ONSA WORKSHOP |「対面式」春開催、全プロセスが無事終了。また一歩、大きな前進です

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。
「温かな居場所に、もどってゆく」がコンセプトの ONSA WORKSHOP を、書籍出版と同じ長さぶん、主催しています。

標題のとおりです。
「ONSA WORKSHOP(対面式)春開催」、すべてのプロセスが、おかげさまで無事終了しました。


ご参加の「お仲間さん」。
このような時期です。
安全な運営にお力をお貸しくださり、本当にありがとうございました。


何よりもまず、「全員が、安全に未来を作れること」。

全員の協力で、おかげさまでこの目標を、無事全うすることできました。
とても、感謝しています。


文節区切りの線


「ONSA WORKSHOP(対面式)春開催」の、ワークのプロセスの中で、たくさんの気づきや、変化がありました。
自分を知ってゆくのって……正直、楽しいですよね。


いちばん嬉しくて、そして、偉大だったこと。

それは、
「私には、できる!」
「できている」
「未来は、ひらけるのだ」
と、実感で気づけたこと。



自分の中には、未来を作ってゆくための、力がある。
自分の力なら、安心できる。

それを、いたずらに漏れさせてしまうのではなく、自分のために役立てる。
まだ弱い力なら、整理して、鍛えてゆく。



文節区切りの線


「自分と向き合う」
「自分で、人生を作ってゆく」


なにも、浮世離れしたことを、しているわけではない。
その証拠に、こんなふうにコロナ禍になると、日々していることの意味や価値が、いっそう理解できますよね。

ふだんの練習以上のものは、非常時には、出ない。

ふだんから「自分と向き合う」習慣を続けているからこそ、非常時にも、安心していられる。
自分の人生を支える力が、確かに、鍛えられているのです。


お金には、とうてい替えられない、人生でいちばん大切な、あなたの中の力。
その力を日々、鍛えている。

人生の根本であり、この時間を生きる上で、必須科目のレッスンですね。



ご参加「お仲間さん」。
本当に、おつかれさまでした!

あなたの勇気と健闘を、山ほど、褒めて差し上げてください。

新刊 & 大定番 好評発売中 |
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。
| 情報、こちらから受け取れます