「コース3/STEP.3(後期日程)」【自分の価値を、守ってゆく】| 望む人生を、生きるために。今までとは違う、新しいやり方をとってゆく

ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)各コースご案内
「コース3/STEP.3(後期日程)」
【自分の価値を、守ってゆく】| 望む人生を、生きるために。今までとは違う、新しいやり方をとってゆく


現実に、さらに目をひらいてゆく。
「現実的」だからこそ、
安全に、時間を生きることができます。

| PAY FORWARD(ご参加者のご感想)

Coming Soon.


| 本コースが、あなたのためにできること
– 「コース3/STEP.3(後期日程)」
コース内容


現実上の困難を、「共依存」の影響由来でない方法で、粘り強く乗り越えてゆきます。


条件反射の反射行動に、抵抗します。現実に、徹底的に足を置きます

現実に目を開いて生きるようになると、空想上ではなく、現実の困難に直面します。

いわゆる、「共依存」状態に巻き込まれながら、必死で生き抜いてきた者。その過程で、皮肉にも、状況に直面することを、「魔法の解決法」により避けることを学習しました。

自分の意志ではない、過去の影響による、現実には動作しない解決法。
この解決法であり、その土台にある、ゆがんだ現実認識。
これらが、いわゆる「共依存」現象の、コア(中心部分)を構成しています。



「反射」「反応」ではなく、「意識」。気づく、客観視する

この反射行動は、身体レベルで身についてしまっている、困った現象です。
「魔法の解決法」により、反射的に、状況を消したり、迂回したり、軽くしたりしようと試みてしまうのです。
無意識・細胞レベルの、反射反応です。

逆に言えば、今や、いわゆる「共依存」現象の全体像を見切り、反射行動に気づけるようになりました。全体を見る力と、知識量と動体視力が、培われてきたためです。


具体的に、解決してゆく。その時間感覚・現実感覚を体験します

本コースでは、現実的な困難に対する、現実的な対処法を、知識として学びます。
スケジュール帳を利用して、現実的な困難を、前向きな機会に調整してゆく方法も学びます。

どれも、健康な人には、当たり前の感覚。
しかし、いわゆる「共依存」現象の影響を受けた者にとっては、体感的に、新しい知識かもしれません。



 

コース進行表 |



「コース3/STEP.3(後期日程)」
【自分の価値を、守ってゆく】
望む人生を、生きるために。
今までとは違う、新しいやり方をとってゆく

| コース内容
第1週
  • 自己紹介をしよう。
  • 変化していっても大丈夫。自分のテーマを宣言しよう。
第2週
  • 「夢をかなえる」の、幻想とからくりを理解する(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第3週
  • 「夢をかなえる」の、幻想とからくりを理解する(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第4週
  • 引き潮の瞬間:真空・暗闇を恐れなくていい(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第5週
  • 引き潮の瞬間:真空・暗闇を恐れなくていい(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第6週
  • 「ズル」と「チャンス」の違いを見分ける(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第7週
  • 「ズル」と「チャンス」の違いを見分ける(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第8週
  • すべての基礎:「時間習慣」を丁寧に調整してゆく(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第9週
  • すべての基礎:「時間習慣」を丁寧に調整してゆく(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第10週
  • すべての基礎:「時間習慣」を丁寧に調整してゆく(3)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第11週
  • すべての基礎:「時間習慣」を丁寧に調整してゆく(4)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第12週
  • 3ヶ月のあしあとをまとめよう。
  • 振り返ろう、自分を褒めよう。PAY FORWARD をまとめよう。

  • 1.

    「コース3/STEP.3(前期日程)」を終了された方がご参加可能です。
  • 2.

    「コース3/STEP.3(後期日程)」よりも先に、必要なケアーを受けられた方がよいと思われます方に、フィードバックを申し上げる場合がございます。
  • 3.

    「コース3/STEP.3(後期日程)」に必要となる再訓練が不足している場合、お客様の安全性のため、継続しての受講をお断りする場合がございます。


おすすめのご参加タイミングと、ご参加期間中のアドバイス

1回目/1周回目でご受講される方へ |

| 大まかな方向性

「コース3/STEP.3」の知識と再訓練。
それは、いわゆる「共依存」者にとって、体感的に、初めてのことばかりかもしれません。
この段階が、うまく想像できなく、また乗り越えられなかったこと。それが、あなたを「共依存」的な世界の中に、閉じ込め続けていたかもしれません。

一度で結果を強要する習慣、自分をいじめる習慣を、やめます。
その方が、はるかに現実的に、「現実」を解決することが、できるからです。
| 心がけると励みになること

欲張りすぎず、何度も時間をかけるつもりで。
未知のことに、1ステップずつ丁寧に取り組むことを、意識して進めます。

2回目/2周回目でご受講される方へ |

| 大まかな方向性

「現実」という、リアルな手触りの感覚が、感じられてくるかもしれません。
「健康な人は、このように人生を進めているから、人生が進むのだ」
そんな感覚が、実感として、理解できてくるかもしれません。
| 心がけると励みになること

焦らずにひとつずつ、丁寧に進めます。
時間がかかって、当然の段階です。

3回目/3周回目でご受講される方へ |

| 大まかな方向性

いわゆる「共依存」状態という、一種バーチャルの世界から、「生きた現実世界」へ出た。
そんな感覚がつかめてくるのが、3周目以降かもしれません。
| 心がけると励みになること

新しい感覚に、自分を慣れさせてゆきます。
この段階には、必要に応じて、何度でも取り組んでください。
新しい人生の、土台となります。

他コース・他サポートと一緒にご受講される方へ |

| 大まかな方向性

「アサーティブ・トレーニング」類を併用すると、効果的です。
『未来日記』等の記録を丁寧につけ、自分と手をつなぎながら、一歩ずつ進まれることを、お勧めいたします。
自分の感覚と、しっかり、くっついていましょう。

いわゆる「共依存」状態を健全に自覚され、回復作業中の方へ |

| 大まかな方向性

人生の折々に、何もかもうまくゆかないような、困難な時期が、何度もやってきます。
それは、普通です。

「現実的に」言って、第一回目の大きな困難・うまくゆかない時期は、新しいやり方を試している「今」でしょう。
何度もチャレンジして、新しい習慣に慣れてゆくことを、心がけます。
| 心がけると励みになること

困難に直面したら、困難を投げ捨てるのではなく、何度でも、この時点に戻ります。
繰り返し学ぶことで、「新しい方法で解決できる」という感覚を、一歩ずつ身につけてゆきます。





TO TOP