2017.07-10月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(1)コース1/STEP.1」ろまりあクラス

PAY FORWARD:Web. WORKSHOP コース1/STEP.1
2017.07-10月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(1)コース1/STEP.1」ろまりあクラス


「コース1」のテーマは「時間習慣とこころの習慣」です。
ONSA Web. WORKSHOP では、毎週1課題、全12週にわたり課題に取り組んでいただきます。本 PAY FORWARD は、最終12週目の課題としてお取り組みいただいた、締めくくりのワークです。

●コースの内容 
- 「ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)」
●もっと読む
- PAY FORWARD(ご参加者のご感想) もくじ

 PAY FORWARD(ペイ・フォーワード)とは「次の人につなぐ」という意味。すでに ONSA WORKSHOP にご参加されて、ひと足先に変化を歩き出した方々から贈られるメッセージです。
タイトルはじまり目印

A. M. さん(40代以上/東京都よりご参加) ろまりあクラス


タイトル下の線


12週間、ありがとうございました。

12週間の気付き、できたことできなかったことを書きます。


文節区切りの線


このクラスが始まってすぐは、何だか気力も落ち気味でやる気が湧かない日が多かったです。
日記も空欄が目立ちました。
投稿もほとんどできず、最終週までそんな気分を引きずってしまいました。

そこを経て私が気付いたことは、私はずっとないものねだりを続けているのかもしれないということでした。
どんなに何かを手に入れても、まだ足りない、まだ理想からは遠いと、永遠に何かを求め続けていたことに気が付きました。

それに気づいたときは、「ああ、また私、同じループにはまっている」と愕然としました。

そうして私は、私にとって大切なこと、大切にしたいことに改めて気づくことができました。
私にとって大切なのは、今の家族とおだやかな時間を過ごすこと。
その基本の気持ちを思い出しました。


文節区切りの線


今は、私がずっとできなかったこと、やりたくないと思っていた、日々の生活を整えることを実践中です。
以前は、「なんで私ばっかり家事をやらなければならないの!」と思っていたのですが、「自分が気持ちよく過ごすために部屋が整っていた方が気持ちいい。だからやろう。」と思えるようになってきました。

私が ONSA でトレーニングを受けていなかったら、私は私が持っているものの何もかもが嫌になって、家族や友達とも縁を切って、それが「自由で清々しい!」なんて言っていたかもしれません。そうやって、自ら自分を孤独に追いやっていたのではないかと思います。


文節区切りの線


私は、次から次へと、新しいものを求めるより、私の持っているものを大切にして、それで満足できるようになりたいです。
自分だけが損をしている、被害を被っているという思いからも抜け出したいです。
それに、人の良い面を見られるようになりたいです。

まるで波のように、物事がうまく進められる時と何もやる気のしない日が交互にやってきて、何もできなかった日はへこむけれど、そんな日も少しは自分を責めずにいられるようになったかなと思います。

私の理想の状態からはまだまだ遠いのですが(笑)、そんな今を味わっていけたらなと思います。
たぶん、私の理想なんてものには、永遠にたどりつけないだろうから、理想を追い求めていたら人生が終わってしまうでしょう。

どんなに嫌でも、今日を生きていくしかないのだなあとしみじみ思います。
しがない人生でも、満足して生きたいです。


文節区切りの線


私は ONSA でトレーニングを重ねて、気付くことが上手くなったと感じます。
気付くから苦しいこともありますが、ずーっと昔の「なんだかわからないけれどとっても不安」な状態よりはずっとましなのだよなと思います。

この12週間で得た気付きを大切にして、日々をもう一度見直してみようと思います。

どうもありがとうございました!






TO TOP