「コース3/STEP.3(前期日程)」【新しい現実に、船出する】| 望む人生を、生きるために。今までとは違う、新しいやり方をとってゆく

ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)各コースご案内
「コース3/STEP.3(前期日程)」
【新しい現実に、船出する】| 望む人生を、生きるために。今までとは違う、新しいやり方をとってゆく


私は、勇気を出す。
そして、新しいやり方で前に進む。
現実的なライフスキルは、
人生を、優しいものに変えてくれます。

こんなお悩み、ありませんか? |

幸福な人生は、ごく一部だけの、選ばれた人のもの?
私には、ふさわしくないこと?
何度も転んでいるから、無理?


いいえ。
長い道のりを歩いてきて、理解してきた。

「意識して、知って、再訓練」
私が知ったこと。
それは、生きたい人生を生きるには、この習慣を身につける必要があるということ。

知らなかったことを知って、原因を知って、再訓練すれば。うまくゆかない、旧い方法ではなく、新しい方法を試してみれば……。
今までは、できなかったさまざまなことが、私には、できる。


ずっとできなかったことが、ひとつずつ、「できる」になってゆく。
魔法みたいに感じるけれど、でも、これは「魔法」ではない。
これは、私自身の「努力」によって、得た習慣だ。

努力によって得た、確固たる、この状態。
この崩れない状態を、「実力」と言いあらわすのだと、今まで知らなかった。
この状態は、今まで決して知りえなかった、幸福な安定感の状態だ。


こう変えることができます |

機能不全家族問題に巻き込まれ、不健康な解決パターンに影響されたままの、いわゆる「共依存」者。

決して、自らの意思ではなく、いわゆる「共依存」問題に巻き込まれた方々。
本コースは、意識して、健康な解決パターンを再訓練してゆくための、幸福なコースです。


| 本コースが、あなたのためにできること
– 「コース3/STEP.3(前期日程)」
コース内容


現実世界の中で、さまざまな選択肢を駆使して、生きてゆく再訓練をします。


「コース3/STEP.3」は、いよいよ実践編です。

自らの希望を実現してゆく上で、必ず必要となる、
- 話し合い、
– 判断
– 切り分け
– 「トライ&エラー(試行錯誤)」

等を、練習してゆきます。

また、
- 断られることに慣れること
– 「0か100か」ではない中で、ものごとを取捨選択し決めてゆくこと

等を、学んでゆきます。


基礎を積み重ねることで、取り組み可能になるコースです。


本コースで取り扱われる内容は、いわゆる「共依存」の世界観の中では、意識して体験することのなかった方法ばかり。
いわゆる「共依存」者にとっては、挑戦の連続になるかもしれません。

そのため、この段階に至るまでに、「コース2」の内容の6−7割程度が、消化されていることが必要となります。



 

コース進行表 |



「コース3/STEP.3(前期日程)」
【新しい現実に、船出する】
望む人生を、生きるために。
今までとは違う、新しいやり方をとってゆく

| コース内容
第1週
  • 自己紹介をしよう
  • 変化していっても大丈夫。自分のテーマを宣言しよう。
第2週
  • いわゆる「共依存」的世界観と、「相互依存」的世界観。
    その重心位置の違いを、あらためて確認する(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第3週
  • いわゆる「共依存」的世界観と、「相互依存」的世界観。
    その重心位置の違いを、あらためて確認する(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第4週
  • コントロールを手放す:
    断られることに慣れる。断られても、世界の終わりではないことを理解する(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第5週
  • コントロールを手放す:
    断られることに慣れる。断られても、世界の終わりではないことを理解する(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第6週
  • 「イエス」なら「イエス」、「ノー」なら「ノー」(1) 感覚(感情)を信頼する。内側の感覚に注意を向ける。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第7週
  • 「イエス」なら「イエス」、「ノー」なら「ノー」(2) 感覚(感情)を信頼する。内側の感覚に注意を向ける。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第8週
  • 新しいやり方を試す。「話し合う」(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第9週
  • 新しいやり方を試す。「話し合う」(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第10週
  • 新しいやり方で成長する。 「フィードバック」&「自分の良いところをのばす」(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第11週
  • 新しいやり方で成長する。 「フィードバック」&「自分の良いところをのばす」(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第12週
  • 3ヶ月のあしあとをまとめよう。
  • 振り返ろう、自分を褒めよう。PAY FORWARD をまとめよう。

  • 1.

    「コース3/STEP.2」を終了された方がご参加可能です。
    「コース3/STEP.3(前期日程)」でおやめになり、「コース3/STEP.3(後期日程)」に進まれないことも可能です。
  • 2.

    「コース3/STEP.3(前期日程)」が完了した段階で、必要なサポートに回られた方がよい方、あるいは、必要な再訓練不足のため「ONSA WORKSHOP(対面式)」を受講された方がよい方に、お知らせ申し上げる場合がございます。
  • 3.

    「コース3/STEP.3(後期日程)」よりも先に、必要なケアーを受けられた方がよいと思われます方に、フィードバックを申し上げる場合がございます。

    「コース3/STEP.3(前期日程)」に必要となる再訓練が不足している場合、お客様の安全性のため、継続しての受講をお断りする場合がございます。


おすすめのご参加タイミングと、ご参加期間中のアドバイス

1回目/1周回目でご受講される方へ |

| 大まかな方向性

おそらく、いちばんのチャレンジの段階かもしれません。
1周目はとにかく丁寧に、ひとつずつ試してみます。
| 心がけると励みになること

一度に多くを消化しようとせず、何度かかけて、新しい習慣にする意識で取り組みます。

2回目/2周回目でご受講される方へ |

| 大まかな方向性

本テーマの場合、2度目の練習でも、決して「慣れた」という感じがしないかもしれません。
安全に転ぶ(失敗する)ことを覚え、失敗しても、過去と同じ状況には至らないことを、体験を通じて実感してゆきます。
| 心がけると励みになること

一度に多くを消化しようとせず、1つの「トライ&エラー(試行錯誤)」体験から、丁寧に学ぶことを心がけます。

3回目/3周回目でご受講される方へ |

| 大まかな方向性

3度目の練習で、やっと少しずつ、動体視力がついてくる印象かもしれません。
| 心がけると励みになること

新しいやり方でも、現実が回ること。
その感覚に慣れるためには、時間がかかります。
この段階に時間がかかることは「普通である」と、意識して進めます。

他コース・他サポートと一緒にご受講される方へ |

| 大まかな方向性

新しいやり方で、「境界線」を引くことが必要となります。
ONSA WORKSHOP(対面式)「境界線(バウンダリー)ワークショップ」での訓練が、とても役に立ちます。

いわゆる「共依存」状態からの回復作業中の方へ |

| 大まかな方向性

いわゆる「共依存」者にとって、現実と向き合ってゆくことは、怖いことでもあります。
それゆえ、この段階をていねいに身につけることが、健康なやり方で現実を生きてゆくために、非常に大事です。
| 心がけると励みになること

一度に無理をせず、何度も失敗しながら、練習することを意識します。
また、失敗した時に、フィードバック(振り返り)ができる安全な場所を用意しながら、安全に変化を進めることも、助けになります。
本コースをペースメーカーにしながら、現実を、一歩ずつ進めます。





TO TOP