1st STEP | 春の大勉強 & 大準備会[ だいだい会 ]- 私の人生を整える。

ONSA WORKSHOP(対面式) 各コースご案内
1st STEP | 春の大勉強 & 大準備会[ だいだい会 ]- 私の人生を整える。


| 私の、1年のペース配分。達成した分の、確認作業。
限られた時間もエネルギーも、ともに大切にするための、「春の大勉強 & 大準備会[ だいだい会 ]」です。

ONSA WORKSHOP はじめ、さまざまなところで、回復のための知識の提供や、ケアーを受けている。
ONSA WORKSHOP にご参加の、多くの方が、このように積極的に動かれています。

それゆえ、それら様々な情報を、整理して、位置づけて、自分なりの進み具合を確認したい。
正しい情報の上に乗っているのか、脱線しているのかも知りたい。

少しでも、時間をショートカットするための、正確な情報を知りたい。
心理学の基礎を学ぶことで、自分の中で、ごちゃごちゃになっていた状況を、整理したい……。


本「だいだい会」は、ONSA WORKSHOP にて、1年の回復作業を行う上での、事前の情報整理会。

機能不全家族問題に巻き込まれた方々は、ただでさえ、人生の時間を、たくさん奪われています。
ですので、取り散らかしたまま、なんとなく進んでゆくのではなく。整理整頓の力を借りることで、少しでもロスなく、1年の時間を有効に使います。

人生の時間は、とても限られています。
その中で、やってみたいことや、「やらなければいけないこと」も、山ほどある。

また、それぞれの回復作業の進度は、全員異なります。
そのため、自分なりのペース確認をしながら、知識の助けを借りながら、自分に優しいペースで進みましょう。


| 本コースが、あなたのためにできること


1 |
心理学の知識の力を借りることで、不安とさよならします


「これは、合っているの?」
「私は、遅い進みではないの?」
「正しい進路に、乗っているのだろうか……」
回復作業を進めてゆく上で、これらは、誰でもぶつかる疑問です。

知識を頼りに、整理してゆく



本コースでは、
「回復とは、どのようなコースを描くのか」
「全体として、どのような被害が起きていて、どのような現象が起きているのか」
といった、大きな目線で状況を理解します。
ONSA WORKSHOP の、他の個別テーマのコースでは、触れる時間が取れない、基礎的な部分。そんな基礎の基礎を、ていねいにフォローするための開催となります。



2 |
シートに書き込んで、全体を整理してゆきます


本コースでは、社会の中で安全にやってゆくための、大まかな基準点・知っておいた方がよいことなどを記したシートを土台に、達成度をチェックしてゆきます。
注意したいのは、これは、「達成競争」ではないことです。

ゴールが目に見えていた方が、安心


「人と、安全にやってゆくこと」
「自分の望みが、上手に表現できること」
「トラウマに引っ張られても、自分を安全に保つ方法を知っていること」
「前向きな、新しい習慣を作ること」
「古くて、不健康な習慣に距離を置くこと」
回復作業の中で、実際に達成できたら安心できたり、自信になる基準点は、このように、いくつもあります。


「私にも、できている!」
「できたら、きっと安心!」
このように、達成が自覚できることは、大きな安心感の元となります。
本コースでは、このような意味での「達成」を、シートやリストを使うことで、「見える化」して確認してゆきます。


3 |
一般的な質問の時間を、たくさん設けています


ONSA WORKSHOP 各テーマのコース中では、一般的な質問をお受けする時間がありません。
各テーマだけでも、十分すぎるほどの量の知識が、規定時間内に盛り込まれているからです。

それゆえ、本コースでは、一般的な質問の時間を設けてあります。
「これで合っているのか、不安」
「こういうことをしているが、どう思うか」
等の一般的な質問に、体験者の立場から、運営者(藤沢)が答えてゆきます。
同時にこれは、仲間同士で、意見や体験を交換してゆく機会ともなります。

聞けなかった不安や気持ちを、言葉にする


回復作業の最中は、どうしても自分一人で抱え込みがちになり、不安でいっぱいになります。
あるいは、「今取り組んでいることで、合っているのだろうか」という気持ちで、揺れがちになります。

人生の時間は、貴重です。
そのような不安を、ずっと抱えたままでいるのではなく。言葉にして、吐き出して共有することで、みんなで、一歩前に進みましょう。


いちばんうまくゆく、ご参加のタイミング |
本コースは、こんなタイミングでの参加がおすすめ

本コースは、「ご参加順位あり」のコースです

| 大まかな方向性
本コースは、ONSA WORKSHOP に、すでにご参加をされている方のペース配分相談を、前提としております。
これから、ONSA WORKSHOP をご受講される方の相談会ではありませんため、ご留意ください。

すでに ONSA WORKSHOP にご参加の方に関しましては、弊社(ONSA)の方で、膨大なデータ蓄積がございます。
本蓄積データにもとづいて、ご参加者様の進度の整理整頓に、貢献してゆく趣旨のコースとなります。
そのため、以下コースのご受講が完了されている方を、本コースのご参加要件とさせていただいております。
| ご参加要件
[1]
「境界線(バウンダリー)ワークショップ」
「時間のためのちいさなワークショップ」
「ONSA Web. WORKSHOP(0)コース0/STEP.1」
「ONSA Web. WORKSHOP(1)コース1/STEP.1」
[2]
「境界線(バウンダリー)ワークショップ」
「時間のためのちいさなワークショップ」
「ONSA Web. WORKSHOP(1)コース1/STEP.1」
「ONSA Web. WORKSHOP(2)コース2/STEP.1(前期日程)」
「ONSA Web. WORKSHOP(2)コース2/STEP.1(後期日程)」
上記[1]あるいは[2]の組み合わせのうち、いずれかのご受講が完了されているお客様

回復作業は、らせん状に進んでゆきます

| 大まかな方向性
回復作業は、当初頭で描いた通りには進まないことの、連続となります。また、少しでも早くなんとかしようと、頭で状況をコントロールすることも、しがちな行為となります。
そのため、回復作業の、らせん状の進みが実感できたら、本コースで進度を整理整頓してみてください。
アップやダウンをしていることが、決しておかしなことでも、悪いことでもないことを理解できることが、最大の安心感につながるはずです。
| 心がけると励みになること
回復作業をスタートしたこそ、動体視力がつき、さまざまな状況に目が開かれてきます。
そのため、知識を整理して知っていることは、無駄な巻き込まれや下敷き行為を、避けさせてくれます。
人生の時間は、有限です。
あなたの、大切な大切な時間を、少しでも有効に使うために。整理整頓のお手助けが必要な場合は、本コースが役に立ちます。





TO TOP