2019.02-06月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(3)コース3/STEP.1(前期日程)」はなぞめいクラス

PAY FORWARD:Web. WORKSHOP コース3/STEP.1(前期日程)
2019.02-06月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(3)コース3/STEP.1(前期日程)」はなぞめいクラス


「コース3」のテーマは「夢をかなえる、夢を生きる。」です。
ONSA Web. WORKSHOP では、毎週1課題、全12週にわたり課題に取り組んでいただきます。本 PAY FORWARD は、最終12週目の課題としてお取り組みいただいた、締めくくりのワークです。

●コースの内容 
- 「ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)」
●もっと読む
- PAY FORWARD(ご参加者のご感想) もくじ

 PAY FORWARD(ペイ・フォーワード)とは「次の人につなぐ」という意味。すでに ONSA WORKSHOP にご参加されて、ひと足先に変化を歩き出した方々から贈られるメッセージです。
タイトルはじまり目印

T. S. さん(40代以上/北海道よりご参加) はなぞめいクラス


タイトル下の線


この3ヵ月もあっという間だった。
思えば年度末、慌ただしいさなかで始まったのが、ずいぶんと前のことのよう。

課題を振り返れば、私は幾つもの気付きを拾ってきたし、自分の成長にじん…となる。
荒波にもまれるような毎日の中で、ずいぶんと『未来日記』も書いた。
時に書き殴ってた。


文節区切りの線


今までの私の選択基準は、自分のしたいことや自分が好きなことよりも、「立派に見えるかどうか」だった。
自分がどう思うかではなくて、他人からどう見えるか。
ささやかなことから、人生の大きな選択まで、ことごとく他人目線。

「ステキに見える」
「仕事ができそうな感じ」
「世間的に立派そう」
「成功した人っぽい」
「幸せそうに見える」…

そういう価値観で選んでいれば、自分がニセモノのように感じるのは当然のことだった。
選んできたのはフェイクな人生。今回イヤというほど実感した。

日々つくづく感じる、習慣化した不毛な生き方。
モヤモヤが消えない時は、他人目線で行動している時、というのもよく見えた。
自分の気持ちが置き去りだから、行き場のない思いに悶々としていた。


文節区切りの線


これって私が本当に欲しいもの? 

立ちどまって考えるようになったのは大きな成長。
そして必要がないと思うものを、思いきって手放せるようにもなってきた。

私の暮らしが、いかに不要なもので溢れているか。
そういうものでいかに自分の身を固めていたか。
そうやって鎧を着て身動きできなくなってた自分から、少しずつ解放されていく。

自分が本当に欲しいものを手に入れるために、試してみるために、自分で選んで行動できるようにもなっている。今はそれをひとつずつ練習中。


文節区切りの線


そうしていつしか夢をかなえられるのだろうと、今は感じられる。
そうやって光に向かって歩き続けている私のこと、私は誇らしく思う。

いっぱいいっぱいでも、必死でも、何とか投げ出さずに頑張っている私を愛おしく思う。
次の3か月も、その先も、ずっと一緒に歩いて行こう。






TO TOP