Stage 1 | 時間のためのちいさなワークショップ

| 「時間 = 人生」
時間習慣は、すべての幸せの、基礎習慣。
時間を整えると、
人生が、穏やかに回りはじめます。

| ONSA WORKSHOP(対面式)
時間のためのちいさなワークショップ

[テーマ]
『夢をかなえる人の手帳』を使い、時間術の基礎を、ひとつずつ練習してゆくワークショップ。
[効果]
時間習慣という土台が整うことで、望んでいた生き方を、現実に変えてゆけます。
画像

| PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


ワークショップ・クラスで気づいたことは、私だけの純粋な時間が、自分で思っていた以上に少ないということ。
少ないことは分かっていたけれど、きちんと計算してみると、本当にこんなにもないんだということに衝撃を受けました。
一番よかったのが、
「現実的な一歩」がどういうものか、わかったところです。
時間に、すでに小さな変化が起きています。
手帳を開くと、自分が書き込んだ予定が「キラッ!」と光って見えたのです。

基礎をととのえる
『夢をかなえる人の手帳』を使った、徹底的な時間の見直し

時間の現状を確認

本コースでは、『夢をかなえる人の手帳』を使い、基本の時間術を、徹底的に見直します。

・頭の中で描かれている「理想の時間」と、今現在送っている、「現実の時間」。
その間には、具体的に、どれぐらいのギャップがあるのか。

・どのように改善すれば、現実が、楽になってゆくのか。
具体的に、どんな手順で、進めてゆけばよいのか。

スケジュール帳は、時間を「見える化」できる、重要なツール。
そのため、道具としての「手帳」を、役立ててゆきます。

道具を、うまく使えるようになることで、手持ちの資源(=時間)の量が、具体的に把握できるからです。



スケジュールに、優先順位をつける

「理想の」「むちゃくちゃな」「超人のような」スケジュール感覚ではなく、現実的な一歩からスタートします
“完璧でなければいけない” プレッシャーから、解放されてゆこう。

現実的な「進めかた」のほうが、目指す生き方を、早く実現できる。
そのため、必要以上の無理を、意識して、やめてゆきます。

プレッシャーがなく、現実的な進め方の方が、より早く、変化をもたらすことができる。
結果的に、想像よりも短期間で、望む生き方を現実にできるからです。


年度テーマのご案内
[設定のあるコースに限る]

偶数年 | 年度テーマ
“望む人生を現実に変えてゆく” 基本のスケジュール術
奇数年 | 年度テーマ
“日々の時間を整理整頓する” 基本のスケジュール術
画像

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「元・体験者」「回復者」が主催しているワークショップ。
いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」のテーマから、実際に回復(リカバー)した者が主催する、実践的な内容。
すでに、長い開催歴があります。

詳しい来歴は、「私たちの想い | 運営者情報」でもお読みいただけます。