ONSA WORKSHOP | ガマンして生きる時間は、とにかく、長い。

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。
「自分と、もっと出会ってゆく」がコンセプトの ONSA WORKSHOP を、書籍出版のキャリアと同じ長さぶん、主催しています。

文節区切りの線


私、日ごろ、
「時間って、あっという間ですよね」
と書いています。

でも、それは、自分の人生にチャレンジしはじめてから。
とうてい、そう生きられなかった頃の、私の時間はといえば……とにかく長かった。


過ぎ去らなかった。
いつまで続くの? このガマン……。



ガマンして生きる時間は、長い。終わらない。

「とにかく、やめたい」
「なにをやめたいか、わからない。でも、やめたい」

心は、生きているのか。それとも、死んでしまったのか。

何を感じているのか、よくわからないまま、ただ時計の上での時だけが、過ぎてゆく。
先が、まったく見えない。
それなのに、日々だけは、淡々と更新されてゆく。



ONSA WORKSHOP にご参加の「お仲間さん」なら、わかりますよね、この感覚。
とても、つらい。

ほんの少し前まで、この状態が「自分ごと」でした。


文節区切りの線


その状態を、どうやって、何とかしてゆけばいいのか。
一緒に、考えましょう。

ONSA WORKSHOP で、待っていますね。

大丈夫。
どんなにこんがらがっていても、必ず出られるから。


それでは、また。

| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。