2019年も、しみじみです。ご縁を、ありがとうございました

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。


……ぷっはー!! 

という声が、聞こえてきそうです。
どんな時間を、お過ごしですか?


きっと、
「仕事納めが終わって、やっと、落ち着いてきたよ」
という方も。

あるいは、
「むしろ、慌ただしくなった!」
こんな方も、いらっしゃるかもしれません。

気づけば、2019年もラスト1日。
本当に、おつかれさまです。


文節区切りの線


私(藤沢)はと申しますと、私もまた、「ぷっはー!!」という感じです。

仕事納めにより、まずは、外向きを完了。
その後、締めるべき仕事を、ひとつずつ納めてゆき、事故なく完了しているかのチェックです。

整理整頓をせず、ごちゃごちゃっと持ち越すと、もやもやした気持ちのまま、新年を迎えてしまう。
それが吹き溜まると……嫌な感じになるんですよね。


粘って粘って、整理整頓もうすぐ完了。
気持ちよく、大晦日の夜が迎えられそうです。


文節区切りの線


いくつか、ご連絡があります。
その前に、まずは、2019年締めのご挨拶をお許しください。


2019年も、温かなご縁を、ありがとうございました。
2020年も、あらためまして、どうぞよろしくお願いいたします。

幸せに、個数制限もないし、みんな、自分の幸せを築いているさいちゅう。
競り合いも、「上げ」「下げ」も必要のない、こんな価値観の中……。あなたと温かなご縁をいただけて、本当に幸せに思っています。