ONSA WORKSHOP | もうすぐ申込クローズ。受け身で待つのをやめる。幸せは、自分の手でつくる

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。
ONSA Web. WORKSHOP(WEB-01)新春号、もうすぐ募集締切。
新しい船出です。

あなたもぜひ、仲間入りしてください!

文節区切りの線


ONSA WORKSHOP は、端的に言うならば、こんなことをしています。

「自分と、仲直りする」
「自分を、好きになる」

「自分の人生に、誇りを持てるようになる」
「自分の力で、生きてゆけるようになる」



なぜなら、不思議なことが、起こりませんか?

「今度こそ、やった!」というような、何かを成し遂げた。
あるいは、やっと、素敵な誰かと出会えた!

その時の、最初の「上がった」気分。
……それって、けっこうすぐに、賞味期限が切れません?


(なんで?)


なぜなら、あなたの幸せは、外側からは、やってこないから。

外側に、あなたの安定や、幸せを保証してくれる人は、いない。
どんなに、地の果てまで探しても、存在しない。

誰も、あなたの人生を、背負えない。
想像するぶんにはロマンチックだけれど、でも実際には、起こらない。


こうやって、いつまでも「誰か」や「他人」……外側の現象に期待を寄せて、
「いつか、『本物』の誰かと会えば」
「いつか、『これ!』という、いいタイミングの出会いがあれば」
「その時、何かが変わるだろう」
「何かが、スタートするだろう」
こんなふうに、見知らぬ「誰か」に、人生の決定権を期待している状態を、「共依存」状態といいます

自分の人生なのに、自分に重心が「ない」状態。
自分以外の誰かに、自分の人生の幸せを、期待している状態です。



さらりと話していますが、この「共依存」状態。
とても恐ろしい結果になります。

そのまま、日々が過ぎ去って、ただ時間(年齢)だけが重なっていったら、……どうなる?

実際、期待しているような、ドラマチックな「何か」は、起こらないです。
一瞬起こっても、すぐに、消えてしまう。
なぜなら誰も、他人を幸せにするという重責は、負えない。……重ねて、想像するだけなら、ロマンチックですけれど、幻想を現実応用すると、ホラーになります。


ホラーで重くて、先の見えない時間は、いやです。

だから、ONSA WORKSHOP では、みんなで集まって、共に学んでいます。
学ぶことで、それぞれ自分に、生きる力をつけるため。

自分で、自分を幸せにするため。
そして、同じように考える、自立した人たちと、ともに幸せを築くためです。


(↑ ここが、大違いなポイントです)


幸せを、ただただ受け身で、待っていない。

自分の手で、自分の幸せを、つくり出します。
そうして、似た人たちと、共に生きます。

あなたも、ぜひ、仲間入りしてください。
“恐ろしい” のは、未来予想図の中だけで、たくさんですから。

実際に生きるのは、温かくて、安心で、自分を好きになれる未来にしよう。



それでは、また。

新刊 & 大定番 好評発売中 |
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。
| 情報、こちらから受け取れます