「コース3/STEP.3(後期日程)」| 現実の中で、自分の守り方を覚えてゆく

[本コースの目的]
・「共依存」の世界観から、健康な世界観へ移ってゆく際の、準備コースです

・「共依存」的世界観に存在する、無意識の「お約束」に、自覚的になります
・健康的な世界では、その「お約束」の数々が、どれほどおかしいことなのか
 具体的に、どんなふうにねじれているのかを、まずは知識として学んでゆきます
・2つの差を自覚できると、健康な現実世界で、安心して振る舞えるようになります

| ONSA Web. WORKSHOP
「コース3/STEP.3(後期日程)」

[ご参加順位・ご参加資格]
【あり】
該当コースを履修された方にご参加いただけます。該当コースに関しては、本ページ下をご覧ください


[ステージ・難易度]
Stage.3[応用]
画像

| PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


このクラスで私がいちばん強く感じたのは「知る」と「できる」は、ちがうっていうこと。
大切なのは、今の自分を知って、何が必要なのかを考えて、私のために用意してあげること。
「私、これができるようになった!」
をこえて
「私は、こんな私を生きられるようになった!」

そんな喜びに出会いたいって思う。
これからもいっしょに頑張ろう。

現実上の困難を、「共依存」の影響由来でない方法で、粘り強く乗り越えてゆきます。

条件反射の反射行動に、抵抗します。現実に、徹底的に足を置きます

現実に目を開いて、生きるようになる。
すると、空想上ではなく、現実の困難に直面します。


いわゆる、「共依存」状態に巻き込まれながら、必死で生き抜いてきた者。
その過程で皮肉にも、状況に直面することを、「魔法の解決法」により避けることを、学習してきました。



自分の意志ではない、過去の影響による、現実には動作しない解決法の学習。
「解決しない」解決法の土台にある、ゆがんだ現実認識。

これらが、いわゆる「共依存」現象の、コア(中心部分)を構成しています。
簡単に言えば、解決方法が「現実の解決」につながらないのです。



「反射」「反応」ではなく、「意識」。気づく、客観視する

この、困った反射的「解決行動」は、身体レベルで身についてしまっています。

「魔法の解決法」により、反射的に状況を消したり、迂回したり、軽くしたりしようと試みてしまうのです。
無意識・細胞レベルの、反射反応です。



ですが、よい面も見受けられます。

今や、いわゆる「共依存」現象の全体像を見切り、反射行動に気づけるようになりました。
全体を見る力と、知識量と動体視力が、培われてきたのです。



具体的に、解決してゆく。その時間感覚・現実感覚を体験します

本コースでは、現実的な困難に対する、現実的な対処法を、知識として学びます。

コースにラインナップされている方法であり感覚は、どれも、健康な人には、当たり前のもの。
しかし、いわゆる「共依存」現象の影響を受けた者にとっては、体感的に、新しい知識かもしれません。

まずは「知識として」知らないと、現実として存在していても、知ることができない。
そんな解決方法の数々を、12週かけて、新しい目で「再発見」してゆきます。

画像

コース進行表

「コース3/STEP.3(後期日程)」
[ 現実の中で、自分の守り方を覚えてゆく ]
| コース内容
第1週
  • 自己紹介をしよう。
  • 変化していっても大丈夫。自分のテーマを宣言してゆく。
第2週
  • 「理想の人生」の、「現実的な」幻想とからくりを理解する[1]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第3週
  • 「理想の人生」の、「現実的な」幻想とからくりを理解する[2]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第4週
  • 引き潮の瞬間:
    真空・暗闇を恐れないための、準備を覚える[1]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第5週
  • 引き潮の瞬間:
    真空・暗闇を恐れないための、準備を覚える[2]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第6週
  • 「ズル(都合のいい話)」と「チャンス(飛躍の機会)」の違いを見分けてゆく[1]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第7週
  • 「ズル(都合のいい話)」と「チャンス(飛躍の機会)」の違いを見分けてゆく[2]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第8週
  • すべての基礎をもう一度:
    現実の状況に合わせて、「時間習慣」を調整できるようになる[1]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第9週
  • すべての基礎をもう一度:
    現実の状況に合わせて、「時間習慣」を調整できるようになる[2]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第10週
  • すべての基礎をもう一度:
    現実の状況に合わせて、「時間習慣」を調整できるようになる[3]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第11週
  • すべての基礎をもう一度:
    現実の状況に合わせて、「時間習慣」を調整できるようになる[4]
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第12週
  • 3ヶ月のあしあとをまとめてゆく。
    振り返る、自分を褒める。PAY FORWARD をまとめてゆく。

| ご留意事項

[1]
「コース3/STEP.3(前期日程)」を終了された方がご参加可能です。
[2]
「コース3/STEP.3(後期日程)」よりも先に、必要なケアーを受けられた方がよいと思われます方に、フィードバックを申し上げる場合がございます。
[3]
「コース3/STEP.3(後期日程)」に必要となる再訓練が不足している場合、お客様の安全性のため、継続しての受講をお断りする場合がございます。
画像

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「体験者」であり「回復者」が主催者のワークショップ。
その体験から、実際に回復(リカバー)した者が主催となりますため、実践的な内容となっております。

あなたの、その状況も気持ちも多分、"体験して" "知っている"。
安心してお越しいただけましたら、嬉しく思っております。

詳しい来歴等は、「私たちの想い | 運営者情報」からもお読みいただけます。