2019.02-06月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(2)コース2/STEP.2(前期日程)」たおやめクラス

PAY FORWARD:Web. WORKSHOP コース2/STEP.2(前期日程)
2019.02-06月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(2)コース2/STEP.2(前期日程)」たおやめクラス


「コース2」のテーマは「いわゆる『家族問題』」です。
ONSA Web. WORKSHOP では、毎週1課題、全12週にわたり課題に取り組んでいただきます。本 PAY FORWARD は、最終12週目の課題としてお取り組みいただいた、締めくくりのワークです。

●コースの内容 
- 「ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)」
●もっと読む
- PAY FORWARD(ご参加者のご感想) もくじ

 PAY FORWARD(ペイ・フォーワード)とは「次の人につなぐ」という意味。すでに ONSA WORKSHOP にご参加されて、ひと足先に変化を歩き出した方々から贈られるメッセージです。
タイトルはじまり目印

M. N. さん(40代以上/東京都よりご参加) たおやめクラス


タイトル下の線


ひとつ、大きな軌道修正を試みた3か月でした。
気が付けば、「もうそんなに無理をしなくていい」と私に言ってくれる人が増えていました。
何より私自身が私にそういってあげられるようになってきたと思います。

舵をきることは、このワークショップがはじまるほんの少し前に決心したことだったけど、このワークショップは現実世界に一歩踏み出した私の、伴走者のようでした。

ただ変化にむかって走るのではなく、私の心に向き合いながら、一歩一歩進めていくことができたと思います。
ひとつ荷をおろしたことで持てた心のゆとりは「遊ぶ」ことに使っています。

今日を生きることが、明日を生きることが、ずっとずっと愉しくなってきたことがとても嬉しい。





タイトルはじまり目印

M. I. さん(40代以上/福岡県よりご参加) たおやめクラス


タイトル下の線


3ヶ月の記録をまとめて、手帳をたどって、日記を読み直して、最初に思ったのは、「感じたい」。

傷ついて葛藤が苦しいから、感情なんてなくなればいい、と願ってから、たくさんの時間が流れた。

そして、今、「感じたい」って思った。

それがわたしだもの。

些細なことに傷ついても、怒りを覚えても、悲しくても、喜んでも、はしゃいでも、それが、わたしであること。

そのひとつひとつの色を、今のわたしは、抱きしめられる力を持っていると思う。

だから、信じたい。
わたし自身のことを。


文節区切りの線


この3ヶ月の課題は、正直に言えば、難しかった。
頭で考えるのではなく、行動して、感じること。

思うようには、できないこともあった。
むなしくなる日も、焦る日も、やっぱりあった。

だけど、課題には、そのときの自分の力で正直に取り組んだ。

それが、今のわたし。

課題を通して、今と向き合いながらも、行きつ戻りつ、過去の思いが浮かび上がる。


文節区切りの線


そして、以前より、自分が引っかかっているところがわかるようになってきた。

もう、すっかり忘れていたよ。
だけど、すごく悲しかった。

でも、ここを避けては通れない。
わたしが向き合うしかない。
この目でちゃんと見るんだ。

わたし、自分を表現したい。
わたしはわたしの存在を全身で感じたい。
自分自身に、心から乾杯したい。
生まれてきたのなら、そう戻りたい。


また、むなしくなる日もあるんだろう。
焦っている自分もいる。

ぐじぐじもするんだろうけど、それでも、わたしは歩き続けるよ。

藤沢さん、ONSA スタッフのみなさん、お仲間さん、3ヶ月、ありがとうございました。






TO TOP