『夢かな手帳2009』クリスマスハッピープロジェクト /p.6

クリスマス2009
『夢かな手帳2009』クリスマスハッピープロジェクト /p.6



『夢かな手帳2009』
クリスマスハッピープロジェクト


あったかメッセージ、
たくさん届きました。



 . . . . . . . . . . . .

 ★ K.H.さま(30代/女性)

『夢かな手帳』を使うようになって数年経ちました。
11月の切り替えを楽しみにしています。

それまでは、毎年手帳を買ってはみるものの書くのは年の前半だけで、後半になると手帳を持ち歩くことすらしていませんでした。
日々、仕事・家事などのやらなくてはいけないことに追われて疲れてしまい、好きなことが出来ず乾いていく自分がいましたが、 『夢かな手帳』に記入をすることで、空いている時間が見える様になり目の前のやらなくてはいけないことだけでなく、 美術館に行ったり、スキルアップの為の勉強をしたり、 カフェでお茶をしたり、公園を散策したり、週末に小旅行をしたりして意識的に時間を楽しんで自分にうるおいを与えることが出来るようになってきました。
まだ、大きな目標は達成していませんが毎日楽しく、 不器用ながら一生懸命に生きています。


 ★ S.N.さま(30代/女性)

今年の目標は、「外国の友達をつくる」でした。
その目標が先日叶いました。
父が日本語の教師を初めて、そこの生徒さんなのですが、先日一緒に演劇を見にいき、とても仲良くなりました。
偶然同い年で、お互い音楽が大好きなので、これから色々なところへ遊びに行きたいです。


 ★ ★ Y.W.さま(20代/女性)

優月さん、チーム夢かなのみなさん、こんにちは。
いつも素敵な企画をありがとうございます!

私は今年の8月に優月さんのワークショップに参加し、そこで「弱い自分を受け入れたい」という心の声に出逢いました。
全く予想もしていなかった心の声にどう対処していいかわからなかったのですが、 見過ごしたくはないと向き合うことにしました。
それからはしばらく、 悩んだり迷ったりの日々でした。

それから3ヶ月ほど経った今。
私は沢山の素敵な人達とのご縁をいただきました。
その人達は私のまだ形になってない可能性を信じ 温かく優しい気持ちで応援してくださったのです。
それに感謝し一生懸命やれることをやっていたら 気づいたらフリーで活動できる場をいただくことができたのです。
ほんの3ヶ月前には全く予想もしていなかった状況に本当に驚いています。
そして同時に、決して一人の力では出来なかった、沢山の人とのあたたかいご縁に感謝の気持ちでいっぱいです。

今はまた落ち着いて灯台の時間をとって夢を描き、叶えることを心から楽しもう! と思っています。
相変わらず、悩んだり迷ったりも勿論するのですが、 一つだけ大きく変わったことは 「弱いまんまで、前へ進んで行こう」と 思えるようになったこと。
欠点をなくして強くなるのもいいなと思うのですが、 弱いからこそ、自分の心の声と沢山出逢える。
そして次の一歩を踏み出すヒントを教えてもらえる。
そのことに気づくことが出来ました。 おかげで、今は迷宮入りしても灯台の時間をとって 「ま、いっか。そのうちうまくいくだろう」とかなりノーテンキで楽ちんな自分に戻れるようになったのです。
楽だと、笑顔も言葉も良くなって、 幸せが増えるな~といいことづくめです。

今のところの人生では一番のハッピーな変化を 受け取っています。
ここまで来れたのも、優月さんと手帳のおかげ… そして変化の過程で出逢った あたたかくて素敵な人達のおかげと感謝の気持ちでいっぱいです。
これから、「ありがとう」の言葉とともに沢山のハッピーな貢献をしていくぞ! そう心に決めています。

優月さん、皆さん、本当にありがとうございます! 皆さんの時間がますます輝くことを心から応援しています!


 ★ M.H.さま(30代/女性)

今年初めて『夢かな手帳』を買ったんですが。
そこにお願い事というか目標を書いたら 3日経たない間にかなっちゃったこと!
具体的には、この商品を売ろう! というものだったけど、 いきなりメールで注文が来て それもあてにしてなかったところからきてびっくりしました☆

あと、ミラクルとはいえないかもしれないけれど、 すっごく心が穏やかになって 彼氏に「成長したねえ」といわれたこと。
まだ1ヶ月もたってないですけど(笑)


 ★ T.N.さま(30代/女性)

手帳を変えれば行動が変わる、行動が変われば人生が変わる

8年間勤めていた会社を『夢かな手帳』を使い出してから、良い意味で退職。
本当に自分のやりたいと思う道へ向かって行動をうつすこと出来ました。
すごく憧れの店(自分が理想とする店)が偶然そして今回始めてアルバイトを募集、修業をさせてもらっています♪

ちゃんと自分の未来を描く事が出来、そのためには今何をすべかが明白に出来、行動に移すことが出来るのは『夢かな手帳』にちゃんと書き込むからだと実感中です。
まだまだ、これから夢に向かって 突き進みますよ♪


 ★ M.O.さま(30代/女性)

皇后さまをお見かけしたことです。
今年初め、通っているセミナーで「日本人女性として誇れる人は誰ですか? 」というテーマで話し合った際、ふと皇后さまと思い答えました。
でも、まさか一般参賀に行ったり名誉ある賞を受けない限りお見受けするチャンスなど到底ないだろう、と。

ところが数ヶ月後、職場の外がものものしいので出てみると、偶然プライベートで知人をを訪問される皇后さまが車から降りられて手を振っておいででした。
本当に気品のオーラに満ちた方でした。
今でも忘れられません。


 ★ ★ S.F.さま(30代/女性)

コンビニでやっている500円くじ。
はずれはないのですが、欲しい景品があって引くと必ず欲しい物があたってます。
それでミッキーマウスとキティちゃんのメイクボックスをゲットしました。


 ★ Y.T.さま(20代/女性)

藤沢さん、ディスカウ゛ァーの皆様、こんにちは。 クリスマスプロジェクト、参加させていただきます。

「私におこったミラクルな出来事」ですが、それは18年来一度も会ったことない友達と、実際に会えたことです。
彼女との出会いは、私が小学校2年生のときに、学校のイベントで行った、「風船に手紙をつけて、風まかせに… 」というものでした。
私の手紙を彼女(当時小学校3年生)が拾って、返信をくれて…
ここまででも十分ドラマチック! と思うのですが、そこから18年間、ずーっと手紙のみの友達でした。
お互い、中学生、高校生、大学生… と年を経て、実家を出て、それでも続いてるなんて凄いなぁ、と我ながら感心していました。
ただ、今までは会うまでには至らなかったんです。

学生同士のときは、お互いお金の問題や、他にやりたいことあったりで。
あとは、やっぱり10年以上の友達だけど、一度も会ったことない、声も聞いたことない人(携帯電話なんてない時代ですから)と会うには、勇気が必要だった、というところでしょうか。
そんな折、ふと今年の年賀状に「今年は機会があったら会いたいですね」なんて書いてみたんです。
そしたら、彼女から速攻返事の手紙が来て、そこからはあれよあれよという間に会うことになりました。

実際に会ってみたら、まるで初対面とは思えない意気投合っぷり(笑) 話しても話したりない、そんな初対面(?)でした。
それから数ヵ月、今では住んでいる場所も近くなったので、会いたい時に会って、また話しまくり、もんじゃ焼いたりと、唯一無二の友達です。
20年近く一度も会ったことなかったのに、今年会えたということには、意味があるんだろうな。と思っています。 (彼女に会うこと、実は今年の『夢かな手帳』に書いていたんです! )

人の縁は不思議なものですが、大切にしたいですね。
長くなりましたが、今年の素敵なミラクルでした!


 ★ Y.N.さま(30代/女性)

『夢かな手帳』を使い始めて二冊目と2ヶ月。
まだ ドカン! とでっかい夢は叶ってはいないけれど。

あれやってみたいなぁ・・。
あんなことできたらいいなぁ・・。
と日頃思っていたことが、全て叶っていたことに最近気付いたこと!! が私のプチミラクルです!
どうもありがとうございます!!


 ★ M.F.さま(20代/女性)

私のプチミラクル体験は‘旅する本’との出会いです。
5年ほど前、知り合いから「引っ越しするから好きな本を持って帰っていいよ」と言われ、たくさんある本の中から数冊本を貰ってきました。でもせっかくもらってきた本なのに、そのうちの一冊は一度も開かないまま、何年も過ぎていました。
あるとき、ふと本の存在を思い出し、ぱらぱらとめくっていると、ページにインドの紙幣がしおり代わりに挟まっていたのです!
それを見た瞬間、「この本はインドを旅してきたのかもしれない! 」と思いました。
ちょうどこの本を開いたときは、夢だったイギリス留学から帰ってきた直後でした。
「飛行機に乗って外国へ行く不安やわくわくした気持ちをこの本の持ち主も感じていたのかな」そして、「旅の途中でこの本をもしかしたら読んだのかも」と考えるとうれしい気持ちになれました。

たくさんの中からこの本を選んだこと、そしてちょうど外国から帰ってきたこの瞬間に本を開いたこと…
私にとって“旅する本”との出会いはちょっとしたミラクルでした。


 ★ ★ T.K.さま(30代/女性)

派遣先の会社で正社員登用制度の試験を受けられることになりました。
自分の心と向き合うきっかけになりました。
もしかなわなかったとしても次のチャンスに自信を持って進んで行けそうです。
ありがとうございます。


 ★ A.K.さま(30代/女性)

企業家セミナーの勉強会に参加するようになって、すっかり地元の社長さんたちと仲良くなったこと!

私は親の転勤で現在の住所に住むようになったため、知り合いはおろか親戚だって全くいない土地でしたが、社会勉強と思って勉強会に参加し始めたら、あれよあれよとお知り合いがたくさん増えました。
しかも、話をしてみるとご近所さんばかり。
自分から始めの一歩を踏み出すことで、自分の周りが少しずつ見えてくるものですね☆
お知り合いが増えて仕事もアップ。
しかも勉強会の成果で仕事へのモチベーションもあがりました。


 ★ K.T.さま(30代/女性)

プチではないですが… ミラクル体験です。
2年前大病してお先真っ暗になった私は‘もう死ぬかもしれない’‘夢も希望もない’と思っていました。
そんな時にふと本屋さんで目にとまった『夢かな手帳』、その時はピンクとブルーの2種類あって私はピンクを選びました。
ピンクの手帳には私を希望に導いてくれる言葉がたくさんありました。
夢はあきらめない。きっと幸せになれると信じて手帳にいろいろ書き込んだことを思い出します。

あの時の私の夢は‘元気になって家族と幸せに暮らすこと’でした。
一年間手帳のいろいろな言葉に励まされました。
そして、一年後なんと夢がかないました! 
病気は快方にむかい体調もよく家族の中も安定して普通に普通に暮らせるようになりました。
今、幸せだな… と実感しております。
普通に元気で幸せということがこんなにすばらしいことだなんて…
病気をしたのは大変なことだったけど、とても大切なことを学びました。

来年はまた新たな夢をかなえるぞ!
『夢かな手帳』さん来年もよろしくね。


 ★ R.K.さま(30代/女性)

自分と、どんどん向き合うことができるようになってきています。
そして、やりたいことをどんどん できるようになってきてます。
ワークショップに参加したおかげです。 素敵な奇跡をありがとうございます。


 ★ ★ K.H.さま(30代/女性)

「掃除」です。
今までは『夢かな手帳』の週間のページの「やらなければならないこと」のところに記入していたのですが、風水や掃除力も流行っているし、毎日トイレと玄関掃除から始めてみました。
気まぐれに、です。
そしたら好きな人との接触が増えました!! 
その人は友達の友達で連絡先を知らないので、私からはなかなかアクションを起こすことができずにいたのです。
もっともっと楽しんで掃除して、自分も努力して、好きな人ととちょっとでも仲良くなれたらなあと思います。


 ★ T.K.さま(30代/女性)

美白効果がでました!
バイオスコープで二年近く定期的に肌(顔)をみてもらっていたのですが、 今年は2月から美白エッセンスを使い続けた結果、11月にはシミ予備軍が小さくなっていました!!
実感がなく、10年来愛用しているメーカーのものなので、基礎化粧品感覚で毎日使用しただけ…
当たり前ですが、藤沢さんの言葉どおり、積み重ねだなあと実感しました。

ゼロではない!
焦っては中断を繰り返していた英語の勉強に対して即効性を求めなくなり、結果、心地よくコツコツ進んでいます☆
来年は、英語のミラクル体験をご報告できると嬉しいです。


 ★ K.M.さま(30代/女性)

去年の今頃、『夢をかなえる人の手帳術・最新版』と出会い、本を読みながら、今年はどんな年にしたいかノートに書き出しました。
文章にしたり、図にしたり、絵にしたり。 ほぼ1年ぶりにその頃書いた部分を開いてみると、ほとんどのことを実現していました!
これが今年1番のミラクルです☆


 ★ A.N.さま(20代/女性)

私に起こったミラクル体験は、『夢かな手帳』を使うようになって、生活や気持ちが安定するようになったことです。

5年前、体調を崩して仕事が出来なくなり、祖父の援助で生活をするようになりましたが、中々治らない病に、周囲の目は冷たくなる一方で、私も自分に自信が持てなくなっていました。
そんな時、書店で『夢かな手帳』に出会い、通院スケジュールを書き込んだり、エッセイのページに励まされたりして、少しずつ前向きに物事を捉えるようになりました。
また、当時遠距離恋愛をしていた主人から、病気になって初めて、こちらで療養しないかとプロポーズしてもらえて。
結果がすぐに出るわけではありませんでしたが、主人の支えと『夢かな手帳』のお蔭で、今、体調面、精神面共に安定した毎日を送っています。

是非、これからも愛用させて貰いたい手帳です。



<< 前のページ




TO TOP