「コース1/STEP.1」|「時間」と「心」を整え、自分を理解してゆく

[本コースの目的]
・スケジュール帳を使うことで、今の自分の状態を、自己客観視してゆくコースです
・自らの時間が、誰に・どのように使われているかを、丁寧に確認してゆきます

・1週ずつの課題とともに、時間の使い方を、整理してゆきます
・時間習慣が整えば、必要以上の無理がやめられ、心も、人生も整ってゆきます

| ONSA Web. WORKSHOP
「コース1/STEP.1」

[ご参加順位・ご参加資格]
【なし】
どなたでも、ご参加いただけます
ONSA WORKSHOP がお初めての方でも、
ご参加になれます


[ステージ・難易度]
Stage.1[圧倒的基本]
画像

| PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


私にとって、これ程までに自分と向き合った時間は、人生の中でありませんでした。
一緒にワークに取り組んでいた仲間たちも心強い味方でした。
誰かの書き込みを読んで、励まされたこと数知れずです。
自分と似たようなことで、悩んだり、つまずいたりしている人がいると、「あ、自分だけじゃないんだ。」とちょっと嬉しかったりして。
”私は変わりたい” という意志さえあれば、今からだって変われる、人生のどの地点からでもやり直せる。
心からそう信じることができました。

時間習慣を整えるための、基礎のコースです。

時間習慣は、すべての整えの基本

時間の使い方は、その人の人生観をあらわしています。
本コースは、書籍『夢をかなえる人の手帳』……通称『夢かな手帳』を使いながら行う、実践的な12週のコース。


コース終了後に感じられる、「時間整理効果」を目的に、何度もご受講される方が多い、人気のコースです。

「夢をかなえる」土台のコース。いわゆる「共依存」からの、回復を目指す方の基礎コースです。

何をするにも、「まずは基礎」。日々の時間の、基盤を整えるコース

時間習慣が、整うこと。
それは、人生の基礎部分が、整うことをさします。

同時に、心が整うことでもあります。
時間に優先順位がつき、「できること」と「できないこと」の切り分けができるからです。

時間習慣を整え、1日にできること「だけ」を、自分に課すこと。
自分を、いじめないこと。

たったそれだけで、日々の時間が、穏やかで平和に変わります。



「まずは、できることから」 現実的なスタートが、人気の秘密

「時間の使い方を、ひとつずつ、等身大に見直すこと」

たったそれだけの、シンプルなこと。
でも、12週が終わる頃には、時間も気持ちも前向きになっている、不思議な魅力のコースです。


画像

コース進行表

「コース1/STEP.1」
[ 『時間』と『心』を整え、自分を理解してゆく ]
| コース内容
第1週
  • 自己紹介をしよう。
  • 変化していっても大丈夫。自分のテーマを宣言する。
第2週
  • 自分を褒める習慣をつける。
    自分で自分に「ストローク」を与える。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第3週
  • スケジュール帳をつけてみる[1]
    とにかく、つけてみる。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第4週
  • できなかったことより、できたことを認めてゆく。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第5週
  • スケジュール帳をつけてみる[2]
    時間の誤差をはかってみる。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第6週
  • 「これが嫌」をヒントにしてゆく。「これがいい」に変えてゆく。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第7週
  • スケジュール帳をつけてみる[3]
    誰に、どれだけ時間を使っているのだろう。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第8週
  • 批判をやめる。何より、自分の批判を。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第9週
  • 「Yes, but」コミュニケーションに気づく。
    「Yes, and」コミュニケーションに変えてゆく。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第10週
  • 「i-message」の練習をする。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第11週
  • 「出さない手紙」を書く。
    手放そう。
  • 新しい人たちを探しはじめる。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第12週
  • 振り返る、自分を褒める。PAY FORWARD をまとめてゆく。

| ご留意事項

[1]
「コース0」をお受けいただかなくとも、「コース1/STEP.1」をお受けいただくことが可能です。
[2]
「コース2」に進まず、「コース1」だけをお受けいただくこともできます。
[3]
「コース1」が完了した段階で、必要なサポートに回られた方がよい方、ならびに「ONSA WORKSHOP(対面式)」を受講された方がよい方に、お知らせを申し上げる場合がございます。
[4]
「コース2」よりも先に、必要なケアーを受けられた方がよいと思われます方にも、フィードバックを申し上げる場合がございます。
画像

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「体験者」であり「回復者」が主催者のワークショップ。
その体験から、実際に回復(リカバー)した者が主催となりますため、実践的な内容となっております。

あなたの、その状況も気持ちも多分、"体験して" "知っている"。
安心してお越しいただけましたら、嬉しく思っております。

詳しい来歴等は、「私たちの想い | 運営者情報」からもお読みいただけます。