ONSA WORKSHOP | 一度に、ひとつずつ。「今」目のまえのことだけ

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。
「あたたかな世界に、もどってゆく」がコンセプトの ONSA WORKSHOP を、書籍出版のキャリアと同じ長さぶん、主催しています。


ONSA WORKSHOP はただいま、対面式も、ウェブも開催中。
大勢の「お仲間さん」が、人生を変えているさいちゅうです。

日々の歩み、しっかり拝見していますよ。
安心してください。


文節区切りの線


変化の時、とても重要なフレーズがあります。
それは、

「一度に、ひとつずつ」
「『今』目のまえのことだけ」


ということ。


不本意だと、気づいてしまった現状。
仕事、人間関係。
さまざまな、違和感……。
そんな状況を変える時は、なるべく早く、そうしたいと思ってしまう。

あれもこれも、嫌だ。
すぐに、全部変えたい。
こんなふうに、つい、焦りがちになります。

わかります。
だからこそ……なのですが、焦ってはいけない。

逆説的なのですが、焦ることに、よい効果がない。
なぜなら、「焦ること」と、「変えられること」のあいだには、なんの関係もないから。


その代わり、

「一度に、ひとつずつ」
「『今』目のまえのことだけ」


これが、効きます。


食べるときは、食べることだけ。
お風呂に入るときは、お風呂だけ。

読むときは、読む。
寝るときは、寝る。

過去の繰り返しパターンを、できるだけ、「今」に持ち込まないのです。
まっさらで、どんな可能性もある「今」を、過去の繰り返しで、汚さない。



とても、逆説的にできています。
「今」にだけ、集中すると、ものすごい速さで、何かが変わってゆくのです。

変化の、重要なキーフレーズ。

「一度に、ひとつずつ」
「『今』目のまえのことだけ」
です。


新刊 & 大定番 好評発売中 |
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。
| 情報、こちらから受け取れます