『夢かな手帳2009』クリスマスハッピープロジェクト /p.3

クリスマス2009
『夢かな手帳2009』クリスマスハッピープロジェクト /p.3



『夢かな手帳2009』
クリスマスハッピープロジェクト


あったかメッセージ、
たくさん届きました。



 . . . . . . . . . . . .

 ★ T.K.さま(20代/女性)

留学したいという夢が叶って、オーストラリアで一年過ごした時は、毎日が夢のようでした。
本当に楽しくてたまらなかったです。
一番楽しかったのは、寮でピアノを弾いていたら、すごく上手な友達が教えてくれるようになって、すごくピアノが上手になれたということと、音楽が大好きになれたということです。
そこまで好きではなかたピアノが今では一番の趣味に。
大好きなことを見つけたミラクル、その友達に出会えたミラクル、そして何よりも、人のために自分の得意なことを利用して何かをしてあげることはすごく価値のあることだと気づけたミラクル。
たくさんの日常の幸せのかけらを見つけられた一年でした。

日常起こることすべてがミラクル、今はそんな風に考えられるようになったことも、今年のミラクルでした。


 ★ A.S.さま(20代/女性)

同期が奇跡です。
一万人の中のたった24人に選ばれ、 その仲間を得ることが出来ました。
一生の仲間です。


 ★ ★ H.T.さま(30代/女性)

ネイル検定2級に受かった!
それをきっかけに,ネイリストとしての方向性が分かった。
子育てと自分の夢のバランスが取れ始めた。
新しい土地が好きになれ始めた。
引越直後の11月のうつうつとした暗闇を抜けたら、なんだか見通しが明るくなってきました。
手帳に寄り添っててもらったおかげです♪


 ★ A.N.さま(20代/女性)

カナダに行って英語を勉強したいという夢が去年叶い、
今は英語が生かせる仕事に就くことができました!


 ★ M.K.さま(20代/女性)

若年性アルツハイマーの母が、私の誕生日に近所のケーキ屋さんで「まみちゃんお誕生日おめでとう」と書いたケーキを買ってきました。
父も私も家にいたので、どうやって1人でお金を払ったのかも、どうやって店員さんに私の名前や話せたのかも、誰にも全くわかりません。
恐らく母が自分で私に買ってくれた最後のプレゼントになると思い、写真にとってずっと大切にしています。

本当は誰にも話したくないくらい大切な、私の忘れられない最高のミラクル体験です。


 ★ A.M.さま(40代/女性)

以前から気になっていたセミナーがあったのですが、札幌ではめったに開催されず、しかも土日開催なので(私の休日は平日です)参加は無理かなあ、と思いつつもライフサークルに記入。
なんと、今年参加することができました!

人生は有限。
やりたいことはどんどん手帳に書き込んで、一つずつ実現させようと実感しました。


 ★ ★ H.H.さま(30代/女性)

ほんの数ヶ月前、 初めて訪れた場所の、 とあるコーヒーショップでのできごと。

バスが来るまで、ちょっと一息と思い、 何気なく入ったコーヒーショップ。
ふと顔を上げると、 高校生の頃にお付き合いしていた彼がいました。 ビックリ!
ふたりの思い出の場所ならまだしも、 全く関係のない場所で!!
多分むこうは気付いていなかったと思うけれど…
気まずい別れかたをしたまま、 なんとなく気になっていました。
元気そうでよかった。
そんな風に思えたら、 ココロがすっとしました。

今年最大の、私のミラクル体験でした。


 ★ Y.H.さま(20代/女性)

漫画家さんと前の会社で出会えたこと。
中学の時に漫画家を目指して投稿していた気持ちがよみがえり、今再び作品作りに励んでいます。
本当にやりたい事に気づかせてくれた彼女との出会いがプチミラクルでした。
感謝!!


 ★ A.K.さま(30代/女性)

手帳の12月の目標「好きな人の好きなところを取り入れる」 周りにそんな人いないもん・・ と困っていると、先週、会社に短期アルバイトの女性が入ってきました。
その人は、4年前に私が出向していた会社の社員さんでした。会社を辞め、就職活動中だそうです。
わぁ! なつかしい! と私は4歳年上の彼女が好きだったことを思い出しました。
とっても自然体で、穏やかで、仕事は丁寧で、ホンワカしているのです。
彼女を見ていると
「そっか、こんな風に新しい人たちの中に馴染めば、自然に入っていけるんだ」
「あのアクセサリー素敵だなぁ」
「こんな風にグルグル巻きにマフラーまいたら可愛いなぁ」
「新人だからって遠慮ばかりしてないし、でもでしゃばらないし、こういう言い方をすれば角が立たないんだ」
など、発見がいっぱいで、手帳の12月の記入欄がすでに半分埋まりました。

社内に素敵な後輩が居ます。
その女性を見ていると、私のふがいなさに落ち込んだり、嫉妬したり、一緒に居て苦しいのです。
「私がいけてないんだから、彼女を見て頑張らなくちゃ」と自分を奮い立たせる 感じです。

でもアルバイトの女性を見ていると、真似してみよう! という気持ちになるのです。
「これが好きってことか・・ 」と不思議です。
好きな人と苦手な人が同じことをしている姿を見ても私の感じ方が違うんです・・
でもこんなにウキウキして頑張ろうって思うんだから、好きな人から学ぶことが大事なんだなと発見しました。
ハッピープロジェクトのお話が出たときに「あ、このことだ」とピンと来ました。

意識していなければ、手帳のテーマになっていなければ、なんとなく通り過ぎてしまう内容ですが、まさにプチミラクルです。


 ★ Y.O.さま(20代/女性)

文章にしたら嘘っぽくなってしまいました。
自分でもあの日のことは未だに信じられないので仕方ない気もするのですが…。

小さい頃からバイオリンを習っていて、現在ビタリー(が作曲したと言われていますがどうも違うらしいです)のシャコンヌを練習中です。
社会人になってから思うように練習時間がとれないためちっとも上達しません。 それでもなんとか時間を見つけては練習をしているのですが、10月は忙しかったため全く練習時間がとれませんでした。

10月27日レッスン当日。
結局レッスン直前も練習することができず、「ダメだ絶対に弾けない、怒られる。いや怒られよう」と覚悟してレッスンに臨みました。
そうしたら、自分でもビックリするくらい、たぶんシャコンヌを練習し始めてから1番の出来と言える演奏をすることができたのです。
先生にも「いいじゃない! 」とほめて頂けて(と言っても練習して上手くいったわけではないので胸中複雑)、とりあえず怒られるどころかほめてもらってラッキーと思って家に帰りました。

次のレッスンはボロボロだったので、あの時の演奏はミラクルとしか表現できません。


 ★ ★ M.S.さま(20代/女性)

2月にバリ島に行った時に一度だけ食事をしたレストラン。
9月に再びバリに行ったときにそのレストランに行くと、店員さんに「前に一度来たことがあるよね。あなたの顔、覚えているわ! 」と声をかけられた。
一度しか行っていないし、それも半年も前のことなのに、覚えていてくれたことが嬉しかった。
本当にミラクルだと思った。


 ★ C.N.さま(20代/女性)

すごい小さなミラクルやけど、、この前、携帯電話を落としたみたいで探していたら、線路のレールの隙間に落ちてました。

隙間にはまってたのもミラクルやし、
電車のひかれてなかったのもミラクルやし、
見つけれたのもミラクル~~


 ★ N.K.さま(40代/女性)

1ヶ月前になんとなく「女優の鈴木保奈美さんって今どうしているかな~。」と思っていたら、昨日のyahooトップニュースで「鈴木保奈美芸能活動再開!」って記事が載っていました!


 ★ N.K.さま(40代/女性)

済みません。2回目の投稿です。 (あまりに自分でウケちゃったので^^!)

実は2008年『七夕プロジェクト』に応募していました。
このクリスマス・プロジェクト応募までwebサイトを見るのスッカリ忘れていて、先程「鈴木保奈美さん云々」のメールを送信した後、『七夕プロジェクト』の画面を見ましたら自分の短冊が5番目にあってビックリ&嬉しかったです!
なので個人的なミラクルとして再度投稿させてい頂くと同時に載せて頂いて有り難うございました! と御礼申し上げたく投稿いたしました。
「世界一大好きな人と…」という願いは現在も継続案件であります。(でも簡単に叶わないくらい素敵なことなんだろうな~って考えを前向きにしております^^;)
毎年、年初に宝地図というものを作っているのですがそちらにもその短冊を張っています。
今は、今年の手帳についていた短冊に何を書こうかな~って楽しみにしています。

それでは、長いメールになってしまいましたが最後までお読み頂き有り難うございました!


 ★ ★ A.S.さま(10代/女性)

クラリネットアンサンブルでトップ(一番上手い人が吹くパート)に選ばれた事。



<< 前のページ     次のページ >>





TO TOP