『夢かな手帳2009』クリスマスハッピープロジェクト /p.5

クリスマス2009
『夢かな手帳2009』クリスマスハッピープロジェクト /p.5



『夢かな手帳2009』
クリスマスハッピープロジェクト

あったかメッセージ、
たくさん届きました。



 . . . . . . . . . . . .

 ★ H.Y.さま(40代/女性)

バケツの水・そして、バケツの蓋を自分のココロに置き換えたら私にも蓋が上にずれながら乗っかっているのに気が付く。
だから水がバケツに入る量が少ない=イコール「自分が好きじゃない」 蓋を取ろう… と決める。

そこから、行動することに「パワー」が出てきた。


 ★ Y.H.さま(20代/女性)

去年、寒さをしのぐためにピンクの手袋を買いました。
お気に入りで、毎日着けていたのですが、 ある時、片方落したことに気がつきました。
ショックをうけていたのですが、数日後家から駅に向かう途中の道で見つけたのです。
というのも、フェンスの網に、手袋がかけられていたのです。
ちょうど目線の高さにかけられていて、見つけた時は思わず大興奮でした(笑)
まるで、自分を待っててくれてるみたいでした。
きっと、誰かが拾って、フェンスにかけてくれたんだな~と思うと、ほっこりうれしい気持ちになりました。
外で失くした手袋が戻ってきたのは、初めてで…
本当に感謝。
今年は失くさないように、大切に使います。


 ★ ★ A.K.さま(20代/女性)

私は今学生なんですが、『夢かな手帳』は大学1年生の時から使っています。
私のプチミラクルは、大学になってできた友達がいい人ばっかりってことです。

かなりプチですが、私にとってはミラクルです。


 ★ C.K.さま(30代/女性)

手帳に…
「我が家にピアノが来ました!」
「ありがとうございます」
って 何のアテもないのに書いてたら、 引っ越しを機に古いピアノを手放すという方のお話がまわってきて、持ち主さんと面会後、なんと無料でそのピアノが我が家にやって来たのです。

凄くないですか? コレって☆

 ★ Y.M.さま(30代/女性)

まず、日々自分を大切にするようになり、寝る前には自分を褒めてあげることが出来るようになりました。
これは私にとっての小さなミラクル。
これまでは他人との比較ばかりで自分が好きなはずなのに素直に認めることが出来なかったのです。
また、現在勤めている会社の社長が亡くなってしまい、零細企業だったので転職を余儀なくされている状況。
そんな中でも、自分の気持ちを大切に転職活動をしていく中で、転職回数が多いとか、その都度他業界に転職しているだとかの不利な条件を超えて、ここなら! と思える企業に今日出会えました!!

これまでであれば、年収とか待遇とか規模とか、色々な他人からの目を気にして活動していると思いますが、それを出来る限り除外したところに、救いの手が差し伸べられた感じです。
まだ内定がもらえたわけではないので、ミラクルの途中ですが、いいご報告が出来ればいいな、と思いつつ応募させていただきます♪


 ★ Y.O.さま(30代/女性)

夢にみたことと同じことが現実におきたことがある


 ★ ★ Y.I.さま(20代/女性)

『夢かな手帳』に出会ったころ、実家を飛び出し新卒で入った会社をやめ、フリーで演劇音響スタッフを続けていけないか模索していました。
会社を辞めてすぐに高校時代の演劇部後輩と公演をやることになり、そこで出会った方から人伝手につながって、今の仕事をいただけ、現場に就けて4年が経ちました。

今となってはこの道がよかったのか悪かったのかわかりませんが、つながって歩いてきた道に運命を感じます。
いまだ模索中ですが、今年また決断の時が来ているので再び『夢かな手帳』にお世話になろうかと思っています。


 ★ A.I.さま(20代/女性)

私のプチミラクルは、今年、優月さんや素敵な方たちと一緒に、ワークショップに参加させていただけたことです。
まだまだ未熟な私ですが、手と足を動かして体験したワークショップでの出来事、そのときの胸の震えなど、いまもしっかり残っています。

このミラクルを胸に、またわくわくといまを生きていきたいと思います。
みなさんの日々が、ミラクルに満ちた素敵なものになりますように!


 ★ A.T.さま(30代/女性)

会いたいな…と思った時に、会いたい人に会うことが出来てたこと。
実際に面と向かってでなくても、メールや電話が出来ただけで凄く嬉しいので。
自分が思った時に相手も連絡を取りたいと思ってくれたことってミラクルなことだと思うのです。


 ★ K.H.さま(50代/女性)

悶々と迷う毎日を過ごしていた今年のスタート。
春に「どうにかしたい! 」と思い切って申し込み、『CAFE DOORで午後3時に。』に参加させていただき、ウキウキとタイムカプセルを持って家路に。
ところが、日が経つごとにどんどん落ち込んでいくばかり。
そこへ、ワークショップのお知らせが!
1年に2回も上京なんてと思いながら、やっぱり参加してよかった!

私のミラクルは、行動できたこととその後の変化です。
ワークショップでの多くのお話が、心の底の方をいつも流れています。
落ち込んだ時、迷った時に思い出して自分の気持ちを確認しています。
心から、ありがとうと言いたいです。


 ★ ★ N.I.さま(20代/女性)

私のちょっとしたミラクル体験です。
大平さんという方が開発した「メガスター」というプラネタリウムを見に行くのが、私の長年の夢の1つでした。
ある時、そのメガスターが広島にやってくるという情報を得、何とかお休みをもらって会場に行くと、事情があって連絡が取れなくなっていた友人とバッタリ会いました。
まさか会えるとは思っていなかったので、お互い飛び上がるほど喜んでしまいました。

藤沢さんのエッセイを読んで共感し、『夢かな手帳』を使い始めてから、少しずつ夢がかなってゆくだけでなく、ちょっとした嬉しいことが次々と起こっているような気がしています。
藤沢さんの本と出会えて本当に良かったと思います!


 ★ K.G.さま(20代/女性)

食生活の改善の習慣を目標にして
可愛い赤ちゃんを授かりました☆


 ★ Y.M.さま(20代/女性)

すごーくちいさなことで申し訳ないのですが、高校のとき大好きな片想いの男の子と隣の席になりたくて祈って祈って…
そしたら前後の席になれて、それから仲良くなってつきあえたこと!


 ★ Y.K.さま(20代/女性)

「ミラクル」ってほどすばらしいことではありませんが…
そうですね、去年の今頃英語の資格を取ろうとがんばり、TOEIC250点UP,英検準1級をとることができました!
今はすこーしだけ英語もかかわる仕事してます。
いろいろがんばってきた甲斐もあって、最近論文に名前を載せてもらえました。
ただお手伝いしたってくらいですが、大きな研究の一員として認めてもらえてよかったです。


 ★ ★ A.S.さま(30代/女性)

私の仕事は楽器を吹いたり教えたりすることです。
この何年か、思うように演奏できない、体はどんどん痛くなりつらい、そんな日々が続いてました。
1年ほど前には、楽器なんてぜったいやめてやる!! と真剣に思っていました。
でも、レッスンは毎日やってくるし、いきなり目の前の生徒を放り出すわけにもいかず、もやもやしたまま楽器を続けていました。

今年の夏、思い切ってワークショップに参加しました。
これが私のミラクル体験です。
あんなにやめたかった楽器ですが、今は楽しく続けてます。
なかなかうまくいかないときもありますが…
今日も楽しく演奏してきたところです。
こんな自分にちょっとびっくりです。



<< 前のページ     次のページ >>





TO TOP