2017.11-2018.02月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(2)コース2/STEP.1(前期日程)」おさらんクラス

PAY FORWARD:Web. WORKSHOP コース2/STEP.1(前期日程)
2017.11-2018.02月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(2)コース2/STEP.1(前期日程)」おさらんクラス


「コース2」のテーマは「いわゆる『家族問題』」です。
ONSA Web. WORKSHOP では、毎週1課題、全12週にわたり課題に取り組んでいただきます。本 PAY FORWARD は、最終12週目の課題としてお取り組みいただいた、締めくくりのワークです。

●コースの内容 
- 「ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)」
●もっと読む
- PAY FORWARD(ご参加者のご感想) もくじ

 PAY FORWARD(ペイ・フォーワード)とは「次の人につなぐ」という意味。すでに ONSA WORKSHOP にご参加されて、ひと足先に変化を歩き出した方々から贈られるメッセージです。
タイトルはじまり目印

S. T. さん(40代以上/岡山県よりご参加) おさらんクラス


タイトル下の線


このクラスに取り組む時間のなかで、いっぱい泣きました。
いっぱい悔しい思いを感じました。
じたばたもしました。
後悔も、悲しさも、虚しさも。
それは、自分が何気なく日常的に処してしまっていて、習慣になっている行動や思考を何度もふり返ることで湧いてきた感情です。

今までもそうでしたが、今回は特に自分の深い部分の感情に触れることができたと感じています。
自分の行動とその時の感情をふり返り、湧いてきた感情を味わう。
課題に取り組む度に、玉ねぎの皮をむくように少しずつ少しずつ自分自身と出会い、自分を知っていくそんな感じです。


文節区切りの線


自分を知るということは、自分にしかできないこと。
自分のことを理解したいと思っているだけではダメなこと。
取り組まなければ、いつまでたってもできないこと。
一番大切なのは、時間をかけて何度でも取り組むこと。

言葉にすれば簡単だけれど、分かっていたようで全然分かっていなかった基本の「き」を、やっと実感できてきた気がしています。


文節区切りの線


自分を知り、もっと自分を理解し、もっともっと自分と仲良くなりたい。
だから、これからも
自分のための時間を確保すること、
根気強く、ひたすら取り組むこと、
あきらめず、とにかく続けること。

自分を追い込まず、自分のペースを大切にすること。
自分のために、自分と約束します。


このクラスで共に取り組んだ素晴らしいお2人に感謝を。
2人の言葉に、たくさんの気付きをいただきました。

藤沢さんをはじめスタッフのみなさま、今回もお世話になりました。
これからもよろしくお願いいたします。





タイトルはじまり目印

M. N. さん(20代/広島県よりご参加) おさらんクラス


タイトル下の線


たくさん自分について考えるようになった。
どんなことに時間を使っているのかを長いこと時間をかけて調べて、感じて、まとめてきた。
すると、読んでいて、「私、また、だれかの話をしているよ~~」という心のツッコミが入る。「あれ? 私の時間はどこにいったの?」というくらい、前半は私の話が出てこない。誰の話をしているのか文面から感じ取れないのだ。

しばらくたってくるとは、私は悲しいとか私は怒っているとか、私は戸惑っているとか、私は嬉しいとか、やっと私に関する事項が上がってくる。

こうして、振り返って見ると、どれだけ私は自分の人生の中で自分をないがしろに、無視してきたのかなと思う。
自分を大切にしながら生きるライフスキルを全然身につけてこなかったみたいだ。周囲にそういった自立した大人がいなかったんだろうな。


文節区切りの線


私はたくさん苦しんでぐるぐるしたから、新しいライフスタイルを着実に身につけていきたい。
仕事でもプライベートでもしつこいくらい、これは何に使う時間、これを使って未来の私はハッピーかなと問いかけて見る。

それから、私が感じていることが一番大事。
お腹空いたらそれを満たしてあげる、もっと知りたいならそれを満たしてあげる、もっとゆっくりしたいならゆっくりしてあげる。
たくさん、私からサインが出ているから、それを大切にしたいなと思う。





タイトルはじまり目印

M. M. さん(40代以上/東京都よりご参加) おさらんクラス


タイトル下の線


決して、楽な3か月間ではなかった。
だからこそ、本当によく頑張った。


文節区切りの線


3か月前の私には、今の私は全く想像できない。

自分の中の恐怖心を知った。
自分を否定されたり、他人重心になったとき、自分がどんな反応を起こすのかを知った。
私は上手くいかなくなると、すべてをシャットアウトして、相手を突き放し、自分の世界に閉じこもると知った。
幼い時の私は、そうすることで自分を守っていたのだと知り、とても悲しくなった。

自分を慈しむ心がうまれた。
自分という人を受け止める素地を作り始めた。そんな感触がある。

この素地はこれから大切に育ててゆくもの。
自分の心が嫌な方向に反応したら、じっくり感じるようにしている。
「じゃあ、どうしたい?」と尋ねることを繰り返す日々が続いている。


文節区切りの線


同じ課題に取り組んでくれた仲間はとても心強い存在でした。
自分の心が感じていることを上手く表現できない私は、仲間が発する言葉から、自分の心を感じなおすこともありました。

何より、自分の心と向き合うことが本当に苦しかった時期に、仲間の投稿は、私も頑張ろう、逃げ出さずにやれるだけの言葉を残そう、と気持ちを立て直させてくれました。


文節区切りの線


この3か月間で、私の取り巻く世界が変わったわけではない。
私が、私自身を知ることで、周りの景色が少しだけ違って見えるようになった。

相変わらず、苦しいときは苦しい。
シャットアウトしたい感情に駆られそうになる。
それでも、その「自分が持つ反応」を知ることができたから、私は自分の心を落ち着かせようとするようになった。

毎日いろんな感情に巻き込まれはするけれど、私と一緒にいてくれる人たちと、温かく日々を生きていきたい。
その願いが、以前より大きく、自分の心に根付いたと感じています。






TO TOP