2014.07-10月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(2)コース2/STEP.2(後期日程)」まりーごーるどクラス

PAY FORWARD:Web. WORKSHOP コース2/STEP.2(後期日程)
2014.07-10月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(2)コース2/STEP.2(後期日程)」まりーごーるどクラス


「コース2」のテーマは「いわゆる『家族問題』」です。
ONSA Web. WORKSHOP では、毎週1課題、全12週にわたり課題に取り組んでいただきます。本 PAY FORWARD は、最終12週目の課題としてお取り組みいただいた、締めくくりのワークです。

●コースの内容 
- 「ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)」
●もっと読む
- PAY FORWARD(ご参加者のご感想) もくじ

 PAY FORWARD(ペイ・フォーワード)とは「次の人につなぐ」という意味。すでに ONSA WORKSHOP にご参加されて、ひと足先に変化を歩き出した方々から贈られるメッセージです。
タイトルはじまり目印

T. Y. さん(40代以上/千葉県よりご参加) まりーごーるどクラス




毎週課題を読んで、気が付いたことをメモして、週末にまとめて提出、を1年繰り返して、ここまで来ました。
(コース1をいれると+3カ月ですね。)
毎週必死だったし、最後に「じかんのきろく」をまとめるたびに、こんなに書いてたのか、と驚きます。

ここから先をみると、いつ抜け出せるかもわからず、今自分がどの地点に立っているかもわからず、途方に暮れてしまいます。
ここがゴールではない。
でも、自分が進もうと思う意思があれば、その方法はあって、前に進める、ということも教えてもらいました。


このクラスで過去の自分が現在の自分にどれほど影響をあたえているか、少しずつ見えてきました。
自分がどううまくいってないのか、なぜうまくいってないのか、少しずつ分かってきた。

今までは、自分のやることがなんだかうまくいかないけど、何がどううまくいかないのかもわからなかった。
どうしてうまくいかないのかがわかって、楽になりました。

うまくいかないことで、人やほかのことを責める必要はないし、自分を責める必要もない。
自分の内側のことなら、自分がどうすればいいのかを考えることができる。


文節区切りの線


わたしは、自分であることを邪魔するものをたくさん抱えていました。
そのせいで、わたしは自分が見えていない。

わたしは自分が何が好きで、何がしたいか、わかっていない。
自分の考えがわからない。
わたしがすることはわたしがやりたいこと、やる、と決めたことなのだ、ということもわかっていませんでした。
わたしは自分が何をしたいか、どう考えているのか、知ろうとすることもありませんでした。


わたしは一年前のわたしに比べて、ずいぶんいろんなことを知ってる。
以前よりずっと人と話せるようになった。
それから、自分が何を抱えているのか、だんだんわかるようになった。
生活は前よりずっと穏やかになった。


わたしは自分のことを知らないことがわかった。
そして、わたしの人生は他の人ではなくわたしが作るものだということもわかった。

いろいろなことは自分自身を土台につくっていくものだった。
わたしはそれを知らなかったし、土台になる自分自身をもってなかったということも知らなかった。

それはワークショップを受ける前には想像していなかったことでした。
ようやくここまで。
これが今のわたしのペースで、これでいいんだな、と思います。




タイトルはじまり目印

S. H. さん(30代/東京都よりご参加) まりーごーるどクラス


タイトル下の線


私、本当に少しは前に進めたのかな?
今の正直な感想です。何て言うか、共依存の怖さを再確認してる最中って感じです。

気がつくと、誰かの承認待ってるし、気がつくと、自分を責めてる。
私が今、一番重症だなって思っていることは、まだ起きてもいないことを頭でぐるぐる考えて、勝手に不安になってしまうこと。
過去の、失敗データに今でも振り回されてること。
そのことで、相手のことはもちろん、自分を傷つけていること。
行動が、制限されてしまっていること。
無意識に、頭で考えてばかりなこと。

もう、自分につかれてしまいます。


それでも、変わりたい。
リアルに向き合うことを、恐れたくない。
自分の力で起き上りたい。
自分を、信じたい。


行動とは相反するような気持ちが、強く湧いていることも事実です。
もう、言動が矛盾だらけで混乱気味です。

でも、大切な、私の時間、そして未来へ向けてやっぱり歩いていきたいです。
この時間は私にとって必要だったって、思うんだ! って強い気持ちを持ってこれからも歩いていこうと思います。

今を変えるのも、未来を変えるのも、この私。

ならば
思いっきり、後悔しない行動をしていきたい。
今は、そうやって自分を励ますことしか出来ません。これが、今の私です。





TO TOP