ONSA WORKSHOP | 新しい瞬間が、刻々スタートしています[2]

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。
「自分と、もっと出会ってゆく」がコンセプトの ONSA WORKSHOP を、書籍出版と同じ長さぶん、主催しています。


自分の時間の「見つめ直し」を、スタートした「お仲間さん」。
この場で、時間の見直しをスタートして、正味半年ぐらいの時間が、過ぎているかもしれません。


本当に、ようこそです。
毎日、毎週、歩みを拝見しています。


文節区切りの線


時間って、おもしろいですよね。
なぜなら、反対側から言えば、こういうことって、言えたりするじゃないですか。


「心」って、目に見えづらいです。

その証拠に、何で困っているとか、どうしたいとか。
自分の、本当の本当の「本音」は、自分でも、わかりづらい。

私たちは、日々を衝突しないため、表面上の輪を保つため、今の人生を維持してゆくために、「本音」をしまいこんでいるかもしれません。


心はまるで、ミルフィーユみたいに、重なっている。
一層はぐと、その下にまた、層が見えてくる……。

「本音」までは、案外、距離感があります。
自分の中で起こっていることなのに、不思議ですよね。



ところが、この「本音」というやつが、とても大事。
人生をひとつずつ決めてゆく上で、絶対に、無視できないもの。

でも、心は「見えづらい」から、無視しやすい

簡単に、「なかったこと」にしてしまえます。

そうして、本当に簡単に、周りに合わせてしまえる。


文節区切りの線


だからこそ、ポイントがあります。

「時間」です。
「スケジュール帳」です。


ONSA WORKSHOP が、スケジュール帳(と『未来日記』)を使ってワークをするのは、そのため。
見えづらいものを、「見える」にするためです。


スケジュール帳の上には、あなたの決断の痕跡が、残っていますよね。
たとえ、無意識の決断だとしても、「見える」化できたら、追える。


「見える」と、理解できてゆく。
そして、いったん見えたら、変えてゆけます



毎日毎週、見守っています。
画面の向こう側からですが、応援のエールが届くでしょうか。


それでは、また。
(その調子です、ゆけゆけー!)

| 情報、こちらから受け取れます
| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。