[1]I LOVE SIMPLE LIFE. – 革製品は、信頼できるサポーター

心地よい暮らし、革のある暮らし
[1]I LOVE SIMPLE LIFE. – 革製品は、信頼できるサポーター


| 選択に疲れないための、選択。 画像



01 | I LOVE SIMPLE LIFE. - 革製品は、信頼できるサポーター

| 革製品は、シンプルライフをかなえてくれる



バナー画像 POINT |
「シンプルライフ」とは、どんなイメージがするでしょう。

「シンプルライフ」とは、進みたい人生の輪郭が、はっきりしている生活のことかもしれません。
カバン写真


「シンプルライフ」とは、何だろう


「シンプルライフ」というと、あなたは、どんなイメージをお持ちでしょう。

モノの少ない生活?
定番に囲まれた生活?

「シンプルライフ」というと、モノを減らすとか、捨てるとか、そんな話題になります。

ですが、「シンプルライフ」とは、モノのことではないかもしれません。
「シンプルライフ」とは、進みたい人生の輪郭が、はっきりしている生活のことかもしれません。


カバン写真


革製品。
それは、「モノに囲まれないための、モノ」です


革製品は間接的に、「シンプルライフ」をかなえてくれます。

言い換えれば、革製品は、「モノに囲まれないための、モノ」。
革製品に囲まれていると、不思議なことに、なぜか、人生に集中できるのです。



革製品自体には、何の不思議な力もありません。
ですが、すこし周りを見回してみてください。

あなたの周りで、革製品が好きな人。
つやつやの革製品を、長く大切に使っている人......。

そんな人たちはなぜか、自分の人生に、集中していそうではないでしょうか。


なぜ、こんな不思議なことが、起こるのでしょう。
その秘密を、ちょっとさぐってみましょうか。



01 | I LOVE SIMPLE LIFE. - 革製品は、信頼できるサポーター

| 決断疲れ - Decision Fatigue をご存知ですか?



バナー画像 POINT |
「決断疲れ」......Decision Fatigue という言葉を、ご存知でしょうか。
決断するものがありすぎて、かんじんのことに集中できない、生産的でない状態をさします。
カバン写真


「決断疲れ」......Decision Fatigue


「決断疲れ」......Decision Fatigue という言葉を、ご存知でしょうか。


たとえばあなたは、毎日どれぐらい多くの物事を、決める必要がありますか?
小さなことから、大きなことまで。



夕飯のメニューは、何にしよう。
割ってしまった食器の代わりを、買ってこなくちゃ。

誘われたイベントは、どうしよう。
こんなにはっきりと断ったら、嫌われるだろうか。
でも、自分の時間も必要。

あ! この調味料は、買っておこうか。
気になるけれど、でも、やめようか......。


カバン写真


毎日、どれぐらいのものごとを、決めているでしょう


日々直面する、細々としたことのどれもが、ひとつずつを取れば、ほんのささいな決断。
ですが、何にせよ「決める」ということは、エネルギーを必要とします。

「この、気になる調味料を買おうか」
ということ、ひとつをとってみても。

400円を1本、カゴに入れて持ち帰るのは、たやすいでしょう。
そして家に戻り、パンパンのキッチンの棚を見て、ため息が出るかもしれません。
「ああ、またやってしまった」
と。

そしてまた、決断の連鎖です。
「スペースを作るために、どの調味料を捨てようか」と......。


決断には、エネルギーが必要


「決断疲れ」というのは、こういった細かな......でも、人生の重要な部分を左右するわけではない決断に、多大なエネルギーを割いてしまうこと。その結果、重要な決断をするエネルギーが残らない。
それゆえ、重要な決断についやす精度の質が、低下してしまうことをさします。


何を着るかとか、何を食べるかとか......。
さほど大したことのない、多くの決断に振り回されているうちに。
「どう生きたいのか」
「誰と生きたいのか」
「何で生きたいのか」
といった、人生で重要な決断をするエネルギー切れになってしまう、状態をさします。


カバン写真


選択肢は、多ければいいものではない


一度きりの人生、時間。
そんな時間をどう生きようか、計画を立てたり、決断をしたり。そうやって、みずからの可能性を花ひらかせることは、本来は、とても楽しいことのはずです。



ですが、現実はどうでしょう......。

人生を「味わう」ための時間も残らないほど、私たちは、毎日たくさんの「選択」に囲まれています。

もっと便利そうな商品や、きらびやかで人目を引く、気になるモノ。
繰り返し、波のようにやってくる、流行の形や丈。

「流行は、楽しむもの!」
という言葉は、確かに、かっこいいけれど。でも、「楽しむ」以前に、振り回されている自分もいます。


画面の向こうから飛び込んでくる、情報、情報、情報......。

私たちは、受け取っても受け取ってもきりのないほどの情報量に囲まれながら、今日も生きています。




01 | I LOVE SIMPLE LIFE. - 革製品は、信頼できるサポーター

| 必要のない決断に、エネルギーを取られないという「選択」。



バナー画像 POINT |
「決断疲れ」しないことを、決断することもできる。
そして、すでに、そうしている人たちもいます。
カバン写真


みずから「巻き込まれない」と、決めてしまっている


実は、この「決断疲れ(Decision Fatigue)」に巻き込まれないように、「決めてしまっている」人たちがいるのをご存知でしょうか。

つまり、意図的・意識的に、「選ばない」を「決断している」人たちです。


たとえば、アメリカの知識階級では、
「朝食は、シリアルとフルーツとコーヒー」
「買うブランドも、いつも同じ」
と決めてしまっている人が、けっこういるとか。

1日の中では、シリアルのブランドを決めるよりも、もっと重要なことを決める必要がある場合が、多々生じます。

1週間の中では、もっと多いですね。
そのために、集中力とエネルギーを、残しておくためです。




01 | I LOVE SIMPLE LIFE. - 革製品は、信頼できるサポーター

| 大切なものを、大切なままにしておくための知恵



バナー画像 POINT |
「選択肢が多ければ、いいものではない」
研究結果は、そんなふうに語りはじめました。
カバン写真


研究結果が、語りはじめました


私たちは何となく、なるべく多い選択肢をもらえたほうがよいと、考えがちです。
2つの中から選ぶよりは、7つの中から選んだ方が、何となくそのモノの価値が高く感じられ、得したような気になります。
それどころか、7つを2回さしだされたら、もっと重要度が上がって、得したような気分になるかもしれません。


ところが、この理解は、実は正しくないといいます。

アメリカ・スワースモア大学の心理学者、バリー・シュワルツ(Barry Schwartz)氏によりますと、研究結果から、こんなこと分かってきたそうです。

「細かい選択も、積もり積もれば、疲弊する」
この「決断疲れ」は、家庭・仕事にかかわらず、重要な決定の質を落とす可能性があるといいます。


選択の過程、それ自身が、自己の貴重な資源を浪費するかもしれず、それにより実行機能が、他の活動を実行する能力を低くしています。
決断疲れは、そのために、自己調整(self-regulation)を損ねてしまいます。


「決断疲れ」すると、かえって消費するようになる悪循環


小さな決断の連続で、慢性的に、「決断疲れ」している人たち。
その人たちは、衝動に弱く、必要もないものもついつい買ってしまい、かえって消費することが分かっています。

この人たちを「疲れさせて」おくために、スーパーのレジ前には、キャンディやガムが山積みに。

こうやって、いったん「疲れ」のサイクルに入ってしまうと、決断の質は、どんどん下がってゆきます。
その結果、かえって借金をしやすかったり、お金の管理が上手にできなくなるそう。
あるいは、仕事や学業に集中できないなどの症状が、慢性的に発生するそうです。

たくさんの選択肢に囲まれていて、常に「決断疲れ」をしている状態。
その結果、自分を消耗していて、人生の質が下がっている状態......。

このふたつには、まるでメビウスの環のように、ぐるぐるとした相互関係があることが、実験で明らかになってきました。


なんだか、予想以上に、おおごとです。



01 | I LOVE SIMPLE LIFE. - 革製品は、信頼できるサポーター

| いちばん大切なこと以外は、手放すという「決断」



バナー画像 POINT |
革製品を使うこと。
それは、「決めなくとも安心できる」領域を、生活の中に増やしてゆくこと。
カバン写真


「決断疲れ」すると、かえって消費するようになる悪循環


学術的なことは、置いておいて......。

この感覚は、実感として、ものすごく理解ができますよね。

私たちは、大量のモノや情報に囲まれ、そうして、疲れ果てています。
文字通り、モノや情報が次々に繰り出してくる刺激の海で、溺れそうです。


しっかりと意識して、「選択」しないない限り。現代生活においては、おそらく誰もが、「膨大」といえる量ほどの、持ち物の山に囲まれています。


「定番になりますよ」と言われて買った、たくさんの「定番服」。
それなのに、その服の山の取捨選択や、手入れは、想像以上の大仕事。

日々増えてゆく、書類の山。
紙の束は、しだいに分厚くなって、どこから手をつけていいか分からない。

そして、冷静になってみると......。
それら目のまえの山たちは、人生にとって本当に、最優先事項でしょうか。


カバン写真


「モノ」に、主役を譲らない


人生の主人公が、あなたではなく、モノになっているなら。

人生の主役の座を、取り戻さなければなりません。
そう。
モノによって消耗させられている状態を脱して、モノと、シンプルにつきあう状態に移行するのです。


「そんなことが、できるの?」

はい。
革製品になら、できます。

そうして、自由になった時間やエネルギーを、あなたが本当にしたいことのために、使うことができます。




01 | I LOVE SIMPLE LIFE. - 革製品は、信頼できるサポーター

| 少しのものを、長く使う



バナー画像 POINT |
合ったもの、質のよいものを、長く使う。
すると、モノはさほど多く必要ではないと、分かってくる。
カバン写真


人生の主役を取り戻すための、心地よい革製品


ONSA Yukkuri Store では、たくさんの種類・数の商品を扱っていません。
なぜ、商品の種類が少ないのでしょう。

それは、ご自分に合ったものを、長く使い続けて欲しいから。
そして、けっきょく、そうできるから。


そんなに多くのものは、最終的に、必要ないからです。


カバン写真


製品寿命の長さは、シンプルライフのキーポイント


たとえば、製品寿命の長さを、考えてみます。

この、「製品寿命」という言葉。
これには、

・よい状態を保ったまま
・流行に左右されにくく
・用途上のストレスを感じづらく
・長く使える

という条件をふくみます。


革製品は、一度購入すれば、何年も使えるもの。
それは、革という、素材の特性ゆえです。


革という素材の特性が、長持ちのひけつ


革は、そのほかの工業製品と、非常に異なる性質を持っています。
それは、「下降」ではなく、「上昇すること」。

革は、使ってゆけばゆくほど、時間とともに、状態がよくなるという特性を有しています。

つまり、革製品は「育つ」のです。
革は、人の手の天然の油分を受けて、「育ってゆきます」。


これは、布や化学繊維といった、他の工業製品と、根本的に異なる性質。
ワンシーズンでくたったり、ボロボロになってきたりということが、ありません。


カバン写真


製品寿命を長く。つまり、一度の「決断」で、済ませる


シンプルに仕立てられた革製品には、流行もありません。

それゆえ、たとえば、少しのあいだ眠らせておいて、また取り出して使うこともできます。

それでも、時代を感じることがない。
これも、革製品の際立った特徴です。

使用状況によって、途中で、修理をはさむこともできます。
手入れをしながら、丁寧に使うことを考えても、革の寿命は長いのです。


これら、革製品の特性は、どういうことをさすのでしょう。

革製品の特性は、「決断疲れ」からの解放を、意味します。

つまり、たった一度、購入の「決断」をすれば......。
あなたの革製品は、毎年毎年変わらずに、何年も何年も、よい状態で寄り添ってくれる。

一度の決断で、まるで親友のように、ずっと寄り添ってくれる。
日々の暮らしを、支えてくれる。


これが、革製品の、すごいところです。



01 | I LOVE SIMPLE LIFE. - 革製品は、信頼できるサポーター

| 堂々と、シンプルに暮らす



バナー画像 POINT |
堂々と、いられます。

革製品の歴史は長い。
革製品は、人と人のあいだに、躊躇なく存在できます。
カバン写真


堂々としていられます


さらに、素晴らしいことがあります。
それは、革製品と一緒なら、どんな場でも、堂々といられること。


たとえば、どんなにきれいに髪をセットして、きれいにマニキュアを塗ったとしても。
その姿で、バッグから取り出した手帳のカバーが、ビニールなら......。

場所によっては、場違いに感じてしまうかもしれません。
あるいは、生活のちぐはぐさが垣間見えて、居心地が悪くなってしまうかもしれない。

あるいは、有名ブランドの高級バッグを持っていても、サブバッグが「ついで」のものなら。
やはり、ちょっと雰囲気が微妙かも。


革製品は、ちょっと違います。
革製品は、あなたの日々の生活に、本当の質の良さをくれます。

いつ、どんな場で、どんな状況に置かれても、必要十分な役割を果たしてくれます。
しかも、一度だけでなく、ずっと。



カバン写真


ほぼ全てのシーンに、必要十分


たとえば、気の張る人たちとの、会合に出なければならない。
そして、その日の夜は、友だちとのおしゃべりに出かける。

でも、そのたび、いちいち全ての荷物を詰め直している時間が、私たちには、ないでしょう。

その機会ごとに、
「これは、ふさわしいだろうか」
「堅すぎる?」
「子どもっぽすぎる選択だろうか」
と、考えたり整えたりする時間は、ないはずです。

でも、革製品なら、安心です。
なぜなら革製品は、ほぼすべてのシーンに、「ふさわしい」ことが、自動的にできるから。



仮に、かわいらしい色を選んでも、素材は革。
あるいは、どっしりとした色を選んでも、軽やかに仕立ててある製品なら、どこにでも持ち出せる......。


持ちものについて、あれこれ考え、決断する時間を、ぜんぶカットできる。
それなのに、いつどんな形で、人に見られたりしても、堂々としていられる。

こんなふうに、自信を保っていられる時こそ。私たちは疲弊することなく、落ち着いて、本当にリラックスして、本来の人生のつとめに集中できます。



カバン写真


あなたの時間・エネルギーは、あなたの人生のために使う


私たちの、本来のつとめ。
それは、自分が、自分の人生を生きること。

余計なことを考えなくともよく、気も散らされず、
「今ここ」
の時間を、集中して生きること。

そのためのモノたちが、必要十分に、周りにあること。
これが、究極の「シンプルライフ」。




01 | I LOVE SIMPLE LIFE. - 革製品は、信頼できるサポーター

| モノは本来、人生のサポーター



バナー画像 POINT |
モノは、本来は「黒子」。
そして、最高の黒子であれるものが、最高によいモノです。
カバン写真


あなたの時間の主役は、あなた


ONSA Yukkuri Store の革製品は、あなたの、縁の下のサポーターになります。

モノは本来、よい「黒子」であるべきです。
それが、本当に上質で、よいモノの在り方だと、私たちは思います。

モノが、あなたの人生の主役の座を奪わず、十分にサポートしてくれ、あなたに余地を残しておく。
そっと側にいてくれて、必要な時に、支えてくれる。


そんなモノを、選択した時。

あなたが、たった一度の人生に、全力集中できるよう。
モノはモノとして、黒子の真価を発揮します。




01 | I LOVE SIMPLE LIFE. - 革製品は、信頼できるサポーター

| 職人が、手作りで応援しています



バナー画像 POINT |
質のよい革製品は、時を超えられる。
時を超えられるから、「決断疲れ」から自由になれる。
カバン写真


あなたの時間・エネルギーは、あなたの人生のために使う


ちまたには、たくさんの革製品が、あふれています。
ファストファションの革製品なら、驚くほど安い価格で、手に入れられたりします。

それも、いいでしょう。
そして、もしよかったら、ONSA Yukkuri Store の革製品も、試してみてください。


革職人が、ひとつずつ、手作りをしています。
きちんと革目を読み、革用ナイフで切り出して、手で組み立て、革用ミシンでミシンがけをし......。
職人の手が、1つずつ、製品を仕上げているのです。

そのどれもが、勉強と技術、経験なしには、できないもの。
インスタントには獲得できないものだからこそ、長い年月を超えられる、質のよい革製品を作ることができます。



カバン写真




01 | I LOVE SIMPLE LIFE. - 革製品は、信頼できるサポーター

| じっくり、決めてください。決断を、1回で完了できるように



バナー画像 POINT |
サンプルを、お貸出ししています。
触れて、味わって、革製品を試してみてください。
カバン写真


手にとって、見てみてください


ONSA Yukkuri Store の革製品は、購入前に、おおよその実物を見ることができます。
ただし、店舗を置いていませんから、サンプルを取り寄せていただき、ご覧いただいています。

サンプルの借出料は、送料のみをご負担いただく形で、お貸出しをいたしております。
形になった製品の大きさや質感を、実際にご覧いただいたり、取り扱いのある革の種類を、サンプル帳で確かめたりできます。

どうぞ、丁寧にお選びくださいね。
「決断」は、ひとつにつき、一度で十分ですから。



カバン写真



| マニアックな、あなたへ。
ONSA Yukkuri Store「サンプル貸出」


ONSA Yukkuri Store の革製品は、セミオーダー。
あなただけの一品を、楽しんで選んでほしいから......。サンプル帳や、サンプルバッグを、お貸し出ししております。
サンプルの内容は、サンプル番号によってさまざま。
各ページの内容物の説明をもとに、気になるる製品の入ったサンプルを、とりよせてみてください。


ONSA Yukkuri Store STORY 画像
サンプル帳は、さまざまな素材や色でいっぱい
ONSA Yukkuri Store STORY 画像
「ONSA トートバッグ」実物入のサンプルもご用意
| 購入リンク
| 上記に購入リンクが出ていない製品は、完売廃番となります

革は1個単位ではなく、1枚単位で購入し、製品を製作いたします。そのため、革単位が終了した場合、該当の革製品が廃番になることがあります。

革製品との出会いは、一期一会。ご希望の製品がおありの場合は、お早めのご縁をお勧めいたします。









TO TOP