ゆめかなニュース2019 |『夢かな手帳』- TOP

ゆめかなニュース
ゆめかなニュース2019 |『夢かな手帳』- TOP


画像
| 「ゆめかなニュース」へようこそ! 新しい記事から、時系列でご覧頂けます。
また、最新の情報リリースとタイムラグがある場合がございます。最新の情報につきましては、「ONSA 公式 blog」をご訪問ください。


2018年7月18日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


こんにちは、藤沢優月です。

『夢かな手帳2019』制作現場の秘密。
前回は、「級数表」をお見せしました。




| これが「級数表」でした


思うに、いろいろな仕事それぞれに、その仕事独特の道具ってあるんだろうなあ。
興味津々。

ところで、ただいま「秘密」と書きましたが......。
実のところ、特に、秘密でも何でもない。

今回の配信でも、制作現場の模様を、お届けいたします。
皆さまに楽しんで使っていただきたく、現場もいろいろ、知恵をしぼっておりますよ。

文節区切りの線


リスペクトの意味も込めまして、今回は、こんな話題を。
藤沢の、デザイナー様への、赤裸々な指示書きです。

毎回、思っているんですよ。
この指示書きを、具体的な「形」にしてくれる、現場のデザイナーさんすごい!!

著者の私からすれば、まるでみんな、魔法使いみたい。


「いやー、すごいなー!」
と思いながら、あっというまに17年。

日ごろお世話になっております、「チーム夢かな」制作班の、皆さま。
毎回、華麗な魔法を見せてくださって、本当にありがとうございます。




| 「チーム夢かな」制作班のみんな、いつもありがとう!


赤裸々な指示書きの、完成形のほうは、皆さまよくご存知ですよね。
なぜなら、16年ぶんの『夢かな手帳』の現物が、存在します。

その上で、「チーム夢かな」制作班の皆さまは、こんな指示書きに耐えてくださっているのですよ。

......いや。
場合によったら、耐えているのは、笑いのほうかもしれませんけどね。



その指示書きの、中身はといえば。一端をお見せしますと、こんな感じ。



| 「こんな感じにしてー!」と、罫線の指示。


分かります?
赤ペンではなく、黒ペンで、書き加えられた項目が。



| すると、こんな華麗な仕上がりに!


華麗です。

でも、このあたりの指示は、まだ意味が分かるでしょ?



| 「おさまりませんか?」


「おさまりませんか?」
という言葉に、哀愁と圧力が漂います。

「おさまるはずです!」
にも似た強さを感じるのは、書いた私だけ......?



| 「ここへ流し込んで下さい」


本って、意外にていねいな手作業で、データが組まれているんですよ。

「流し込め」という、紙の上からの圧力。
こういう指示でデータを動かしてくださることに、感謝しかないです。



| 「何らか処理」


だんだん、ひどい様相が......。

「ふき出し」と書いてあって、あとは「何らか処理」ですもんね。
指示と言えるのか。



| 「センスに期待!」って......。


これは、現場が吹いたかもしれんやつです。
「センスに期待!」って、丸投げやん。


......と、いろいろ書きましたが。


17年という時間が、物語る事実もまた、ございます。

現場を、とても信頼しています。


いつも、私のざっくり指示......そして何より、
「読者のみんなに、見やすくて楽しくて、1年楽しく過ごせる手帳を!」
という希望を、具体的な形にあらわしてくださって、本当にありがとうございます。


ちなみに、次回もまた、指示バリエーションをご披露。

これもまた、ひどいですよ。
お楽しみに!


>> 本記事 " 『夢かな手帳2019』シリーズ | 怒涛の著者指示書き vol.1"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます



2018年7月13日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


こんにちは、藤沢優月です。
『夢かな手帳2019』のニュースを、お届けしています。



| 「チーム夢かな」の、頼れる方たちです


ふだんは、特に気にならなくて......。
そして、不便になると、とたんに、気になることってありますよね。



たとえばそれは、紙の手触りとか。
ささいではあるけれど、色とか。

文字だって実は、同じだと思います。

特に気にならない時は、きっと、うまくいっている時。
ところが、いったん読みづらくなると、とたんに、気になってくる。



そんなことが、起こらないよう......。
『夢かな手帳』では、文字の大きさもフォントも、毎年必ず、見直しているんですよ。



| 文字だって、読みやすく


じゃん。
これは、「級数表(きゅうすうひょう)」です。

マニアックな道具。
デザインを学んでいた方は、これを見ると、うなされるとか(笑)。



| 「級数表(きゅうすうひょう)」です


「でも、けっきょくこれが、いちばんわかりやすい」
デザイナーさんが、そんなふうに笑っていたのが、印象的でした。

-

『夢かな手帳』シリーズでは、毎年必ず、違う大きさで、文字を出力してみます。
その時々で、読みやすいか読みづらいか、目で実際に見て、確認するのです。



| 違う大きさで、いくつも出力してみる


数字も同じ。
何種類か、違うフォント・違うサイズのものを出力して、原寸で比べています。



| 比較して、最適なものに決めています


本当にささいなことなのですが、でも、「読みやすさ」は、とても重要。


もしあなたが、今まで特に、何も気にしたことがなかったら。

それはきっと、
「その読みやすさ、成功しています」
「気にならないのが、いちばんいい」

ということではないでしょうか。



| 「気にならないなら、大成功!」


それでは、また!




2018年7月11日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


こんにちは、藤沢優月です。

7月に入り、ぐんぐん暑くなって参りました。
体調など、崩さずにいらっしゃいますか?

文節区切りの線


『夢かな手帳』は、ニュース続きです。

『夢かな手帳』シリーズの版元である、ディスカヴァーさんに、「手帳」専用の twitter ができました!
他の素敵な手帳ラインナップ同様、『夢かな手帳』の情報も、配信していただいております。




上記「手帳」twitter ですが、毎日情報が更新されています。

「今日は○○の日」
ではじまって、とってもかわいいんですよ。
毎日更新されるのが好きな方は、ぜひチェックを。

ちなみに......。
聞き込みの結果、手描きイラストは、「手帳」セクション担当者(男性)のお手製と判明。
(フフフフ。)


そして、ピンポイントで、確実に情報をつかまえたい! という方には、メールマガジンがおすすめ。

「『夢かな手帳』公式メールマガジン」、ございます。

こちらも、もしよろしければ、エントリーしてみてくださいね。


ちょっとフライングの、予告ですが......。

2018-19シーズンの『夢かな手帳』は、イベント類がいっぱい。
その情報のどれもを、上記でいちはやく、配信させていただく予定です。


もしよかったら、チェックしてみてくださいね!
それでは、また。


>> 本記事 " 『夢かな手帳2019』シリーズ | 例の鳥が出動中。出版社「手帳」twitter できました"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます



2018年7月6日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


こんにちは、藤沢優月です。

『夢かな手帳』シリーズは、気づけば17周年。
本当におかげさまで、長い期間にわたり愛していただき、感謝申し上げております。






これだけ長い期間、シリーズが続きながらも、編集者がずっと同じであったというのも、『夢かな手帳』シリーズの特徴。

『夢かな手帳』の編集者といえば、イコール「千葉さん」。
このふたつは、イコールでしたね。

そんな中、
「仲良く仕事をしているのなら、なんで編集者が交代するの?」
という疑問も、あるかもしれません。

でも、お察しつく感じではないでしょうか。
ヒントは、「17年」です。

17年の時の流れとともに、千葉さんが、偉くなってしまったのです!!!


文節区切りの線


「チーム夢かな」らしい、ストーリーだなと思うのですが......。

偉くなった千葉さん。
他のいろいろな仕事は、部下にふりつつも、『夢かな手帳』だけは、最後まで関わり続けてくれていました。

ちょっとだけ、小耳話をいたしますと......。
この、『夢かな手帳』。
編集者千葉さんも、著者藤沢も、お互いに、自身のキャリアのスタートから関わっている仕事。

つまり、この仕事がイコール、自分の仕事の歴史とも、なるわけなのです。


それだけ、思い入れもひとしお。
千葉さん、本当にありがとうございます。


その上で、忙しいものは、忙しい。
今は千葉さん、みんなの仕事を、総括する立場となりました。

それゆえ、『夢かな手帳』の編集者は、17年目にして、交代となります。
(重ねて、......長い!)

ご紹介しますね。
『夢かな手帳』シリーズの2代目編集者、渡辺さんです。



| ブルーのシャツが、渡辺さん


| おとなりは、デザイナー矢崎さんです


個人情報保護法の世の中です。
全容は、お見せできません。

渡辺さんを、私からご紹介させていただけることがあるとすれば、

-
・理系の大学院出身の、異色の編集者
・文系の仕事であるのに、理路整然としていて、落ち着いている目線の持ち主
・イケメンなのに(←これは関係ないですが)、きわめて地道に仕事をこなすタイプ

-

何より、「チーム夢かな」にとってはレジェンドである千葉さんの、一押しの人物。

これはもう、何よりの太鼓判。
お任せして、大丈夫ということ!



そして、ご安心ください。
千葉さんは、「チーム夢かな」を離れたわけではナシ。

『夢かな手帳』が、これからも、読者の皆さまにとって、使いやすい手帳であり続けるために。
今度は舞台裏から、たくさんの力を貸してくださっています。


たとえるならば、作戦総本部の長が、『夢かな手帳』のことを、いちばん知ってくれている人になった。
別の言い方をすれば、最後の防波堤が、1代目編集者。

『夢かな手帳』の現場として、こんなに、心強いことはないです。
この場をお借りして、あらためて、千葉さんにお礼と感謝をお伝えさせてください。



| 共に、たくさんの歴史を刻みました


そして、『夢かな手帳2019』は、ニュース続々。
本当におかげさまで、豊かな17年目を、皆さまと共有です。

この後も、ニュースが続きます。
次のニュースは、例の有名な「鳥」の話題です!







2018年7月6日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


こんにちは、藤沢優月です。

2018年の、7月7日(七夕)前日。
大雨がとっても心配な、七夕前日となりました。

昨日は、北海道で、大変な雨だったと聞きます。
そして今は、関西・九州地方が大雨。

自然現象だけは、人間の手で、どうにもできない。
一人も多くの方が、安全安心に守られる七夕となりますように。

文節区切りの線


七夕といえば。
『夢かな手帳』では、「七夕プロジェクト」というイベントを過去に、行わせていただいておりました。

読者の皆さまから、メッセージをいただいて、7月7日にウェブ上の短冊に掲載させていただくイベントです。


 『夢かな手帳』「七夕プロジェクト」
  過去のイベントの内容は、こちらから見られます

  * ページジャンプしたら、ぐぐーーっとロールダウンしてくださいね

こんなかわいらしい、ゲストも来てくださいました。
短冊に、せっせと紐を通してくれて、みんなの夢を、応援してくださったのです。



| かわいいですね!


| ちなみに、親御さんの許可をいただいて、画像公開しております


先ほどわたし、
「親御さんの許可をいただいて、画像公開しております」
と書きました。

ですが実際は、「親御さんの許可」どころでなく......。

「わたしがうつるーーー!」
「ずるいーー○○ちゃんばっかり!!
「わたしも撮ってー!!」


積極的すぎる姿勢、そして、立ち位置の奪い合い。

......元気です、子どもちゃん(笑)。


そんな子どもちゃんたちですが、こんなメッセージを掲げてくださいました。



| みんなのゆめが、かないますように


| 見慣れた、名物編集者の名前が......


「千葉さん」といえば、長いこと、『夢かな手帳』編集者として、私どもにとっての「鉄板編集者」でした。

ところが......。
ここに来て、その版図に、地殻変動が!!



>> 本記事 " 『夢かな手帳2019』シリーズ | 笹の葉サラサラ。穏やかな7月7日となりますように。"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます



2018年7月4日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


こんにちは、藤沢優月です。

1年とは、なんと、矢のようであろうか......。

2018年も、この季節がやって参りました。
『夢かな手帳2019』の、打ち合わせ風景です。



| 2019年版の、打ち合わせ中です


| 真剣検討がくりひろげられ......


前年までの作品の、よかった点や、反省点。
次は、どうやってもっと、便利にするか......。

主役は、あくまでも、使ってくださる皆さま。
同時に、制作側としては、言葉にならぬ様々なメッセージを、しっかり形にしたい。


『夢かな手帳2018』で問題となった、紙質の件も、しかり。
ずっと、何の問題もなく続いてきたものは、やっぱり変えたくない。......変わってみて、はじめて分かる不便さって、ありますよね。


そんな中、『夢かな手帳2019』には、さまざまな地殻変動が。



| あれっ? 新たな登場人物。


手フェチの皆さま、注目です。

『夢かな手帳』制作チーム......通称「チーム夢かな」に、新たな登場人物。
次回の配信で、皆さまに、ご紹介いたしますね。


>> 本記事 " 『夢かな手帳2019』シリーズ |「チーム夢かな」に、新たな登場人物が登場!?"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます



2018年7月1日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


こんにちは、藤沢優月です。

早いもので、今年もこの季節が、めぐってきましたよー。
きたる2018-19シーズンの『夢かな手帳』は、著者の目から見ましても、ニュースがいっぱいです。

その様子は、刻々と配信させていただくとして......見てください。


| 終わりと、新しいはじまりの予感

なかなか壊れるものじゃない、日本のペン。
それが、スクリューのところから、ぽっきり折れております。

さいしょは、スクリュー部分が回ってしまって、外れたのかと思いました。
でも、よくよく見たら、ポッキリ折れていた。

|;゚ロ゚|

あまりに酷使してしまったので、プラスチック部分が、耐えきれず折れたというか......。
どんだけ書くのよ、私。


何年相棒をつとめてもらったのか、不明のペン。
中身はもちろん、例のインクでございます。


終わりと、はじまりの予感を覚えます。
......というわけで、『夢かな手帳2019』も、いよいよ情報解禁となります。


続々お届けしますので、どうぞお楽しみに!





前後の記事を見る
お知らせ |『夢をかなえる人の手帳』シリーズをもとにした公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。

TO TOP