2016.4-5月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(0)コース0/STEP.1」あーこれーどクラス

PAY FORWARD:Web. WORKSHOP コース0/STEP.1
2016.4-5月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(0)コース0/STEP.1」あーこれーどクラス


「コース0」のテーマは「なにが問題なのか、理解する」です。
ONSA Web. WORKSHOP では、毎週1課題、全4週にわたり課題に取り組んでいただきます。本 PAY FORWARD は、最終4週目の課題としてお取り組みいただいた、締めくくりのワークです。

●コースの内容 
- 「ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)」
●もっと読む
- PAY FORWARD(ご参加者のご感想) もくじ

 PAY FORWARD(ペイ・フォーワード)とは「次の人につなぐ」という意味。すでに ONSA WORKSHOP にご参加されて、ひと足先に変化を歩き出した方々から贈られるメッセージです。
タイトルはじまり目印

M. K. さん(30代/愛知県よりご参加) あーこれーどクラス




あっという間の4週間でした。
一歩踏み出した私よくがんばった!

自分の悩んでいる事や考えている事を人に話したらどう思われるんだろう…と恐くて誰にも話さなかったことも、正直に吐き出せたね。

私の普通はしんどかったね。
心の中で感じていた「しんどいな」は本当の私だよ。
本当の私は無理をしてたんだよ。

「もう潰れちゃう」ってサインに自分で気がつかないようにしていたけど、ちゃんと気がついて一歩踏み出せてよかったね。
自分の心は誤摩化さないでいい。無理しないでいい。


自分を大事にするってどういうことだかわからなかったけど、ふんわりと「こんな感じなのかな」と感じる事ができたね。


おかしいと思いながらも何をどうしていいかわからず、ひたすら悲しみの渦中にいたり、そんな自分を誤摩化したり、時間が過ぎれば大丈夫と思ってただただ時が経つのを待って耐えていました。
でもそこにいても何度も同じ繰り返しで、一歩踏み出して自分の内と向き合って有意義に時間を使えたね。

気分の浮き沈みはあったけど、それでいい。
一歩踏み出したことが大事だよ。


文節区切りの線


いかに今まで人から良い評価をもらうかを基準に行動していることがわかった。
どこかでそう感じていたけど、自分でそう考えている事を認めれた。
考えて文章に書き記すやり方と、ただひたすらぐるぐる頭の中で考えるやり方って全然違う。

共依存って相手が大きい問題を持っていて、自分が耐えれれば大丈夫と思っていましたが、自分の心の生活習慣病ということも自覚しました。

私の人生は私が過ごす。
この意味を私ははき違えていました。
自分で選んだ道だから辛くても耐えながら人生を過ごすことと思っていましたが、私自身が心の声に従って楽しく人生を過ごすことなんだとわかりました。

なんとなく感じていたことが腑に落ちたり、自分で認めることができり、新しい気づきがあったりと濃い4週間でした。
貴重な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。




タイトルはじまり目印

K. I. さん(30代/大阪府よりご参加) あーこれーどクラス




約一か月お疲れ様。
とっても良く頑張りましたね。

途中、昔を思い出すといろんな思い、怒りとか込み上げてきて、つらかった時もあった。
けれど、しっかり向き合えたね。

時間の使い方とても苦手だったのに、ちゃんと向き合う時間を考えて計画できた。
『夢かな手帳』が届いて使い始めてから、時間の使い方も上手くなってきたね! すごい!

向き合うことから逃げなかった。とってもとってもよく頑張ったね。


文節区切りの線


途中くじけそうになったけど、時間を共有している人たちがいるということが続けられるモチベーションになった。
この WORKSHOP しか繋がりがないのに不思議。

しっかり時間をとって自分と向き合ったおかげで、問題かだいぶくっきりしたよね。

自分のことを「無価値」と思い、
周りの「奴隷」と思ってるし、そうなっている。
私という「個」が失われていて、周りの意見を優先させ、常に周りに振り回されている。

本当の「私」はどこだろう?
本当の「私」はどんな私なんだろう?

本当の私に早く会いたいな。




タイトルはじまり目印

M. W. さん(30代/長野県よりご参加) あーこれーどクラス




初めて、ONSA の WORKSHOP に参加しました。
医療機関でカウンセリングを受けた事があり、自分の過去や内面を振り返るのは初めてではないと思っていましたが、不思議と今回のワークでは今まで奥底にしまいこんでいて出てこなかった記憶や感情が掘り起こされました。

考え方の誘導がわかりやすいこともありますし、同じような不調を感じて生きている参加者の方の書込みから「そうそう! そう言いたかったの!」と思う事があったり、まだ自力では私の意識上に出せなかったような気付きを与えてもらったりと、仲間がいたからここまで深く入れたのかなと思い感謝しています。


文節区切りの線

今まで覗けなかった私の闇がすこーしだけ見えてきました。
まだそれが辛かったりショックだったりする程見えてないようですが、もっと闇を見て、膿を出し切って、新しい考え方の習慣を身に付けて…という意識が芽生えてきました。

次のコースにも参加させていただこうかと思っていますが、またそこでどのような事に気付き、どう変わっていくのか今から楽しみです。





TO TOP