心地よい暮らし、革のある暮らし:[0]なぜ革製品がいいのだろう?

心地よい暮らし、革のある暮らし
心地よい暮らし、革のある暮らし:[0]なぜ革製品がいいのだろう?


画像

| なぜ、革製品を選ぶのだろう?



あなたはなぜ、革製品を選びますか?

かわいいから?
なんとなく「いいな」と、惹かれるものがあるから?

理由は、そのどれでも構いません。

なんとなく「いいな」と感じたら。
その理由を、ほんの少しだけ深く、理解してみませんか?

革への愛着が、ますます増す……。
そんな「革製品を選ぶ理由」は、なんでしょう。



画像

| 整った生活。整った人生。



払おうと思った請求書は……あれ、どこに行ったっけ?
明日が支払いの期限の請求賞を、今日の夜探す。……しかも、毎回。

手帳を開けば、本当はつけないといけないレシートが、バサーッ。
出そうと思って持ち歩いていたハガキは、端が折れ曲がってしまった。


レシート。
請求書。
ハガキや手紙、書類。

その他、気になったもののメモ。
当座、持ち歩かなければならない紙類……。

紙、紙、紙。

ふだん自分が、どれだけの「ごちゃごちゃ」を持ち歩いているか。
そのことを意識して、考えたことはありますか?


私たちは、本当にたくさんの「ごちゃごちゃ」に囲まれて、暮らしています。
そしてこの「ごちゃごちゃ」は、きちんと気をつけておかないと、しじゅう私たちをイライラさせます。



画像

| 「あなたの持っているものが、あなた自身」



「あなたの食べているものが、あなた自身になる」という言葉があります。
これを日常レベルに置き換えると、こう言い換えることもできます。

「あなたの持っているものが、あなた自身である」、と。


それは、持っているものの値段やネームバリュー、価格の高さのことではない。

「ごちゃごちゃ」や「汚れ」、「混乱」。
それらは、持ち主の時間の乱れや、ライフスタイルの混乱を表しているかもしれない。


想いと、日々の暮らしが、微妙に一致していないという思い。
風通しよく暮らしたいのに、何だか、混乱している日常。

これらを解決するためには、どうしたらよいのでしょう。



画像

| 持ちものが、人生を変えてゆく。



整理整頓をするのに、高価なものは必要ありません。
必要なのは、

- 機能的で長持ちするもの。
- 秩序があり、使いやすいもの。

- 身の丈に、合っているもの。
- 日々しっかり使えて、ストレスなく、日常についてきてくれるもの。


それが、ONSA の提案する革製品です。



画像

| 持ちものは本来、あなたをサポートするもの。



「かわいい」ことも、モノを購入する上では、とても大事。
お気に入りに囲まれていることは、気分を上げてくれ、日々を楽しくしてくれます。

でも、同時に。
まいにち一緒に過ごす持ちものには、私のいちばんのサポーターであってほしい。


- カード入れなら、ストレスなく、必要なカードが収まってほしい。
- A5の書類入れなら、A4を折った時にしっかり収まってほしい。

- 日々の請求書を持ち歩くための革製品は、女性の小さなカバンにおさまってほしい。
- 請求書入れと通帳ケースは、同時に活躍するものだから、お揃いがいい。

- 全部、軽くあってほしい。
- 整理整頓ができるのは嬉しいけれど、全部カバンに入れたら、激重になるのは困る……。


そして。

- 他の持ちものと、色やトーンが調和してほしい!
- せっかく買ったのに、その持ちもののおかげで、混乱がふえてては困る!



あなたの持っているものは、あなたのサポーターでしょうか。

それとも、過剰に手がかかってしまい、しょっちゅうあなたをイライラさせ、日常の足を引っ張っているでしょうか。



画像

| 呼吸しやすい、身の回り。



払おうと思った時に、請求書が出てくる。
払おうと思ったものを、期限までに、きれいに払い終える。

通帳をきちんと見て、収支の管理を楽しむ。

要るものは、持っておく。
要らないものは、こまめに捨てる。

そんな、風通しがよい暮らしは、とても素敵。


ONSA の提案する革製品に、奇抜さや派手さはありません。
でも毎日……そして3年後もきっと、あなたのそばにいてくれる。

そんな、誠実なラインナップ。

時間をかけて、1つずつ迎えたくなる。
実力派の革製品です。


画像




TO TOP