『夢かな手帳2012』クリスマスハッピープロジェクト /p.4


『夢かな手帳2012』
クリスマスハッピープロジェクト


あったかメッセージ、
たくさん届きました!



 . . . . . . . . . . . .

 ★ Y.O.さま(20代)

3月の計画停電のとき。
19:00 からの計画停電中、灯していた蝋燭の揺らぐ明かりが、なぜだかものすごく心をほっこりさせてくれました。


 ★ M.K.さま(30代)

休日の朝、早く起きようとする私に「もっと寝てて~」と夫に腕をのっけられたとき。

ソファで横になっていると、夫が必ずブランケットをかけてくれるとき。


 ★ ★ M.S.さま(30代)

職場から一番近い郵便ポスト、最終の回収時間が、職場の定時15分後なので、間に合わせる為に、ポストへ向かって走っていたら、目の前で回収を終えた車が道路へ出るところでした。
間に合わなかったと思ったら、運転席に座っていた方が、車のブレーキをかけ、窓を開けて、私の郵便物を受け取ってくれました。
うれしかったです!


 ★ E.K.さま(50代)

今年の11月22日いい夫婦の日に、娘が、「今日は何の日?」と言って小さな花束をくれました。
とてもうれしかった。


 ★ K.I.さま(30代)

健康診断で思わぬところに異常が見つかり、再検査を受けることになった私。
「もし病気だったらどうしよう?」と、落ち込んでいるところに、3月11日の大震災…。
なんとか再検査は受けたものの、震災のショックも重なり、結果を待つまでとても不安な日々を過ごしていました。

そんなとき、忘れもしない 3月21日のこと。
子どもたちが照れくさそうに、かわいくデコレーションした小さな箱を渡してくれました。
中にはかわいいヘアピンと、私への感謝のメッセージなどがいっぱいつまっていました。

どうやら、このところ元気がない私に笑顔を取り戻してほしいと、こっそり計画を立ててプレゼントを用意してくれたみたい。
その週末は雨が降っていて、外で遊びたがる子どもたちに、私は「心配だから、家の中にいなさい!」と怒ったばかりだったのに…。
計画停電の中、自動ドアやエスカレーターが止まっているお店ばかりのところを何軒もはしごして、やっと見つけてくれたプレゼントだったようです。

幸い検査の結果は異常ありませんでしたが、これからは愛する子どもたちのたに強く生きていこうと、心にしっかりと灯りがともった瞬間でした。


 ★ Y.Y.さま(20代)

忙しかったり、つらいことがあったときに心配して連絡をくれ、支えてくれる仲間がそばにいてくれると感じられたとき。


 ★ ★ E.Y.さま(30代)

主人が会社帰りに「お土産~」と言って、スライム肉まんを買ってきてくれました。
「半分こね」と言って、楽しそうに肉まんを袋から出している姿にほっこり。


 ★ M.S.さま(20代)

誰かが、誰かに、親切しているところを見たとき。
席を譲るとか、落し物を拾ってあげるとか。


 ★ T.T.さま(30代)

息子が「お母さんお料理上手だね。だっていつも美味しいんだもん。」と言ってくれた瞬間。


 ★ C.I.さま(30代)

昨年の今頃、「june」と刻まれた傘のイラストと、2011年 6月のカレンダーになったブックエンドが ONSA+「チーム夢かな」から贈られてきました。
年末に向かった慌ただしいときの本当に嬉しかったプレゼントでした。
私にとっていつもの6月はあまり記憶に残らない月でしたが、2011年の6月は何かが起こりそうな気がしました。
今年ほど「6月」を意識した年はありません。
ずっとやろうと思っていたけど重い腰を上げられなかったこと、ずっと誰かのせいにして後回しにしていたこと、自分がやってみたいと思っていたことを本当にやってみたこと…。
やってみれば、そんなに苦じゃなかったことがたくさんでした!!
後回しにしてたことを今やってみる月になりました。

あのクリスマスプレゼントのお礼がずっとしたくて。
本当に本当に、きっかけを作ってくださってありがとうございました!!!!


 ★ ★ A.H.さま(30代)

友達から結婚のお知らせメールをもらったとき。
小学校からの友達だったので、本当にうれしかった。


 ★ H.S.さま(20代)

1日が終わり、あったかい布団で、寝れるときです。


 ★ S.M.さま(40代)

”今” を生きるため、過去の物達も片づけ始めた私。「断捨離」を実践し、それでも出来なかった物達を「ときめく片付け」で、ゴミ袋大を 20個は捨てました。

それでもなかなか思うように片づかず、ちっとも綺麗にならない(T.T)と嘆く私に息子が一言。
「段々片づいてきてるじゃん」

「はっ!また出来ないと自分をせめるパターンにおちいっていた!言われて見れば、段々綺麗になって来てる!」
と肩の力が抜けたました。(~o~)
冷静に母を見る息子に、一気に ”今” に引き戻して貰えた瞬間でした。ほっこり。


 ★ R.K.さま(30代)

彼と別れる事になって、落ち込んでいるとき、姉に会いにいき、幼稚園の甥っ子もわたしのお話を聞いていて、
「そんなのもういいんだよ、新しいお友達また見つければいいだけだよ、怒っちゃだめだよ。」
って真顔で言われたとき、子どものいう事は単純だけど、そのとおりだなって思って、立ちなおるきっかけになりました。


 ★ ★ J.S.さま(40代)

ゆっくりホッと美味しいコーヒーを飲むとき & 一緒に美味しいチョコレートがあるとさらに幸せ。:)



<< 前のページ     次のページ >>

| 情報、こちらから受け取れます