ONSA WORKSHOP | 夏開催ワークショップ・クラス。全てのクラスが安全に完了しました

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。
「自分と、もっと出会ってゆく」がコンセプトの ONSA WORKSHOP を、書籍出版と同じ長さぶん、主催しています。


ONSA WORKSHOP(対面式)夏開催。
ご参加「お仲間さん」、本当に、おつかれさまでした!

皆さまのご協力のおかげで、すべてのワークショップ・クラスを、安全に完了することができました。

文節区切りの線


この夏も、たくさんの気づきがありました。

とうてい、「他人ごと」扱いで済ますことができない、真剣な学び。
そして、真剣な気づきです。


月並みな言葉ですが、向き合うのは、勇気がいる。
こんな、何文字かの言葉で表現し切れないぐらい、深くて大きいことです。

そして、ひとりじゃなかったら、できる。


みんなで集まって、それぞれの怖いところを、この夏も、抜けてゆきました。


文節区切りの線


「うまくゆかないこと」
「居心地の悪いこと」
「不可解なこと」
「割りに合わないこと」
これを、「私さえ、我慢すれば」で済ませることは、できない。


その方法をとれば、確かに、一時的・表面的には、解決するかもしれない。

たとえば、目のまえの人は、不機嫌にならないかもしれない。
あなたが自分をおさえて、譲って、犠牲になることで、場は、丸くおさまるかもしれない。


でも、……あなたは?


文節区切りの線


「感じている」ことは、目には見えないし、いくらでも、ごまかしてしまえる。
自分になら、簡単に嘘がつける。

私もあなたも、誰もが、この「なじみ」の道を、通ってきました。


いっぽうで、実際に「現実を変えてゆく」には、勉強と練習が必要です。
つまり、具体的行動が必要

それを、実際に「やった」あなたに、拍手を。


あなたの人生が、刻々、素晴らしいものになっているとしたら……。
それは、あなたが勇気を出して、刻々、行動しているからです。



大きく進んだ、夏となりました。
本当に、おつかれさまでした!

| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。