Archive List for BOOKS 出版書籍一覧 – 世界を旅する

BOOKS 出版書籍一覧 - 世界を旅する|
『たいせつなことは船が教えてくれる』


『たいせつなことは船が教えてくれる』画像
『たいせつなことは船が教えてくれる』
発売日:2012年11月
出版社:金の星社
価格:1,400円(税込)

船の上で知る世界、大切なものは船の上に。
『たいせつなことは船が教えてくれる』

巨大な貨物船「ORPHEUS(オルフェウス)」に乗って、学んだこととは……。
「人は、縁があって出会うもの。だから、一緒に働くのは、一期一会の大切な仲間」
船の上にあった大切な出会い、人との大切な想い。
著者が船の上で体感した世界を、ギュッと詰め込んでお届けいたします。

著者自身によって撮影された数々の写真とともにお届けするエッセイ、人々の温かな想いが詰まった「船本(ふねぼん)」。
特設ページもございます。ぜひご覧ください!
→ 「『たいせつなことは船が教えてくれる』TOP」

もくじ

  1. section 01 | 世界は ”海” で、つながっています
  2. section 02 | インターナショナルです
  3. section 03 | コミュニケーションがだいじです
  4. section 04 | リーダーがいます
  5. section 05 | 自然の中を走ります
  6. section 06 | 人が宝ものです
  7. section 07 | Life 人生そのものです


著者からのメッセージ

著者の思い出 |本アイコン

ずっと作りたかった写真入りの本を、ついに出すことができました。
しかも、全ページカラーという、夢のようなつくりです。

この本は「金の星社」という、子ども向けの本をたくさん作っている出版社さんからご依頼いただきました。

このようなわけで、小学生や中学生が読んでも分かるように、船の世界を描いてみました。
ページをひらくたびにワクワクするように、山ほどの写真入り。
たくさんの笑顔の写真や、まだ見たことのない景色を見ながら、まるで、世界中を旅しているような気分になれるように……。


そして、この本を作るために、いろんな場所に行きました。

まずは、普通の人は絶対に行けないコンテナ船の上。
この本の取材のために特別に許可をいただいて、「NYK ORPHEUS(オルフェウス)」の上に暮らし、静岡から東京港をへて、沖縄と台湾の脇をすりぬけ、香港まで行きました。

そして、船員の卵を取材するために、フィリピンにも行きました。
……世界は広い!!

そして、そしてそして。
この取材を通じて、日本にも、世界中にも、本当にたくさんの「なかま」ができました。


本を作ることは、何かを伝えるという以上に、自分自身が学ぶという行為。
そんなことをくっきりと感じた、私にとっては思い入れの深い、大好きな本となりました。

美しい海の光景が、たくさん詰まった本です。
ぜひご一読ください。







BOOKS 出版書籍一覧 - 世界を旅する|
『夢をかなえる人の英語術』


『夢をかなえる人の英語術』画像
『夢をかなえる人の英語術』
発売日:2004年8月
出版社:Discover
価格:1,365円(税込)

とっておきの「夢かな式」勉強法、教えます。
『夢をかなえる人の英語術』

「英語がコワイ」そんな気持ちから、なかなか英語に親しめない人向けに書き下ろした、初級者向けの英語の本です。
アルファベットを発音するのも怖い、テキスト売場に行くのも怖いという重度の英語恐怖症の方、ぜひぜひお手にとってご覧ください。

著者自身も「元・重度の英語恐怖症」。
英才教育を受けたわけではなく、はじめて海外に出たのは23歳。でも今では、英語を片耳で聞き流し、旅に出かけています。
新しい世界が広がると、日常の時間がとても楽しくなります。
英語の最初の壁を乗り越えるための、小さな第一歩のための英語術です。

もくじ

  1. SECTION 1 | にがてな英語が好きになる、ひとさじの魔法
  2. SECTION 2 | あなたの英語で、目の前の世界は変わる
  3. SECTION 3 | “夢かな式” 英語術は、まず発音から
  4. SECTION 4 | “夢かな式” 英語術その2 文法はシンプルで大丈夫!
  5. SECTION 5 | 未知なる言葉は、新しい世界への招待状


著者からのメッセージ

著者おすすめのつかいかた |本アイコン

Coming soon!


著者の思い出 |本アイコン

私は英語が苦手で、学生時代の成績は最悪。ずっとコンプレックスを持っていたのでした。
でも実際に外国の方と働いて、留学してみると、生きた言葉って楽しい!
そんな話を、打ち合わせの席で『夢かな手帳』の編集者さんに語ると、「じゃあ、本作りますか?」
ラッキー。

私が英語コンプレックスから脱するきっかけの本を作ってくださった、大西先生&マクベイ先生のコンビに、裏監修をご依頼。
生(なま)の大西先生&マクベイ先生にお会いできた時は、感激しました。
英語は一生のプロセス。
あの時も今も、勉強し続けています。
そんな勉強の「ポイント」が、コンパクトにまとめられた本です。








TO TOP