2013.04月開催 「変容(トランスフォーメーション)ワークショップ」きうぃクラス

PAY FORWARD:対面式「変容(トランスフォーメーション)ワークショップ」
2013.04月開催 「変容(トランスフォーメーション)ワークショップ」きうぃクラス


「変容(トランスフォーメーション)ワークショップ」の PAY FORWARD(ご参加者のご感想)です。
なお、PAY FORWARD の本文中には、ワークショップ内で学んだ専門用語が登場する場合がございます。その旨どうぞご了承ください。

●コースの内容
- 「変容(トランスフォーメーション)ワークショップ」
●もっと読む
- PAY FORWARD(ご参加者のご感想) もくじ

 PAY FORWARD(ペイ・フォーワード)とは「次の人につなぐ」という意味。すでに ONSA WORKSHOP にご参加されて、ひと足先に変化を歩き出した方々から贈られるメッセージです。
タイトルはじまり目印

K. O. さん(30代/神奈川県よりご参加) きうぃクラス




私は、仕事を辞めようと考えていて、それが正しい選択かどうか、さらには、次に何をやっていけばいいかのヒントをもらいに、このワークショップに参加しました。

このワークショップに参加して、何で自分が今このような状況になっているのか、とてもよくわかりました。
私は、普通の人が踏んでいくステップを踏まないで、大人になり、社会人になってしまっていたのです。
自分が何が好きなのか、何がやりたいのかもよくわからない人間が、自分に適した仕事につくことなんて、到底無理な話だったのです。

もともと、人生の舵をとりなおさなければならないと、うっすら考えていたのですが、今回、幼少時代にまで戻って、自分を立て直す必要があることを確信しました。
だから、ひとっ飛びに、退職から、理想の仕事に転職というストーリーを考えていましたが、それは早計で、まずは自分のアイデンティティを一から作り直すことから一歩ずつやっていこうと決心したところです。

それには、自分のやりたいこと、食べたいもの、買いたいものを制限せず、まずは自分に許可していくということをやっていく。
さらに、チェアワークをして出てきた私の望み「一人旅をする」ということからやっていくことで、次にやりたいこと、ひいてはやりたい仕事のヒントがでてくると思っています。


文節区切りの線


会社を辞めることについては、何で辞めることが怖いと思っているかの理由も何となくわかりました。
それは夫が、私が専業主婦になることに対して否定的で、嫌われてしまうのではないかという怖れであることがわかりました。

また、自分の価値が、経済的に自立していることや、社会とのつながりを保っていることであると私自身が考えており、辞めてしまったら、それらが一瞬にしてなくなり、自分が自分ではなくなってしまうという恐怖があることがわかりました。

でも、実際は、投げ出すのではなくて、私がちゃんと明確な意思をもって決断したことなら夫も受け入れてくれると客観的に考えることができました。
自分の価値についても、外側の自分を満たしても仕方がない、自分の内側からあふれるもので自分を作っていくことが本当の自分の価値を作るんだときづけました。

会社を辞めたら、本当に外側の私は何もなくなってしまうから、すごく怖いです。
でも、何の根拠もないのですが、不思議とそっちの方が長い目でみたとき上手く行く気がしています。
その自分の直感を信じてみようと思います。


きうぃクラスの皆様、ペアを組んでくださった方、藤沢さん、素敵な時間を過ごせて楽しかったです。
本当にありがとうございました。



タイトルはじまり目印

Y. T. さん(30代/島根県よりご参加) きうぃクラス




優月さん、きうぃクラスの皆様、先日はお世話になりました。
少人数のクラスだったためか、とてもリラックスして取り組めました。

年代ごとに取り組む課題があり、その課題の順番があるなんて、知りませんでした。
「何だかよくわからないけど、うまくいかない」
と思っていた理由が分かったように思います。
課題もクリアしてなければ、順番もめちゃくちゃでした。
でも、過ぎてしまった年代の課題も、大人の自分で取り組めることも知り、救われた気持ちです。
心から安心しました。

私が望んでいるのは、
「自分の時間をもっと持つこと」
でした。
これが分かったとき、お腹の辺りがあたたかく感じました。
ハラで感じることはこういうことかと、ようやく分かりました。

それにしても、「日常」というのは本当に手強いですね。
ずるずる流される時間もあれば、突然の出来事に時間を取られることもあったり……。
それでも、少しずつ、少しずつ、やっていこう、という気持ちです。
優月さんの
「まずやってみる」
という言葉を忘れずに。


文節区切りの線


ペアになってくださった方、優しく話を聞いてくださって、ありがとうございました。
安心できました。
クラスの皆様ともあたたかい時間を共有できて、嬉しかったです。

日帰りだったので、帰りはかなりぐったりしてしまいましたが、参加して良かったです。

優月さん、クラスを開催してくださって、ありがとうございました。



タイトルはじまり目印

N. O. さん(30代/東京都よりご参加) きうぃクラス




今回のワークショップでも、
多くの学びがありました。
ONSA のワークショップは
知識としてだけじゃなくて
体感するところまで落とし込めるのが
いいです。

私の場合は、子どもの頃からやりたいことは
変わっていなくて、何をすれば自分が幸せなのか
わかっていたのに、心の問題で一歩が全く出なくなっていました。

ワークショップ・クラスで出てきた私の問題は、
「親に呪われている」でした。
ワークで呪いは解けたと思っています。
あとは、実行するだけです。

あと、境界線を守るために、自分の好きなことに時間を使うために、他人の目をきにしすぎないこと、自然体の大切さを学びました。

優月さんの話はわかりやすく、心まで届き、
理解できました。
仕事を始めたばかりのこの時期に、
ベストタイミングで教えて頂き
とても助けになっています。

教えて頂いたことを糧に
自分らしさを大切に夢を楽しみながら
生きて行きます。


文節区切りの線


抜けていることを補うためにサポートを
受け始めてから、人生が変わってきました。
サポートを受け始めるまで、
世界が温かいものだなんて知らなかった。

それまで私の周りには、ちょっと変な人が多く、
安全な場所といえば
自分の部屋くらいなものでした。
おかしい人は喜んで寄ってきて、
いじわるを言って去って行くので、
温かい人は自分で探しに行かない限り会えない人種でした。

でも、今はたくさんの優しい人を知っています。
ワークショップ・クラス中、変化の最中にいる仲間の
皆さんを美しいと感じました。

優月さん、仲間の皆さん、
ありがとうございました。

次は、「TAT セッション」を、
その次は「感情ワークショップ」と「時間のためのちいさなワークショップ」に参加したいと思っています。
また、よろしくお願いします。



タイトルはじまり目印

H. I. さん(20代/岐阜県よりご参加) きうぃクラス




きうぃクラスの皆さん、優月さん、
素敵な時間をありがとうございました。

今回、いろいろと反省点がありました。
ワークショップ・クラスの前後にコーヒーを飲んだり、当日夕食を食べ過ぎてしまい、腹痛に見舞われました……。
また、帰ってからもアルコールを多く摂ってしまい、加えて不規則な生活をしてしまい、自分の心と向き合う時間が取れませんでした。
ストレスが溜っている自覚はないのですが、そういうものに頼ってしまうということは、やはり心が疲れているせいなのかなと思いました。
私の心が本当に求めているもので、自分を満足させる方法を探っていきたいと思いました。


文節区切りの線


ワークショップ・クラスでは、人生の段階の中でクリアしていくテーマを学んで、自分がなぜ今つまずいているのかが分かり、本当にシンプルに「納得」と思いました。

今回学んだことを頭に置きながら、日常生活に戻り、たまたま、テレビや雑誌で得たある2人の方のそれぞれのエピソードとシンクロすることがありました。
知識を知らなかったら、たぶんストンッと理解はできなかっただろうな、と思いました。
知ることの大切さ、知らなかったことや自分には与えられるべきものが与えられなかったことの悲しさを感じました。
本当に、優月さんがおっしゃられていたように、とても大事なことであるにもかかわらず。
だから今回、知ることができて本当に良かったと思います。


文節区切りの線


私はもうずっと小さな頃から「変わりたい」と思い続けていました。
変わりたいと思う先は、今の自分を超えた憧れや、好きだと思える人物や仕事だったりでした。
とにかく、今の自分とは全く違う別の人間が、とてもうらやましくて、いつもいつも「あの他人」になりたいと思うことばかりでした。

その他人は、一般的に多くの人が望む、地位や名誉やお金を獲得している人というよりは、自分が好きなものをはっきりと分かっていて、例えばファッションなどで堂々と表現したりしている、いわゆる一般的に言う「個性を全面に出している人」に強い憧れがありました。

なので、人が「良い」と言ったものが「良く」思えてきたり、人の真似をしてみたり。
自分が何が「良い」とか「楽しい」と思えるかが、すごく曖昧でした。
そして、たぶん今も自信がありません。
私は、見えないずっと先の未来にある憧れのためだけに生きていたように思います。
だから、今の自分はダメだから変わらなきゃ、頑張らなきゃ、努力しなければ、って、ありのままの自分を否定し続けてきたことに気づきました。

私には何も足りてなくない、このままで充分なんだと思えたら、きっと幸せになれるのだと思いました。
また、自分の中で他人(親)の思考パターンが生き続けていることを実感しました。
私の行動を制限しているものの正体は、私の中にあったんですね。

日常に戻るといつもの日々、いつもの思考に流されそうで怖いです。
でも、正面から向き合うのも怖くて逃げ出したい気持ちにもなります。
ゆっくり一歩づつ進んで行けたらと思います。



タイトルはじまり目印

K. K. さん(40代以上/宮城県よりご参加) きうぃクラス




WORKSHOP CLASS に参加して、みんなで手をつないで目をつぶったところから涙がぽろぽろ出て来るなんて、自分でもびっくりしました。

そして、WORKSHOP CLASS の後、ふと、
「あぁ、私の気持ちを振り回して、前進しようとしていた私の足を引っ張っていた人たちとは、住む世界が本当に変わったんだな」
「自分が自分の心地良い様にしてにこにこすることで、他の人も嬉しくさせることってできるんだ」
「『結果はともあれ、過程が楽しめれば OK』なんて他の人が言っているけど、私には起こらない」
と悲しくなっていた想いと現実が目の前にありました。


『未来日記』を眺めると、以前にも思ったこと。
でも、現実世界のほんの数人とうまく行かないせいで、
「できない」
「自分はだめなんだ」
なんて、うっかり世の中全部のことまでうまく行かないって思わされてしまっていたこと。

何度やったら自分の軸が定まるんだろう、と、思いながらも、以前とは違っている自分にも気がつきました。
これは本当に良かったです。


文節区切りの線


そして、チェアワークをしている時の ”異常な” 背中の硬さと、その奥にありそうな過去を優月さんに話されて、
「やっぱり、これもあるよねぇ。このゴミとってあげたいよね」
と。
生きていくために、今となっては小さくなったことが片付いて来たから、これも何とかすることができるかも、と思えます。

もう一踏ん張り。です。




TO TOP