたことを幸せに思います。
さらに、明日館の方の御厚意に本当に感謝しています。ありがとうございました。

いろんな方の優しさに触れることができ、明日館の内部まで見ることができ、あのときの雨にも感謝します。
そして、クラスの皆様、本当にありがとうございました。つないだ手のぬくもりは忘れません。皆様の幸せを心よりお祈り申し上げます。

最後に、これから参加しようかと思っていらっしゃる皆様、ぜひぜひ楽しいワークショップへ参加し、自分なりに何かしらきっと得るものがあることを実感してください。「やってみなければわからない、本を読んだだけではわからない」ことが、優月さんのワークショップには確かにありますよ。



タイトルはじまり目印

H. N. さん カシオペヤクラス




2年くらい前から、自分なりに「夢」を思い描き、それに向かい、少しずつ前に進んでいます。
でも、頭の中で、あれこれ考えて、「行動を起こすまでに時間をかけてしまう事」や、「行動しなかった事」が多かったと思います。
このワークショップを受けた後、自分の中にある障害物が感じられるようになりました。そして、何かやろうとした時も「やりたいと思うなら、やってみようよ」と、後押ししてくれる気持ちが生まれました。
以前よりも、素直に行動できています。

自分を変えるための、大きな一歩を踏み出せました。
これからも、自分の信じている夢に向かって、進んでいきます^-^



タイトルはじまり目印

A. K. さん カシオペヤクラス




今回、自分のカベを乗り越えよう、ブレイクスルーだわ、というテーマを持って、カシオペヤクラスに参加しました。
そして、今が変化の時なんだ! と、自覚できたことがとてもよかったと感じています。

1日目と2日目のワークで、私の考えていた夢の順番がいれかわってしまいました。
それは、本当は望んでいたのに、なんだかはずかしくてなかなか夢だと言い切れなかったことが、ようやく出てきたもののように感じます。
プレワークから始まり、実際にみなさんと顔を合わせての場と時間を通し、ゆっくりじっくり私や時間と向き合う、そのことが心の底で望んでいたこと、を表に出してきてくれたようです。

自分と向き合うことは、本当はひとりでもできることかもしれません。
でも、イマイチ気分がのらないとか、勇気がないとか、そもそもどうやっていいかわからないとか、様々な要因があって、結局できないまま時間がすぎてしまうことが多い。
そんな自分と向き合う時間をやわらかく、安心して、そして真剣に、過ごすことができるのが、ワークショップの場だと思います。

優月さんが何度かおっしゃっていましたが、ワークショップに参加してあーよかった、で終わるのではなく、その場で何を感じ、思ったか、そして、それを日常に持ち帰って生かすことが大切ということを、今はじんわり思い返しています。
そのための「しるしの品」をながめながら、この毎日の中で、どう生かそう、こうしてみようかなと考え、少しづつ行動してみています。

アフターワーク、そして例えば1年後に、うれしい報告が優月さんにできるように日々すごしていきたい、と思っています。
ありがとうございました。



タイトルはじまり目印

N. M. さん カシオペヤクラス




毎日を楽しく過ごせるようになるために、ワークショップに参加いたしました。
同じクラスになった方々の意見を聞いたり、自分の考えを言葉に出していく中で、頭の中を整理することができました。

2日間のワークショップ後、自分が何を求めていたのか、随分はっきりと自覚できるようになりました。はっきり自覚できたライフワーク、精神的な目標に、これからじっくりと取り組んでいきたいと思います。

本当は何がやりたいのか、何を求めているのか分からなくなってしまっている方には、ワークショップの参加をお奨めいたします。集中力が必要ですが、きっと何かをつかめると思います。
一緒にワークショップに参加した皆様、優月先生、たくさんのヒントをくださり、どうもありがとうございました。
皆様の夢がかないますように。



タイトルはじまり目印

Y. O. さん カシオペヤクラス




手帳を買うこともなかったのですが、4年以上手帳をつけ、夢を少しずつ叶えてこれたのもひとえに『夢かな手帳』のおかげです。
私は過去にはこだわらないのですが、未来に対して不安を抱きやすい性格でした。けれど、藤沢さんの「今、ココ」という言葉でだいぶ日々楽しく過ごせるようにもなりました。
そこで今回、「制限を破り、喜びを増す」ということにはあまりピンとこなかったのですが「中級編」という言葉に惹かれてこのクラスに参加しました。
きっと手帳には書かれていない、ワークを体験できる! と楽しみに参加しました。

しかし、プレワーク、ワークショップと日を重ねるうちに以外とステレオタイプな制限がある自分に気がつきました。そして、それに気づいたとたん、この制限を持たない人に出会うから不思議です。アンテナの周波数が変わって違うものが聞こえるようになった感覚です。
また、自分と違った価値観を持つクラスの方々の夢を真剣に聞くことで、逆に自分を知ることができました。そして、心からクラス全員の夢が叶うといいなぁと思え、幸せな時間を過ごすことができました。
本当にありがとうございました。

2日目は終了時に大雨となりましたが、今までのワークショップ受講者の皆様と明日館様のご厚意により、しばしの間、雨宿りをさせていただくとともに、傘までいただいてしまいました。
実は、ちゃんとした長い傘がずっとほしかったのですがなかなか買うにいたらず、この10年以上の間ビニール傘を使用していました。思わぬところで、願いが叶ってしまいました。長く大切に使うつもりです。
ありがとうございました。



タイトルはじまり目印

Y. W. さん カシオペヤクラス




私は「これからの時間を自分らしいものにしたい。でも、これ! という夢や目標がはっきりとしないなぁ」という状態でワークショップに参加しました。
無理に「私の目標はきっとこれだ!」と上辺だけ決めつけたりせずにありのままの、今の自分の気持ちのままで参加した方が、心が自然と開いて、見えてくるものも多いだろうと思ったのです。
(HPでの「ありのままの状態できてください」という、優月さんのメッセージにもかなり励まされました!)

そして、参加してみて……色々なワークを皆さんと一緒にやっていくうちに、しばらく忘れていたワクワクする気持ちが自然と高まってきました。
ワクワクすると、自然と笑顔も出てくる。そのことが本当に嬉しく思いました。久しぶりに、心から笑ったなぁ、と。

そして、「こんなことしたい!」というビジョンも見えてきました。
それはまだ具体的な形は帯びていないけれど、「このワクワクする感覚があれば、大丈夫。きっと何らかの形で実現できる!」と力強く思えました。
ワークの締めくくり、夢のコラージュづくりは、優月さんもおっしゃっていたように、ほんとに子どもみたいに
夢中になって楽しんでしまいました! ワーク内では手が付けられなかったところも、帰宅後に取り組み、ワークを受けて浮かんできた新しいイメージや夢のビジョンもどんどん追加。
出来上がり、壁に飾ると、まさに私だけの夢の地図が描かれていました!
毎日目にする度に、カシオペヤクラスで体験した素敵な時間を思い出し、また、日常に埋もれがちな“夢を諦めない”という初心を思い出させてくれます。今まで受けてきたワークの中で、1番の宝物になりました。


文節区切りの線


この夏の優月さんのワークショップを受けて、私は1番大事なものー自分自身を随分ないがしろにしていたことに気づきました。
そのことに気づいたとき、苦しかったのですが、沢山の励ましとあたたかいメッセージをいただいて、逃げずにちゃんと向き合えるようになりました。そして、自分のことが好きになれました。本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。
優月さん、サポートの深津さん、ありがとうございました。

そしてクラスをともに過ごしてくださった皆様、変容の瞬間を共有したかけがえのない存在です。皆様のこれからがますます輝かしいものになりますよう、お祈り申し上げております。
心から、ありがとうございました。



タイトルはじまり目印

F. F. さん カシオペヤクラス




ワークショップからはや1週間がたちました。
藤沢さんの文章が大好きで、本や手帳の文章を時々読みたくなり、目を通していましたが今から思うとふと自分の中で何かを切り替えたいときだったのだと思います。
私にとって、藤沢優月さんのワークショップはいつか参加してみたい、憧れでした。
今回、ふと見たホームページで直前に募集の告知を見てこれは申し込むしかない! と運命を感じてなんの迷いもなく、申し込みました。しかもいきなり中級クラスでずうずうしいかな? と思いつつも、どうしてもカシオペアクラスの“制限を外して夢を実現する”という内容に惹かれてしまいました。
参加できるだけで夢のようであり、もう二度とないチャンスかもしれないのだから、自分の求めるテーマで参加しようと思いました。

その一方で実際には藤沢さんの手帳術の本を何度も読んでいてもなかなか実行に移せていない、時間管理の下手な自分なのにいきなり中級で大丈夫だろうか? という不安もありました。
ワークショップが始まってみると藤沢さんの明るくて頼もしい進行、初めて会うのに以前からの知り合いのようなアットホームな雰囲気の仲間たちと素敵な場所で濃密な時間を過ごすことでそんな不安はふきとんでしまいました。


文節区切りの線


事前のプレワークも思うようにできなかった私ですが、根本的に自分自身と向き合うことから逃げていたのだと気づきました。意識的に自分の声を聞いていくという作業を実際に行うことで、今までなぜスケジュール管理が苦手だったのか、その根本的な原因がうっすらと見えてきました。
そしてまだその作業は続いています。この1週間にも、毎日同じ日はなく、色々な気づきや自分発見などがありました。少しずつの歩みですが、自分の中で表面上ではない、もっともっと深い所で何かが変わってきているのを感じます。

今回、この機会にワークショップに参加できたことはやはり私にとって運命だったと感じています。
今、生まれ変わってスタートラインに立っています。突然、大きく変わるということはないけれど、毎日の生活をもっとていねいに送りながら、自分を大事にしながら、夢に向かって一歩一歩歩いていくことができることに感謝しています。ずっと共に歩いていく宝物である自分自身に気がつくことができたワークショップでした。
こんなワークショップってあるでしょうか? 藤沢さんはやっぱり魔法使いでしたね!
一生続く魔法がかかりました。本当にありがとうございました。



タイトルはじまり目印

Y. T. さん カシオペヤクラス




私の感じた素直な感想、「カシオペヤクラス」に参加してみて。
今、普通の日常に戻って1番感じるのは……人の話を今までは真剣に(ちゃんと)聞いていなかったな~って。
常に、話を一応は聞きながらも、そこから連想したこと関連したことばかりが頭の中で巡っていました。ワークショップの最中に、優月さんに、「ただひたすら聞くに集中して!」と言われ、その難しかったこと?! 
みなさんの本当にしたいこと など聞くうちに、自分なりに考えが膨らみました。

また、自分は、なかなか 本音が言えず、「あちゃ~?どうしよう?このまま帰るのはイヤダな」と、思っているうちに、うま~く優月さんがリードしてくれて話せました!
(ほっ)
自分いじめをしない、自分と向き合う時間を持つことの大切さ、自分が本当にしたいこと、紙に書く・声に出す事の大切さ、などなど、い~~っぱいためになりました!
本だけでは、わからない、やっぱり実際に実践してみて(それがワークショップなのかな?)の大切さをとても感じました!
私にとって、実り多いものでした……。
アフターワークやこれからの生き方もていねいにやっていきます~。
本当にありがとうございました!


タイトルはじまり目印

Y. I. さん カシオペヤクラス




ずっと自分に自信が持てず、将来こうなりたいという夢はあるのに、私には無理だという不安から抜け出せずにいたので、「カシオペヤクラス」の内容に強く惹かれて参加しました。
ワークショップではたくさんの恵みを得ることができました。
中でも、無意識の内に自分や夢を否定していたものの正体が、私の場合は、ある過去の失敗の記憶だと気付くことができたことが最大の収穫です。

いつもは「私には無理」という言葉が頭に鳴り響いてくると恐くて耳をふさいでしまっていたのですが、ワークショップを通して丁寧に自分自身に耳を傾けたところ、ふと学生のときに自分の力不足で係りや部活で責任が果たせず周りに迷惑をかけたことを思い出しました。
そのとき本当に情けなく悲しい気持ちだったのですが、そ の記憶が今でも自分を責め続けているのを感じました。
「私は努力が足りなくて失敗してきたから、これからも上手くいかないよ」と。


文節区切りの線


それは忘れていたのではなく、覚えてはいたけれど、思い出すと辛いので見て見ぬふりをしていた記憶でした。
一人では恐くて正視できなかったのに、皆さまが私の話を真剣に聞いてくださり、ここは絶対に安全な場所だと信じることができたので、受け入れることができ、不安の正体を見つけることができました。
経験や失敗をただ「覚えている」ことと「認め受け入れる」ことには大きな違いがあると感じました。
他にも自分をいじめている要因・過去はあると思いますが、ワークショップで「今の私は勇気をもって受け止めることができる。今の私は変えることができる」ということを学んだので、これからは気持ち良く夢と向き合えそうです。

同時に、目の前にいる人の話を真剣に聞くことの大切さも知りました。一人では恐くて口に出せなかったことが、皆さまが一生懸命に話を聞いてくださったことで、安心感に包まれてお話することができたのですから……。
感謝を込めて、日々の生活の中でも実践していきたいと思います。

実際に参加して、このワークショップの魅力は、素晴らしい仲間との共同作業と、個人的な課題に深く向き合うことの両方が充分に叶えられ、さらに魔法のような相互作用があることだと思いました。
幸福な体験を与えてくださった、藤沢さん、深津さん、スタッフの皆さま、そして「カシオペヤクラス」の皆さまには感謝の 気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!




TO TOP