ONSA WORKSHOP | いつでも、できることがある。安全に、一歩を進みました

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。
「自分と、もっと出会ってゆく」がコンセプトの ONSA WORKSHOP を、書籍出版のキャリアと同じ長さぶん、主催しています。

文節区切りの線


「おつかれさまでした」

本当に、それだけです。

コロナウイルス禍にある中、オンライン等もフルに使って、できる範囲で行なった ONSA WORKSHOP(対面式)春開催。

ご参加「お仲間さん」。
重ねまして、安全配慮へのご協力を、ありがとうございました。

お一人お一人に、心から、感謝申し上げます。


……それにしても、「0か100か」で考えないなら、できることって、けっこうありますね。

「その時、できる範囲で」
この考え方は、あらためて、とても大事だと学びました。

だって、これこそ、人生そのもの。



「いつか、完璧な条件がそろうまで」
なんて待っていたら、そんな条件は、永遠にそろわないから。


文節区切りの線


重ねて、安全は絶対。

その上で、人生はいつでも、「その時」しかない。

だから、その時々で、できるかぎり工夫したり、試行錯誤したりしながら、進んでゆく。

今回の開催は、まさに、それを体現したかのような開催でした。


そして今は、全員が、体調にじゅうぶん気をつける時。
免疫を満タンにして、誰一人欠けることなく、この時を乗り切りましょう。


おつかれさまでした。
安全配慮への感謝と、心からのご挨拶を、贈らせてください。


| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。