Stage 3 | 交渉のためのアサーティブ・トレーニング[偶数年開催]

[本コースの目的]
・人と「交渉」をしてゆくための、表現用法について学びます
・プライベートから仕事まで、 日々は、「交渉」の場面にあふれています

・「互いにぶつかる」「勝つか負けるか」、こういった交渉イメージから離れます
・WIN – WIN(双方勝ち)になる、交渉の表現用法について学びます
・「交渉」を恐れる必要がなくなれば、日々を、軽やかな気持ちで過ごせます

| ONSA WORKSHOP(対面式)
交渉のためのアサーティブ・トレーニング[偶数年開催]

[ご参加順位・ご参加資格]
【あり】
該当コースを履修された方にご参加いただけます。該当コースに関しては、本ページ下をご覧ください


[ステージ・難易度]
Stage.3[応用]
画像

| PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


自分が今までの人生の中で見たことのない世界。
体験したこともなければ、ましてや教わった覚えもない。
わたしにとってのそんな世界へは、いくら行きたいからと念じても、何もしなければ一生行けない場所だと思いました。
クラスでレクチャーを受け、交渉についての事実が明らかになってくると、今までの私の中にはなかったことだらけのことで愕然としました。
これまで私は、健康な人とだけ交渉するなんて考えたこともなくて、むしろ不健康な人たちを何とかしようとばかりして、そこにムダなエネルギーを費やして、徒労感に終わってた。
私の周りにいる健康な人って誰だろう? そもそもいるの? とも思ったけれど、よくよく観察してみると、早速何人か発見できた。
話しているとラクだし、こういう風に境界線を引くんだなって勉強になる。
これからは、そういう人を中心に関わっていこう。
私にとってこのワークショップの内容は、交渉に臨む姿勢の話が断然役に立ちました。
私にはこの姿勢が8-9割大事で、伝え方はおまけにすら感じられました。
伝え方はとにかく繰り返し練習すればいい。
でも心にそってなければ、いくら練習したところで意味がない。
わからなくていい、転んでいい、失敗していい。
これはわたしが、身につける必要があるスキルに間違いはないんだから。
できるようになるまで、練習します。

「0か100か」のニーズの奪い合いから、「WIN – WIN」の習慣へ

うまくゆかない交渉術の存在に、気づく

いわゆる「共依存」「機能不全家族」の世界には、特有の交渉術があります。
それは、おそらく、こういうものです。

「ごねたり、くどくど言ったりして、察してもらえるのを待つ」
「どちらが、どれだけ『正しいか』を、主張し合う」
「正しければ、得ることができる。得る権利が、発生する」
……等。

残念ながら、どれもが、うまくゆきません。
おまけに、この交渉術は、とても後味の悪いものです。



健康な交渉術は、練習することで習得可能

欲しいものを、シンプルに「欲しい」と言えること。
「こうして欲しい」と、伝えられること。

健康な「交渉」の技術を練習すると、人生が、驚くほどシンプルになります。
同時に、ものごとが進みはじめます。




このような技術を知る機会が、なかったなら……。
新しいライフスキル(生きる技術)を習い、練習し、できるようになってしまえばいい。

本コースでは、不健康な「交渉」術の存在に、気づいてゆきます。
その上で、「交渉」の基礎技術を整理し、ロールプレイ(実践練習)を通じ、学んでゆきます。



自分のニーズを交渉するための、基礎知識の習得

現実で通用する交渉術

「交渉のためのアサーティブ・トレーニング(自己表現練習)」は、全ての「交渉」が理想通りにゆくことを、前提としていません。

現実世界の中には、障害も波も、気まずい空気も、うまくゆかないことも起こります。
その中で私たちは、自分のニーズを表現し、得たり譲ったり、折り合ったりし合いながら、生きてゆきます。


理想ではなく、日常で使える「現実的な交渉術」

本コースでは、この現実世界で「交渉」することを前提として、以下の知識を学んでゆきます。


・WIN – WIN(双方勝ち)になる構造と表現
・欲しいもの(ニーズ)を求めてゆく表現
・否定的な状況から、身を守る表現


人生の、手持ちの時間とエネルギーには、限りがあります。
そのために、現実的な交渉術を学び、生きたい世界のほうへと、人生の重心を移してゆきます。


画像

ご留意 |
本コースは、ご参加順位【あり】のコースです

[留意点]
本コースは、ご受講に際して、土台となる知識が必要となります。
そのため、以下コースの修了を、ご参加資格とさせていただいております。



ご参加順位【あり】のコースとなりますので、お申込の際にご留意ください。


画像

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「体験者」であり「回復者」が主催者のワークショップ。
その体験から、実際に回復(リカバー)した者が主催となりますため、実践的な内容となっております。

あなたの、その状況も気持ちも多分、"体験して" "知っている"。
安心してお越しいただけましたら、嬉しく思っております。

詳しい来歴等は、「私たちの想い | 運営者情報」からもお読みいただけます。