「コース0/STEP.1」 テーマ | なにが問題なのか、解決の方向を理解する。

ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)各コース
「コース0/STEP.1」 テーマ | なにが問題なのか、解決の方向を理解する。


| なにかがおかしい。
でも、なにが問題なのか分からない。
勇気を出して、最初の一歩を踏み出すと、
人生の視界がひらけます。

こんなお悩み、ありませんか? |

「なにかがうまくいっていないのは、分かっている」
「でも、その理由はきっと、私の努力が足りないから」
「私が、甘えているから」
「私が、怠けているから」……。


自己啓発書も、たくさん読んだ。
「こうすれば、うまくゆく」という法則も、山ほどあたってみた。
でも、他の人のように、うまくできていない。

こう変えることができます |

本コースは、こんなふうに悩まれている方が、「うまくゆかない」の根本原因と出会うための、4週間です。

「なにが問題かが分かったら、問題は50%解決したも同然」
問題の正体をしっかり理解することが、そこから自由になる一歩目です。
そして、自由になれます。

キーワードは、
– 機能不全家族問題
– いわゆる「共依存」
です。


どんな問題にも、適切な解決方向がありますから、大丈夫です。
本コースは、問題の概要と解決方法を、実感をともないながら大きく俯瞰する、4週間のミニコースです。

教科書的に進めてゆくのではなく、実感をともない進めてゆくやり方。この方法は、解決のコースに乗るタイミングが、早くなる利点があります。

| 実際に、ご参加された皆さまのご感想

鳥アイコン PAY FORWARD(ご参加者のご感想)|

- とても短く、それでも、とても濃い一か月でした。

- 4週間、経ってしまえばあっという間のようだけれど、なんと濃密な1か月だったことだろう。
以前とは、見えている景色がだいぶ変わったように感じます。

- このワークショップで「私の思うことを大切にしてよい」と知ることが出来て、本当に良かったと思います。

- 人の助けを借りるとこんなにも前進するんだ、ということを実感してちゃんとサポートを受けよう、もっと科学的なことを学ぼう、と思いました。
今までどこにいるかも良くわかっていなかったところへ、道が現れたのは本当に、大進歩です。



| 本コースが、あなたのためにできること


「生きづらい。でも、何が問題なのかわからない」
そんな方のために開催している、4週間のミニコースです。


ONSA Web. WORKSHOP の通常のコースは、12週間。
最初から12週間にチャレンジする、時間的余裕がない方。
また、Web. WORKSHOP の感じが知りたいという方は、こちらのコースからお試しください。


いわゆる「共依存」に向き合います。
ご要望の多いテーマです。


いわゆる「共依存」という現象が何なのか、いかにして巻き込まれてゆくのか、どんな特徴を持っているのか……。
その概要を理解する上で、とても有益なコースです。

また、「コース0/STEP.1」は、基礎確認の4週間としても、人気があります。
「コース2」に進まれた後、基礎の知識……「何が問題なのか」を確認し、理解するために、「コース0」を選択される方もいらっしゃいます。

ベーシックな知識と、自分自身の体験を、つなげて理解することができる、有益なコース。
短い期間で、基礎的な理解を頭に入れたいため、コース設計はタイトめに行われています。


 

コース進行表 |



「コース0/STEP.1」
なにが問題なのか、解決の方向を理解する。
なにかがおかしい。
でも、なにが問題なのか分からない。
| コース内容
第1週
  • 自己紹介をしよう。自分のテーマを宣言しよう!
  • なにかがおかしい。でも、なにが問題なのか分からない。
  • 何が苦しいのか、書き出してみよう。
第2週
  • 「それは、普通なのだろうか?」
    私の「普通でしょ?」をいったん置いておいて、きちんとした知識からバランス感覚を学んでみる。
  • 私の人生のバランスは、どこがひずんでいるのだろう。
  • 日々の気づきをシェアーしよう
第3週
  • 誰が、私の世界の中心になっている?
  • 「私は、本当に私の考えを持っているの?」 「なぜ、他人の感情に反応してしまうの?」
  • 日々の気づきをシェアーしよう
第4週
  • ここから出るにはどうしたらいい?」 あなたがまだ知らない、でも誰にも隠されていない、実際的なやり方 (* レクチャーではなく、情報のご案内です)
  • 日々の気づきをシェアーしよう
  • 振り返ろう、自分を褒めよう。PAY FORWARD をまとめよう!


いちばんうまくゆく、ご参加のタイミング |
本コースは、こんなタイミングでの参加がおすすめ

1回目に受講される方へ :

| 大まかな方向性

「何かがおかしい」という勘をたよりに、ご参加くださることと思います。その勘を信じ、まずは1回通しで、コースを歩いてみてください。
決して無理をせず、ぼんやりとした全体理解ができることを、さいしょの目標とします。
| 心がけると励みになること

特に第1週・2週は、疲れが出ることと思います。
たくさんの休息をとりながら、コースを進められることを、お勧めいたします。

2回目に受講される方へ :

| 大まかな方向性

ご自身の置かれた状況を、もう一度客観的に、俯瞰してみたいと感じられてのご参加かもしれません。数冊の本を読み終わり、ご自身のケアーも、始められているかもしれません。
感情を感じながら、さらに細かい理解にチャレンジすると、とても有意義です。
| 心がけると励みになること

コース終了後、1回目の電子版「じかんのきろく」を読み、理解の深まりを確認するのも、とてもお勧めです。

3回目に受講される方へ :

| 大まかな方向性

回復のプロセスが進んでゆき、細かな知識の理解が進むことで、逆に細部に目が取られてしまった時。
大きな俯瞰図を見失ってしまった時は、基礎に戻ることをお勧めします。
前にも後ろにも進まないように感じられた時は、基礎理解に戻ってみてください。
| 心がけると励みになること

過去の電子版「じかんのきろく」を読み比べていただければ、ご自身がどれほど進んできたかを、客観的に理解できるはずです。

他コース・他サポートと一緒に受講される方へ :

| 大まかな方向性

いわゆる「共依存」問題を主訴とし、「境界線(バウンダリー)」「感情」「変容」「身体」各ワークショップの知識をつけている最中でも、「インナーチャイルドワーク」を行っている場合でも。
全体を俯瞰することは、いつでも、理解の早道となります。
全体図を理解することで、ご自身が今、どの「部分」の知識を身につけているかが理解できます。
| 心がけると励みになること

無理をして「がんばらなく」とも、何度か同じコースを経験するうちに、全体像が理解できます。
本コースはショートコースですので、いつでも、補助的にお取りいただけます。

いわゆる「共依存」状態からの回復作業中の方へ :

| 大まかな方向性

精神的な暴力・暴言といった側面もふくむ、いわゆる「DV」問題。「摂食障害」「買物依存症」など、様々な呼び名がついていても、根はひとつ。
その構造を、しっかり理解することが大事です。
| 心がけると励みになること

全体像を理解することにより、症状として出ている部分の下にある、「根っこ」の部分に対する理解が深まります。





TO TOP