ゆめかなニュース2019 |『夢かな手帳』- TOP

ゆめかなニュース
ゆめかなニュース2019 |『夢かな手帳』- TOP


画像
| 「ゆめかなニュース」へようこそ! 記事を時系列でご覧頂けます。
また、最新の情報リリースとタイムラグがある場合がございます。最新の情報につきましては、「ONSA 公式 blog」をご訪問ください。


2019年2月22日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

『夢かな手帳』17(いーな)周年ギフトセール。
たくさんの方にご参加をいただき、ありがとうございます。


つむじ風が、吹き抜けた感じがいたしました。

こちらのニュースに関しては、後々また、記事をお届けしますね。



| たくさんのご参加、ありがとうございます!


| まだ、続いていますよ!


数字が語るメッセージが、届いております。

「ありがとう」
とお伝えしたく、私もメッセージを。




| ご縁を、ありがとう


先週、打ち合わせがありました。
その席で、編集者が嬉しそうに抱えてきた、数字のニュース。

「売上部数が、年末時点で、昨年を超えました!!」

あくまで、年末ベースの数字。
でも、明らかに2018年よりも、数字が増えています。
(1冊とか2冊、10冊とかいう、いわば、数えの「誤差レベル」ではないですよ)


「やったー!」です。
なぜなら......もう、ご存知ですね。

数字は、メッセージ。
単に「売上が増えました」という、お金とかビジネスの問題じゃない。


ご縁が、増えた。
出会いが、増えた。

1冊の陰には、お一人の方。
体温を持ち、自分だけの言葉を持ち、願いと悩みを持った、大切なお一人がいらっしゃいます。

そして、10冊のかげには、10人の方。......その全員が、それぞれ、違う夢を持っている。
尊くて、きらめいていて、かけがえのない、それぞれの人生。

そんな、大切な人生と、縁が増えた。

数字は、そのメッセージ(のひとつ)。
だから、純粋に、とても嬉しいです。

あらためまして、こんにちは。


文節区切りの線


担当、1年目。気合を入れて、一生懸命思い入れて作ったのに、(ごめんね蒸し返して)発売当初に、ガツンとやられて、へこんでいた編集者。
でも、結果的に数字が、がんばりを証明してくれました。

へこんだことで、優しいメッセージもまた、たくさんいただきました。
使ってくださる方ふくめた、大きなほうの「チーム夢かな」の輪に、感謝です。



『夢かな手帳』を持っていたら、あるいは、使ったことがあったら。
あなたも、「チーム夢かな」の一員ですからね。


だから、共有したくて、メッセージを。

いつも、ありがとう。
そして、私も「チーム夢かな」制作班も、同じ手帳でつながっているあなたの幸せを、いつも祈っています。





>> 本記事 " 『夢かな手帳2019』シリーズ | 数字が届けるメッセージ"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます



2019年2月27日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

『夢かな手帳』ですが、ニュース山盛り。1つずつ、参らせてください。

まずは、怒涛の疾風がふきぬけた、『夢かな手帳』17(いーな)周年ギフトセール。


楽しんで、いただけましたか?
みんな、自分の惹かれるものと、ご縁が紡がれました?
(もしそうなら、本当によかった!)

本日は、その続報から。
疾風はいったん去り、ただいまは、南風が吹いております。

ひとつ、またひとつ。
ご縁の方の元に、「その方のものに、なるはずだったもの」が、旅立っております。




| ご縁、ありがとうございます!


ところで私、こんな経験をしたことがあります。

スノーボードを、かなり激しく、やり込みます。
どの界隈でもそうですが、スノボ界にも「伝説」と呼ばれる板がありまして、そういう板は、シーズン初頭に、早々になくなってしまう。
あるいは、予約だけで、売り切れてしまう。
......そんなもんです。

私が、その板をほしくなったタイミング。
それは、シーズンも終わるという、3月。
しかも、そのブランドのシグニチャーとも言える、一番人気の板です。

現実的に考えて、市場に存在するわけがない。

そういう板ってもう、12月には、おおかた SOLD OUT なんですよ。
3月はむしろ、翌シーズン発売の板の、試乗のシーズン。

でも私は、そのシーズンの色が、好きだった。
次年度発表予定の色は、好きじゃなかった。
ですので、何としても、「その板」「その色」が、「その時」にほしかったのです。

この時点で、いかにむちゃくちゃなリクエストか、わかりますよね。

文節区切りの線


探しました......が、あるわけありません。
まあ、当たりまえですよね。
どこを、どう探しても、ない。


そんな時、一緒に検索してくれていた友人が、ポツリ。

「......あった。奇跡」

ウソ......じゃなかった。
本当に、ありました!

たった1枚だけ、ほしかった、まさにその板。
しかも、新品。

「こっちだよ」と、まるで輝いているかのよう。

その板は今、私の愛板となって、大切に一緒に暮らしています。

縁って、つまりは、こういうものなのだなあ。
縁って不思議と、早どり競争ばかりでは、ないみたいです。






あらためまして、ギフトセール。
最初の疾風が吹き抜けたあと、ぽつりぽつりと、ご縁が紡がれています。

「実は、ほしかった」
「まさか、あるとは」

重ねて、その方に紡がれるご縁って、あるのですね。


次回以降の記事では、そんなご縁を、大切に紡がせていただきたい。
そうこうしているうちに、なくなってしまうかもしれませんが、その時はご容赦を。

| 持つ人を、あでやかに見せてくれる手帳カバー
02 | いろどり
04 | 花がさく
05 | かくじつに
-
| 持つ人を、オリジナルに見せてくれる手帳カバー
24 | 幸せに根をはる
29 | 居場所をつくる
-
| 持つ人を、heartfelt に見せてくれる手帳バンド
42 | 恐れを手放す
43 | 内なる声をきく
44 | 一歩を踏み出してもいい


あなたにご縁のあるものが、ございますでしょうか。





それでは、また!

>> 本記事 " 『夢かな手帳2019』シリーズ | ご縁は、必要な時に紡がれるみたい"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます



2019年2月28日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

個人的に、
「持つ人を、綺麗に見せるモノ」
って、あると思います。


ONSA Yukkuri Store の革製品で申しますと、まさに、これら。



| 02 | いろどり


| 04 | 花がさく


| 05 | かくじつに


よく、あるじゃないですか。
黒いジャケットで、内側から、ちらっとピンクの裏地がのぞくみたいな。

「みんなと同じに見えて、実は違うのよ」
「同じと思ってもらったら、困るのよ」
みたいな感じ。

場をわきまえた控えめさと、頭の良さ。
でも、反骨精神も忘れない、そのバランスが、持ち手の個性をあらわしていますよね。



......そういうの、たまらなく好きなのです、私。

| 持つ人を、あでやかに見せてくれる手帳カバー
02 | いろどり
04 | 花がさく
05 | かくじつに
-
| 持つ人を、オリジナルに見せてくれる手帳カバー
29 | 居場所をつくる
-
| 持つ人を、heartfelt に見せてくれる手帳バンド
42 | 恐れを手放す
43 | 内なる声をきく
44 | 一歩を踏み出してもいい


「手帳カバーの裏に、布を貼る」という、華麗な技術。
ONSA Yukkuri Store では、初の試みでした。

市販品でも、この技を使っているカバーは、そうそう見ないですよね。

それはそう。
とっても手の込んだ、技術。

このカバーを担当してくださった、職人さんが、それができる方でしたので、成立した技です。

まさに、
「黒ジャケットの裏に、ピンクの布」
的な、素敵可憐な手帳カバーができました。

この職人さん、もう引退です。
ONSA Yukkuri Store では、おそらく二度と、発売できない技。


今あるものが出終わりましたら、文字通り、在庫完了です。
私の手元にも、なくなります。


ご縁のある方は、ぜひ。


>> 本記事 " 『夢かな手帳2019』シリーズ | ちらりとのぞく、反骨精神の魅力"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます



2019年3月3日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

ほんの今しがた、弊社公式メールマガジン[ONSA 通信]にて、最新情報をお届けしました。
告知許可が出ておりますので、お知らせを申し上げますね。

「17(いーな)周年」から、「18(イェーイ)周年」へ......。

『夢かな手帳2020』、ただいま制作中です。




| 2020年度も、一緒に時間を!


多くの日本人の方にとって、決して忘れることができない年になるはずの、2020年。
ふたたび一緒に、時間を過ごせること、本当に嬉しいです。

その輪の中に、あなたが、いてくださること。
ご縁に、深く感謝です。



ただいまは、最初の打ち合わせも完了。
黙々と、下案を作っています。


そして......お知らせしたじゃないですか。
「ちょっと、見直しますね」
と。

すでに、見直しの提案は完了していて、その方向で進めています。
(↑ やれないことは、言わない。言ったことは、やるタイプ)

そのほかにも、新しいアイディアが、いろいろ。
「ずっと変わらず、そして、大きく変わる」
そんな、2020年になりそうです。


プロセスは、当ブログで、刻々共有して参りますね。



| また一緒に、過ごしましょう!


あなたの時間を、最高に輝いたものにするための、お手伝い。
おかげさまで、「チーム夢かな」一員(著者)の私も、とても、楽しませていただいております。

まさに、コラボ。

本チームの中での、あなたの役割は、最高に輝いた自分自身を生きること!
『夢かな手帳』を土台にして、この時間の中で。

「17(いーな)周年」も、「18(イェーイ)周年」も。
一緒に、楽しみましょう!



それでは、また。




2019年3月3日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

17(いーな)周年と、18(イェーイ)周年の話題をお届けしたところで、期間限定手帳カバーのお話に。
「幸せに!」という名の、手帳カバーです。

これ、チャームがついているんです。
しかも、こんなにきれいな色が出ているのに、本革。




| 貴重な、ラスト1点


ONSA Yukkuri Store では、これ以外、青色の手帳カバーを扱ったことがない。

青って、どこか、変容の色ですよね。

ギフトタイトルが、「居場所をつくる」。
このカバーにご縁がある方は、自分の居場所をつくるための、変容の旅に出るのかな?

| 持つ人を、あでやかに見せてくれる手帳カバー
02 | いろどり
04 | 花がさく
05 | かくじつに
-
| 持つ人を、オリジナルに見せてくれる手帳カバー
29 | 居場所をつくる
-
| 持つ人を、heartfelt に見せてくれる手帳バンド
42 | 恐れを手放す
43 | 内なる声をきく
44 | 一歩を踏み出してもいい




1点ずつに、物語がある。

受け渡すこちらも、ワクワクします。
これから、どんなストーリーが、はじまるのだろうか......と。

あなたにご縁のあった、あなただけの、1点。
きっと、あなたの日常の中で、新たなストーリーを刻んでゆくのでしょうね。



それでは、また。


>> 本記事 " 『夢かな手帳2019』シリーズ | 「幸せに!」という名の、手帳カバー"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます



2019年3月8日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

『夢かな手帳2020』、準備着々です。
今は、打ち合わせと、構成段階になります。



| 「自己肯定って、自分にしかできない」 自分で書いておきながら、そのとおり!


『夢かな手帳2019』17(いーな)周年の記念品のほうも、残りわずかとなって参りました。
1週ごとに、確実に、減ってゆきますね。

3月13日(水)で、いったん、店じまいです。
ご希望の方は、このチャンスにどうぞ!



特に、手帳バンド。
単品で取り扱いがあるのが、残り、あと2点となりました。


| コロンと丸い、万能ボタンバンド
| 持つ人を、あでやかに見せてくれる手帳カバー
02 | いろどり
04 | 花がさく
05 | かくじつに
-
| 持つ人を、オリジナルに見せてくれる手帳カバー
29 | 居場所をつくる
-
| 持つ人を、heartfelt に見せてくれる手帳バンド
42 | 恐れを手放す
43 | 内なる声をきく


手帳周りのコモノの中でも、手帳バンドは、扱える職人さんが限られます。
そのため、おそらく ONSA Yukkuri Store では、今後取り扱わない可能性が、限りなく大。
(腕がよく、センスのいい職人さんとの、出会い次第になってしまいます)





残り、あと2チャンスのみ。
ご希望の方は、お早めにどうぞ。

誰のもとに、旅立つのかな?

それでは、また!


>> 本記事 " 『夢かな手帳2019』シリーズ | 17(いーな)周年ギフトセール、残りあとわずか"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます



2019年3月14日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

今朝ほどでしょうか。
弊社スタッフが、リンクを紹介してくれました。
皆さまにも、ご紹介しちゃいますね。

| All About より
「片づけ」で自分のお金と時間を取り戻す方法

* リンクに、日本語表記が含まれています。
ページをひらけない方は、タイトルを直接、ブラウザにペーストしてみてください。


そうです。
それは、私です。

そして、時間は、すべての原資。
時間は、すべての経験を生み出す、命同然の存在です。




| それは、わたくしでございます


私、細かいこと、あまり気にしません(笑)。
職業柄、書籍やワークショップがそうだと困りますが、それ以外はあまり、気にしない。

それよりも、自分の作ったものが、誰かの幸福のインスピレーションの元となったり、役立ったりしたら、とても嬉しい。
もし、あなたのお役に立てたなら、そのことが、とても嬉しいです!




| 誰もが、それぞれ「第一希望の人生」を持っている!


『夢かな手帳』を、お使いくださっている、皆さま。
あるいは、
「ちょっと、興味あるかも」
そう思ってくださっている、あなた様。


時間は、二度と戻ってこない、宝。

「どうせ、昨日と同じ、繰り返しのような日」
そんな日から、自分を脱出させることができるのは、自分。


「今」に、ほとほと、退屈していたら......。
時間を整理することを通じて、心の中から、もう一度、夢を見つけてみませんか?

「うまくいった」
「うまくゆかなかった」
が、たぶん、問題ではない。

「今」が、昨日よりほんの少し、楽しくなる。
色づく。

「今」という時間が、息をふき返すことの方が、きっと、ずっと重要です。



>> 本記事 " 『夢かな手帳2019』シリーズ | そうです、それは私です。お役に立てたなら嬉しいです"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます




前後の記事を見る
お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズをもとにした公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。
「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。

TO TOP