2018.06-09月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(2)コース2/STEP.2(前期日程)」まちるだクラス

PAY FORWARD:Web. WORKSHOP コース2/STEP.2(前期日程)
2018.06-09月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(2)コース2/STEP.2(前期日程)」まちるだクラス


「コース2」のテーマは「いわゆる『家族問題』」です。
ONSA Web. WORKSHOP では、毎週1課題、全12週にわたり課題に取り組んでいただきます。本 PAY FORWARD は、最終12週目の課題としてお取り組みいただいた、締めくくりのワークです。

●コースの内容 
- 「ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)」
●もっと読む
- PAY FORWARD(ご参加者のご感想) もくじ

 PAY FORWARD(ペイ・フォーワード)とは「次の人につなぐ」という意味。すでに ONSA WORKSHOP にご参加されて、ひと足先に変化を歩き出した方々から贈られるメッセージです。
タイトルはじまり目印

N. T. さん(30代/東京都よりご参加) まちるだクラス


タイトル下の線


今回も、振り返れば濃厚な3ヶ月間だった。
「じかんのきろく」を読んでいて、私がすごく気合を入れてスタートしたことを思い出した。


文節区切りの線


子供時代を振り返っていて、自分の弱いパターンを改めて思い出した。
人の怒りに敏感で、頭が真っ白になってしまうこと。
原因はもちろん子供時代。

このパターンをなくしたいと思うけれど、現実はなかなかそうはいかなくて、まだまだ苦戦している。

でも、それが私のパターンだと理解しているのといないのとでは、全然違うと思う。
また同じことが起こっても、「あ、またこのパターンに巻き込まれている」と気づいて、観察できるようになるうちに、前とは変わっていけるんじゃないかな。
それが無理なコントロールを手放すことにもつながっていくと思う。


文節区切りの線


この期間中に、
「どんな状態でも、どんな感情のときでも、私は OK だ」
「どんな状態でも、私の価値はちっとも変わらない」
私はこう思いたかったんだなと気づいた。

これが、私のほしかったもので、でも子供の頃にはもらえなかったものの一つだった。
これからは、この言葉を自分にプレゼントしていこうと思う。
これに気づけたのは、私の中でとても大きい。


文節区切りの線


「遊ぶ」はドキドキして、ワクワクして、キラキラした。
子供時代を振り返って、「遊ぶ」は宝物のような時間だったと思い出した。それが、自分の歪んだ考え、ルールに縛られて、楽しめなくなってしまっていた。

まだぎこちないけれど、そこには確かにキラキラしたものがあったから、もう少し続けてみようと思うし、もっと自分の世界を怖いけど広げていきたいと思う。


これからまた社会復帰する私にとって、この期間中に短期間でも働いて得た経験、考え、感情は、今の私を励ましている。
すごく参考になる。

当時は辛くて向き合いたくなかったけれど、勇気をだして向き合ってよかった。
向き合うことで、それははじめて「過去」になることを知った。
次の仕事でも、辛くなったときは振り返ろうと思う。


優月さん、ONSA のスタッフの皆様、いつもいつもありがとうございます。
そして、Mさん、3ヶ月ありがとうございました。






TO TOP