Archive List for BOOKS | 出版書籍一覧 – 心を旅する

BOOKS | 出版書籍一覧 - 心を旅する|
『まほうの地図 不思議な時間旅行』


『まほうの地図 不思議な時間旅行』画像
『まほうの地図 不思議な時間旅行』
発売日:2013年9月
出版社:金の星社
価格:1,260円(税込)

いつでもあなたは、だいじょうぶ
『新しい自分になる”人生脚本”』

『だいすきなわたしになる手帳』をおばあちゃんから贈られたスーリが、
毛糸犬のターと、不思議な時間の冒険へ!
なぜなら、秘密の本を手に、不思議なドアをあけると……。
だれの時間にも、魔法がかかってし まうからです。

ひと足先に時間の冒険に出た2人が、 物語の中であなたを待っています。
市川彰子さんのイラストとともに、お届けします。


『まほうの地図 不思議な時間旅行』 みひらき1

『まほうの地図 不思議な時間旅行』 みひらき1画像

『まほうの地図 不思議な時間旅行』 みひらき2

『まほうの地図 不思議な時間旅行』 みひらき2画像

もくじ

    • 「ものがたり」につき、目次はありません


著者からのメッセージ

著者の思い出 |本アイコン

『だいすきなわたしになる手帳』のかげには、どんな願いが込められているのか。
この物語……『まほうの地図 不思議な時間旅行』は、『だいすきなわたしになる手帳』を作っている途中に、生まれたものです。
著者(私)の、時間にたいする真剣な考えを、やわらかく文字に載せました。
すると、子どもにも読めて
大人の心にもきっと響く「ものがたり」にしあがりました。

日々、時間を生きていると、
曲がったり、ねじれたり、止まったり、巻き戻されたり。
気がつけば、あっという間に過ぎていたり。
そのわりに、心の中でいつまでも、渦巻いていたり……。

そんな風に変幻自在に、心の中を踊り回る、時間というもの。
本書は、その時間の中に飛び込んだ、スーリとターの冒険物語。
……つまり、あなたの
そして私たち全員の、時間の冒険物語です。


本書の中で、私が大好きなせりふを、ご紹介します。

「スーリがこんな目にあっているのは、
スーリが命だからだよ。

命は、前に進むのをやめないから、
前に進むと、 昼と夜をくり返し通ってゆくんだ。

ただ、それだけだよ。」

それでは、
続きは、ものがたりの中で。
今度はあなたが、本の中で、
あなただけの「ものがたり」に出会ってくださいね。



BOOKS | 出版書籍一覧 - 心を旅する|
『ココロが晴れる心理学』


『ココロが晴れる心理学』画像
『ココロが晴れる心理学』
発売日:2009年7月
出版社:PHP研究所
価格:1,050円(税込)

人づきあいが楽になる23のヒント
『ココロが晴れる心理学』

【「心のしくみ」を知れば、苦手な人とも上手につきあえる!】
誰かとむやみに傷つけあったり、人づきあいを恐れたりすることなく、穏やかであたたかい人間関係をつくることができたら、どんなに毎日が楽しいでしょうか。
でも、現実にはイライラやショック、心の痛みを味わうことも少なくありません。

イヤな気持ちを減らして、心地よい人間関係をつくりたい。
苦手な人とはほどよい距離で上手につきあい、気の合う人とはもっと絆を深めたい。
そのためには、自分の「心のしくみ」を知ることが大きな助けになります。

この本では、「交流分析」という心理学の理論をもとに、もっと上手に人と関わる方法をわかりやすくお伝えします。

もくじ

  • section 1 | みんな人間関係で悩んでる
  • section 2 | なぜ、うまくいかないのだろう?
  • section 3 | どうやったら、解決できるのだろう?
  • section 4 | ほっとする居場所のほうへ
  • あとがき


著者からのメッセージ

著者の思い出 |本アイコン

交流分析の魅力を伝えたいと思ってはじめたシリーズの、2冊目です。
担当の編集者さんは、私よりひとまわりも年下の、本当に賢い女性。
カバーは居山浩二さんが担当してくださり、素敵なものに仕上がりました。

2冊目のテーマは、人間関係の悩みに絞りました。
なぜなら私たちは、どんなシーンでも、人と関わらずには生きてゆけないからです。

実際に実行してゆくと、間違いなく人生の質が変化すると思っています。
なぜなら、人と優しく向き合うことができるようになると、実際に人生が変わるからです。
私には、とても効いた方法です。



BOOKS | 出版書籍一覧 - 心を旅する|
『新しい自分になる ”人生脚本”』


『新しい自分になる”人生脚本”』画像
『新しい自分になる”人生脚本”』
発売日:2009年3月
出版社:PHP研究所
価格:1,050円(税込)

いつでもあなたは、だいじょうぶ
『新しい自分になる”人生脚本”』

「どうしていつも、こうなるの?」
そう思った時こそ、あなたを苦しめる「心のクセ」から自由になるチャンスです。
楽しくリラックスして生きるための、「交流分析」の本。

「人は知らないうちに、その人なりの無意識の行動パターンを身につけている」
これは、心理学の「交流分析/TA-Transactional Analysis」の分野の、「人生脚本」という考え方です。
それでは、つい無意識に取ってしまう行動に対して、私たちはどうすればいいのか。
「どうしていつも、こうなるの?」のパターンから抜け、新しい自分と出会ってゆくために。エリック・バーンによって立てられた交流分析の理論をベースに書かれた本です。

もくじ

  • まえがき
  • section 1 | 人生脚本とはなに?
  • section 2 | 脚本を変える、心の準備
  • section 3 | 人生脚本を書き換える
  • section 4 | 愛によってやる
  • あとがきと文献一覧


著者からのメッセージ

著者の思い出 |本アイコン

ずっと伝えたいと思っていた「交流分析」の魅力を書いた本です。
理由は、私(著者)が「交流分析」の考え方に助けられたことがあるから。

「交流分析」とは、心理学の一分野。
自分がまだ、自分らしい生き方といえるようなものにも出会えなかった頃に、交流分析の考え方と出会いました。
交流分析の考え方と出会ったことによって、自分を痛めつけるような悪い心の癖から、少しずつ自由になることができたのです。

結果今は、……以前を振り返ったからこそ分かることですが、内面的に大きく変わることができた。
そして内面の変化が、外面の物理的な変化にも、つながっているのだと信じています。



BOOKS | 出版書籍一覧 - 心を旅する|
『ちいさなちいさな時間の旅』


『ちいさなちいさな時間の旅』画像
『ちいさなちいさな時間の旅』
発売日:2005年12月
出版社:DHC
価格:1,260円(税込)

ことばの不思議なちからは、ハートの深い深いところまで届けられる
『ちいさなちいさな時間の旅』

ことばの不思議なちからが、ハートの深い深いところまで届けられることを願って。
少しだけ疲れてしまって、自分を見失ってしまう時。
パラパラとページをめくるだけ、イラストをながめるだけで、元気の種が芽を出すかもしれません。

どこにでも連れて歩けるハンドブックサイズ。
ぜひ、時間の旅の、お供にしてみませんか。
心の内なるちからを呼びおこすような、静かな言葉を切りとったメッセージが並んでいます。イラストも著者手製。
ギフトブックにおすすめです。

もくじ

    • ことば集につき「もくじ」はなし


著者からのメッセージ

著者の思い出 |本アイコン

この仕事はとにかく、作業過程が楽しかったとしか言いようがありません。
関わってくださった方々がとにかく温かくて、私よりもずっと年齢が上の方ばかりなのですが、本当にたくんさんのことを学ばせていただきました。
仕事をしてゆく上でのご縁や、心遣いや、「当たり前」のことを「当たり前」にすることの大切さや…..。

それぞれが真剣にチャレンジしていることだから、仕事を通じての出会いは、真剣なもの同士の出会いになる。
いつ思い出しても、感謝すべき出会いの中で、育まれた本です。



BOOKS | 出版書籍一覧 - 心を旅する|
『「なりたい自分」になる魔法の教科書』


『「なりたい自分」になる魔法の教科書』画像
『「なりたい自分」になる魔法の教科書』
発売日:2005年2月
出版社:KKベストセラーズ
価格:1,260円(税込)

27歳からの夢のかなえ方
『「なりたい自分」になる魔法の教科書』

「27歳からの夢のかなえ方。『やりたかった夢』が動き出す、不思議な教え」と題し、人生の通過儀礼……ターニングポイントの切り抜け方……について書かれた本です。

27歳からの夢のかなえ方は、それ以前とはちょっと違う。
夢を目指してがむしゃらに時間を走るやり方でなく、あせらずに、自分のタイミングで夢と出会って欲しいという願いを込めました。
だから、あなたが27歳でなくても大丈夫。
自分らしいスピードとタイミングで夢と出会いたいと思ったら、ぜひページを覗いてみてください。

もくじ

  • prplogue
  • chapter 1 | 出会い encounter
  • chapter 2 | 気づき awareness
  • chapter 3 | 認識 recognition
  • chapter 4 | 飛躍 leap
  • chapter 5 | 対峙 confront
  • chapter 6 | 決意 resolution
  • chapter 7 | 変身 transition
  • epirogue | 魔法の教科書 ワーク


著者からのメッセージ

著者の思い出 |本アイコン

この本を担当してくださった編集者さんのご依頼は、「27歳にはなんだか、魔物が棲んでいるみたいです」でした。
私は当時、27歳を過ぎていたけれど、彼女はちょうどそれぐらいの年齢。
いろいろな可能性が出てきて、たくさん迷う時期でもありました。

それでも、その時をせいいっぱいに向き合えば、自分にとってよい選択ができる。
そんな風に信じて、本書を書きました。

27歳からもう少し離れて、客観的に見られるようになった今も、考えは同じです。

夢も仕事も友情も恋愛も、自分をしっかり持っていれば、うまくゆく。
やっぱり、自分と向き合うことが大切。
すべては、その中心線から放射されている。「心」という、同じものの影響を受けているのだと感じています。



BOOKS | 出版書籍一覧 - 心を旅する|
『夢をかなえるオーダーメイドの方法』


『夢をかなえるオーダーメイドの方法』画像
『夢をかなえるオーダーメイドの方法』
発売日:2004年12月
出版社:幻冬舎
価格:1,260円(税込)

会いたい人とは必ず会える。
強く願ったところには、必ずたどりつける。
『夢をかなえるオーダーメイドの方法』

自分らしい生き方をさがす途中には、迷ったり落ち込んだりする時もあります。時間の上でふと迷った時、不安になった時。
時間の大きなターニングポイントを迎えた時に、心の方位磁石がわりにそっとそばに置いてもらえたらと思い書き下ろしました。
込めたメッセージは「会いたい人とは必ず会える。強く願ったところには、必ずたどりつける」です。
ピンク色の優しい表紙が目印となりました。

もくじ

  • プロローグ
  • chapter 1 | 夢は特別な人だけのものじゃない
  • chapter 2 | 幸せになると、夢はかなう
  • chapter 3 | 夢をかなえるオーダーメイドの方法
  • chapter 4 | 幸せのあつめ方
  • chapter 5 | 夢をかなえるための時間術
  • chapter 6 | 幸せになるための考え方
  • chapter 7 | 上手な情報の利用法
  • chapter 8 | 心満たされる仕事との出会い
  • chapter 9 | 手放すと新しいものが入ってくる
  • エピローグ


著者からのメッセージ

著者の思い出 |本アイコン

この本の担当の幻冬舎の編集者さんとは、ほぼ同い年。
いろんなことをお話ししながら、書き上げました。
文筆業をはじめる前、どう生きようかと迷っていた時期があり、その時期から文筆業をはじめるまでの経緯が、中心になっています。

私にとっては、「夢がかなった」出来事。
ですが、どうして夢がかなったのか、自分の中の何に打ち勝ったから、大きなターニングポイントを抜けることができたのか。
そういった、みずからが経験したことを、うまく伝えることを心がけました。

「ダメだ」と思っても、実は「大丈夫」。
人生、いろいろ大丈夫。
その経験を、本書を通じて、強く伝えたいです。



BOOKS | 出版書籍一覧 - 心を旅する|
『魔法の時間割』


『魔法の時間割』画像
『魔法の時間割』
発売日:2005年6月
出版社:大和書房
価格:1,260円(税込)

変わりたい? きっと変われる。
『魔法の時間割
あなたが生まれ変わるシンプルで小さな習慣』

「変わりたい? きっと変われる。人生を楽しくする、時間の魔法。
あなたらしい時間を生きるための54のヒント」が、オビに記されたメッセージ。
著者初のエッセイです。

ゆるりとしたい時、こころがちょっとさわさわした時に、手にとって読んでほしいという気持ちを込めました。
シンプルなことを、ふつうに話したい。
あたりまえの日常の美しさを、あらためて味わいたい。そんな願いが実現した本です。

もくじ

  • step 1 | いつものじかん
  • step 2 | とうだいのじかん
  • step 3 | キラキラのじかん
  • step 4 | ちょっとふあんなじかん
  • step 5 | かみさまのじかん


著者からのメッセージ

著者の思い出 |本アイコン

私の本は、いつも文章が多すぎる傾向にあります。
たっぷりです。
一度書き上げたものを、ざばざば捨てないと、コンパクトな本に仕上がりません。

そして、この本を編集してくださった方は、当時の私にとって、ひと回り年齢が上の女性。
同世代の編集者さんと仕事をすることが多かったのですが、同い年同士では気づけないことをさりげなく気づかせていただいたりして、本当に勉強になりました。

内容は、時間をテーマにした tips。
著者が実際に心がけていることなどを、書きました。
実践版という以上に、エッセイみたいな感じで、そばに置いてもらえたらと願っています。




TO TOP