「コース3/STEP.4(前期日程)」【豊かさを、つみかさねてゆく】| 夢をかなえる、夢を生きる。新しいやり方で、目標に近づいてゆく

ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)各コースご案内
「コース3/STEP.4(前期日程)」
【豊かさを、つみかさねてゆく】| 夢をかなえる、夢を生きる。新しいやり方で、目標に近づいてゆく


「おかえり、自分」
自分の ‘普通’ に、もどってゆく。
それはもとから、安全なことだった。
等身大なことは、いつでも、安全なことです。

| PAY FORWARD(ご参加者のご感想)

Coming Soon.


| 本コースが、あなたのためにできること
– 「コース3/STEP.4(前期日程)」
コース内容


この世界は、私の居場所でもある。
自分から積極的に、社会にかかわってゆきます。


「自分重心」 自分で、リスク判断ができるようになった

健康な境界線の位置を、試行錯誤しながら……。
実社会の中へと、積極的にかかわってゆく練習の段階です。


今まで、誰かの迷惑にならないようにと、息をひそめるように生きていた。
それが、いわゆる「共依存」現象の影響を受けていた、実感の証。

でも今は、自分の力で、理解できるようになりました。
自分自身が、どんなことに、どのように巻き込まれていたのか。その影響が、どんなものであったのか。

自分で自分を理解できたからこそ、自身でリスク判断をし、社会の中へと、関わってゆけます。
基準が、「他人」ではなく、「自分」の中に、戻ってきたからです。

社会に関わってゆく楽しさと嬉しさを、取り戻してゆける段階を、むかえました。

この社会の中での、自分の「座標点」と、健康的な「立ち位置」。
それらが感じられるように、理解と実感が、変わってこられたからです。



土台の変化を、自分自身で、確認することができるようになる

いわゆる「健康な人」にとっては、普通にできる、ひとつひとつのこと。
「共依存」現象に巻き込まれた者にとっては、新しい発見の、連続かもしれません。

我慢でも、義務でも苦痛ではなく、ベースとなるのは「幸せ」。
新しい価値観に、自分を慣らしてゆきます。




 

コース進行表 |



「コース3/STEP.4(前期日程)」
【豊かさを、つみかさねてゆく】
夢をかなえる、夢を生きる。
新しいやり方で、目標に近づいてゆく

| コース内容
第1週
  • 自己紹介をしよう。
  • 変化していっても大丈夫。自分のテーマを宣言しよう。
第2週
  • よい意味で、現実的になる。 あなたは唯一無二。あなたにできることは、この現実の中で、山ほどある(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第3週
  • よい意味で、現実的になる。 あなたは唯一無二。あなたにできることは、この現実の中で、山ほどある(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第4週
  • 新しいやり方を試す(1)
    健康な方法と「境界線」を前提にして、「役に立つ」ことを考える。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第5週
  • 新しいやり方を試す(2)
    健康な方法と「境界線」を前提にして、「役に立つ」ことを考える。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第6週
  • 「全か無か」の考えを、卒業する。「微修正」の習慣をつける(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第7週
  • 「全か無か」の考えを、卒業する。「微修正」の習慣をつける(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第8週
  • この世界で、思いきり「生きる」:「才能」に心を開く(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第9週
  • この世界で、思いきり「生きる」:「才能」に心を開く(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第10週
  • チャレンジして得たものの価値を、自分で評価する(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第11週
  • チャレンジして得たものの価値を、自分で評価する(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第12週
  • 3ヶ月のあしあとをまとめよう。
  • 振り返ろう、自分を褒めよう。PAY FORWARD をまとめよう。

  • 1.

    本コースは、「コース3/STEP.3」を終了された方がご参加可能です。
  • 2.

    「コース3/STEP.4(前期日程)」でおやめになり、「コース3/STEP.4(後期日程)」に進まれないことも可能です。
  • 3.

    「コース3/STEP.4(前期日程)」が完了した段階で、必要なサポートに回られた方がよい方、あるいは、必要な再訓練不足のため「ONSA WORKSHOP(対面式)」を受講された方がよい方に、お知らせ申し上げる場合がございます。
  • 4.

    「コース3/STEP.4(前期日程)」よりも先に、必要なケアーを受けられた方がよいと思われます方に、フィードバックを申し上げる場合がございます。

    「コース3/STEP.4(前期日程)」に必要となる再訓練が不足している場合、お客様の安全性のため、継続しての受講をお断りする場合がございます。


おすすめのご参加タイミングと、ご参加期間中のアドバイス

1回目/1周回目でご受講される方へ |

| 大まかな方向性

1周目は、何もかもの度合いが、分からないかもしれません。
つい「やりすぎ」たり、反動で、引っ込んでしまったりするかもしれません。
加減の感覚が、うまく分からない時かもしれません。一歩ずつ、心と対話しながら、慣れてゆきます。
| 心がけると励みになること

進んだり戻ったりしている自分を、温かく受け止めます。
一度に、全部をこなそうとしないで、新しいやり方に、少しずつ慣れてゆきます。

2回目/2周回目でご受講される方へ |

| 大まかな方向性

新しいやり方や、新しい空気感に、少しずつ慣れてくる頃かもしれません。
一方で、旧い環境との差が、広がってゆく様子を体感すると、耐えられない感じがするかもしれません。
| 心がけると励みになること

着実に、ひとつずつ、ゆきましょう。
一度に、全部を解決しようとする、反射的な習慣をやめます。
代わりに、ひとつずつ解決するスピード感と習慣を、練習して、身につけてゆきます。

3回目/3周回目でご受講される方へ |

| 大まかな方向性

健康的な世界に、足場を置いていれば、この世界と、積極的に関わっていってもよいのだ。
そのような価値観に、身体が慣れてきたかもしれません。
同時に、よい意味で「現実は、やはり現実である」ことも、受け入れられるようになってきたかもしれません。
| 心がけると励みになること

健康的な制限のある、この、現実の中。本コースをペースメーカーとすることで、自分の能力と可能性を、最大限に活かしてゆく練習を重ねます。

他コース・他サポートと一緒にご受講される方へ |

| 大まかな方向性

そうとは意識していなくとも、「全能感」にとらわれて、大きく転ぶ危険のある時期でも、あるかもしれません。
本コースを安全ネットにし、必要なら、各種サポートともつながりながら、安全に進んでゆきます。

いわゆる「共依存」状態を健全に自覚され、回復作業中の方へ |

| 大まかな方向性

社会の中に、自分から関わってゆくという行動。
それは、いわゆる「共依存」者にとって、なじみがなかったことかもしれません。
新しい感覚に、時間をかけて、一歩ずつ慣れてゆきます。
| 心がけると励みになること

失敗を恐れずに、失敗から学んでゆきます。
それは、健康なことです。

社会の中に、自分の居場所をつくる。
社会の中に、自分の居場所がある幸福と安定感を、時間をかけて、体感してゆきます。





TO TOP