Stage 1 | 境界線(バウンダリー)ワークショップ

[本コースの目的]
・「境界線」という概念について、学んでゆきます
・「境界線」という概念を知らないなら、
 日々は混乱とハラスメント(嫌がらせ圧力)、”嫌な思い” の洪水になります

・「境界線」について学ぶことで、自分の権利を自覚してゆきます
・権利を自覚することで、不当な扱いの人・場所から離れることができます
・日々の時間に、「安心・安全」の土台を作ってゆきます

| ONSA WORKSHOP(対面式)
境界線(バウンダリー)ワークショップ

[ご参加順位・ご参加資格]
【なし】
どなたでも、ご参加いただけます
エントリーコース(入口)として、
最適のコースです


[ステージ・難易度]
Stage.1[圧倒的基本]
画像

| PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


このワークショップで、人生の大棚卸しをしたと感じました。
心の中は、大掃除大会でした。
人は一人ひとりみんな違うから、それを尊重している健康な世界では「察する」ことを求められないと知り、衝撃でした。
逆に、人は自分と同じように考えていると思っている(境界線を共有している)不健康な世界では、「察すること」や「テレパシー」が求められるそうで、私がいるのは、まさに不健康な世界なのだと感じました。
今まで自分のことを後回しにしていて、ごめんね。
いまから、挽回していくからね。
「許す」ことは、「無かったことにする」と思っていました。
そうでは無くて、「参加しない」という概念を教えてもらい、
あ、そうか、それなら出来そうだ、と感じました。

「境界線(バウンダリー)」とは何か?
心理学の理論をもとに、「境界線」を、徹底理解

振り回される生き方では、疲れ切ってしまう

日々を生きてゆく上で、人とコミュニケーションをとることも、人間関係を保ってゆくことも、避けて通ることができません。
なぜなら、私たちは「人のあいだ(=人間)」で、生きているからです。



「人間関係のバランスや距離感、安全を、どう作っていったらよいか、分からない」
「その場その場を、緊張しながら、なんとか乗り切っている」
「とりあえず、私が我慢する」


こんなコミュニケーションのパターンで、乗り切っているなら……。
日々は緊張にあふれ、ただ生きるだけで、疲れ果てます。


心理学の理論にもとづいて、科学的に理解してゆく

本コースでは、心理学の基礎理論にもとづいて、人間関係のパターンを理解してゆきます。

基礎理論を理解することにより、人間関係のパターンが見えてきます。
「境界線(バウンダリー)」の理論を理解すれば、今の人間関係のパターンが、「なるほど」に変わります。




コミュニケーションの技術は、練習できます。
人間関係のうまさ・へたさは、生まれつきのものでは、ありません。

学んで再訓練してゆくことにより、人のあいだで生きることを、「得意」に変えることもできるのです。


「TEG(東大式エゴグラム)」を使って、「境界線」を実践理解

「お困り」パターンを、データで知る

本コースでは、基礎データとして、「TEG(東大式エゴグラム)」を使用します。
TEG により導き出した、あなたご自身のデータを元に、「境界線(バウンダリー)」の基礎知識を学んでゆきます

科学データを使うことで、”思い込み” や類推ではなく、「今ここ」のテーマに、直接向き合えます。
「生きづらさ」の中からは、できるだけ早く、抜け出してよいのです。


ロールプレイで、新しいコミュニケーションのパターンを実践練習

ロールプレイで、練習してゆく

知識部分を補強したら、すぐに練習です。
クラスで学んだ知識を、現実を想定したシーンに応用して、ロールプレイで試してみます。



「境界線がない」状態から、「境界線がある」状態へ。

この変化を、体感で擬似理解できるよう、実践練習を重ねます。
コースの中で、練習を重ねるからこそ、「できる」のきっかけがつかめてゆきます。


画像

年度テーマのご案内
[設定のあるコースに限る]

偶数年 夏開催 | 年度テーマ
基本:健康な人間関係を、見分ける練習

奇数年 夏開催 | 年度テーマ
基本:人間関係の進め方の、基本練習
偶数年 秋開催 | 年度テーマ
実践:”断り方” の徹底練習

奇数年 秋開催 | 年度テーマ
実践:不健康な人間関係の “ほどき方” の徹底練習
画像

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「体験者」であり「回復者」が主催者のワークショップ。
その体験から、実際に回復(リカバー)した者が主催となりますため、実践的な内容となっております。

あなたの、その状況も気持ちも多分、"体験して" "知っている"。
安心してお越しいただけましたら、嬉しく思っております。

詳しい来歴等は、「私たちの想い | 運営者情報」からもお読みいただけます。