2016.04-07月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(2)コース2/STEP.2(後期日程)」ありあけクラス

PAY FORWARD:Web. WORKSHOP コース2/STEP.2(後期日程)
2016.04-07月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(2)コース2/STEP.2(後期日程)」ありあけクラス


「コース2」のテーマは「いわゆる『家族問題』」です。
ONSA Web. WORKSHOP では、毎週1課題、全12週にわたり課題に取り組んでいただきます。本 PAY FORWARD は、最終12週目の課題としてお取り組みいただいた、締めくくりのワークです。

●コースの内容 
- 「ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)」
●もっと読む
- PAY FORWARD(ご参加者のご感想) もくじ

 PAY FORWARD(ペイ・フォーワード)とは「次の人につなぐ」という意味。すでに ONSA WORKSHOP にご参加されて、ひと足先に変化を歩き出した方々から贈られるメッセージです。

タイトルはじまり目印

Y. O. さん(30代/和歌山県よりご参加) ありあけクラス


タイトル下の線


「ありあけクラス」の皆さん、3か月間ありがとうございました。

『未来日記』を読み直してみて、この12週間を振り返っていると、私は泣いてしまいました。ワークの中でも書いてきた、今の仕事の辛さを感じて、悲しくなったというのもあるけれど、読んでいると、自分を励ます言葉が、沢山出てきて、自分の言葉に、改めて励まされました。
そうやって、自分を褒めたり、元気づけようとすることが、増えてきた事を思うと、そういう風に、変化してきた事を嬉しく感じました。

また、自分が、何が嫌で、何を大切にしたいと思っているのかということも、少しずつわかってきました。そうすると、自分の望みもわかってきて、そのことも嬉しく思っています。
本当に、それはただ、見えないところに埋まっていただけで、もともと、自分の中に、あったものなのだ、ということを感じています。

私は、私にできることで、好きな事、得意なことを積み重ねて、人生の時間を過ごしたいと思っているのだと思います。やりたいことをしたいのだと思います。自分が好きなことをして、それが身に付いていくことの喜びは、私の中ですごく大きなものだと気付きました。


文節区切りの線


この12週間、ワークに、仕事や日常の生活にと、忙しかったのですが、好きなことをする時間を大切にしたいという思いが湧いてきて、疲れていても、少しでもその時間を取れるようにしてきました。
自分の大切にしたいことを、大切にでき始めていると思っています。
また、日々の自分の感情を見ていて、私は、人にも自分にも、誠実でありたいと願っているのだということも、良くわかりました。

そして、投稿した課題を読み直して、過去からの痛みが、今の痛みに結びついていていることを、実感することが沢山ありました。
過去に、私の存在や、私の思いを尊重してもらえない環境で育ってきたことで、私の中に、尊重されたいという思いが、すごく強くあるのを感じました。この思いは、自分で自分を尊重していくということでしか、解決方法は無いのだろうと、今は思っています。

また、私にとって、助けを求めても、取り合ってもらえないことの痛みは、トラウマと重なって、今の現実の中でも、大きな痛みとなっているのだとも感じました。
課題を通して、思い切って、問題解決のために、助けを求めてみたことが、相手にされなかったり、辛い思いもしていますが、人の考えは、私にはコントロールできないものだから、仕方ないのだと感じています。そして、それと同じように、自分自身の限界も、コントロールできないものだと受け入れて、目の前の物事を選んでいけたらなと思っています。

難しいけれど、そうやって新しい方法に一歩ずつ、チャレンジしていっている自分を褒めたいと思います。
『未来日記』の中では、自分を励ます言葉をたくさん見つけられましたが、課題投稿の中では、転職について決められない自分を、責めているように感じられるところもあって、読んでいて、自分に対して、厳しく感じられました。


文節区切りの線


今の私には、もっと、自分自身に共感を持って、ただ、感じていることや、思いを受け止めることが、大切なことなのかもしれないと感じました。頭で考えるのではなく、心で感じることで、答えがだせるといいなと思っています。自
分の心に寄り添って、私が、私らしくいられることを大切にできるように、進んでいきたいと思います。

藤沢さん、ONSA スタッフの皆さん、最後になりましたが、今回もお世話になりました。ありがとうございました。





タイトルはじまり目印

H. M. さん(30代/広島県よりご参加) ありあけクラス


タイトル下の線


たくさんの、大事なことを学びました。
「NOと言う」「質問する/助けを求める」「問題を解決する」「交渉する/責任をとる」「自分から行動を起こす」、どれもこれも難しくて、「できないよ、できないよ」と、もどかしく思う12週間でした。
過去に染み付いた習慣が、こんなにも現在に影響を及ぼしているのだ、だから私は今色々な問題を抱えているのだと痛感しています。

4月から始まったこのワークショップですが、個人的にも沢山の変化があり、(娘の小学校入学、体調不良、骨折など。そして、私は2度もパートの勤務地が変わりました。)なかなか思うように時間が取れませんでした。
大事なテーマを扱っているので、もう少し時間をとってじっくり取り組みたかったと言う思いもありますが、それでも、毎週、できる範囲で課題に向き合って何とか12週間を終了できたことは、とても嬉しく思います。
続けること、少しでも前に進むことが、自分を諦めないということなのかな、と思っています。
まだまだ、私は「回復」にしがみつきたいと思います。


文節区切りの線


自分を知ることが、前は苦しかったけど、今はちょっとだけ楽しくなってきました。
最初の週の課題の中で、どう変化したいかという質問があり、「自分を大好きになっていたい」と書きましたが、自分を知ることが楽しい気持ちが、自分を好きになる気持ちにつながっているように思います。

一緒に歩んだ仲間のお二人、ありがとうございました。
一人じゃないことは本当に心強く感じます。
それから、藤沢さん、いつも励まして頂いてありがとうございます。





タイトルはじまり目印

W. H. さん(20代/宮崎県よりご参加) ありあけクラス


タイトル下の線


Web. WORKSHOP「コース2/STEP.2(後期日程)」まで無事にたどり着いてくれて、私ありがとう!! 
大好きだよ!! 素晴らしいです!!

最初の方はハイペースだったけれど、徐々にペースダウンしていって、自分の調子に合わせて進めていくことが出来て良かったし、偉かった。

第3週目が一番驚いたし、知れてよかったし、様々なことと辻褄が合って、すごく、驚きました。
もう、びっくりでした。
これが一番大きかったし、最大の収穫だったと私は思っています。これを知っているのと知らないのとでは、現実を生きる上で、大変なことになるでしょう。ショックだったし、びっくりしました。

私は受け入れきれないけれど、そのような人たちも、世の中には一定の割合でいることが知れて、すごく心が楽になりましたし、対処法も知ることが出来て、とても素晴らしかったです。よくやっていると思います。

まあ、知ってはいたけれど、心が綺麗な人ばかりではないことが改めて分かったし、その人たちのおかげで、私は心をきちんと持っているなと思いました。自分でいうのも何なのですが、私は心が綺麗だな、と自分では思っています。私は心が綺麗で優しいし、良心も持ち合わせています。心は賢いのだなと私は思っています。

「心がもう知っている」って、本当だと思います。そのおかげでここまでたどり着くことが出来ましたし、あとは自分を信じます。
これからどうなるか、私にも、分からないけれど、自分を信じて生きていく。これだけだと思います。


文節区切りの線


自分が一番信頼できます。
私の大切な仲間です。私は ONSA WORKSHOP が好きで、ここにずっといたかったのですが、これからは自分に合った新しいワークショップや方法を探しに行こうと思います。今まで本当にありがとうございました。
これからも、『夢かな手帳』や ONSA ブログや皆様の PAY FORWARD を見て、ワークショップとはまた違った形で繋がり続けていこうと思っています。

12週間一緒にワークショップを続けてきた、お仲間さん、優月さん、OFFICE ONSA のスタッフの方々、励ましのお言葉、ありがとうございました!! 
今まで本当に、ありがとうございました。ONSA 大好きです!!






TO TOP