ONSA WORKSHOP | あなたが、あなたの味方。私も応援に、参加しています

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。
「自分と、もっと出会ってゆく」がコンセプトの ONSA WORKSHOP を、書籍出版と同じ長さぶん、主催しています。


刻々、時間が進んでいます。
そんな中、自分と出会い続ける旅も、進んでいます。



ONSA Web. WORKSHOP(WEB-03)にご参加の「お仲間さん」。
いよいよ、12週目を迎えていますね。

そして、WEB-04 にご参加の「お仲間さん」。
あるいは、新しくご参加エントリーの「お仲間さん」。
(実は、多い!)


本当に、ようこそです。
みんな、それぞれ、動いていますね。


文節区切りの線


私の経験から、ちょっとだけ、話させてください。

自分と向き合うことって、勇気が要りますよね。
なぜなら、実際に、こんなことが起こる可能性もあるから。




あなたが譲ったり、がまんしたり、のみこんだりすることで、成り立っている関係……。

そんな中で、あなたが、
「これは、……おかしいのでは?」
「いつも私が、がまんすることで、成り立っているのでは?」

そんなふうに、「気づいてしまった」ら。

もしかしたら、関係性が、変わってゆくかもしれない。

そしてそれは、とても不安定で、怖いことに感じるかもしれない。



これは、変化の最初に、誰もが感じること
私自身も、もちろん、そう感じていました。


そして、ここがポイントなのですが、実際に、変わってゆきました。


自分が我慢すること、犠牲になることで、成り立っている関係。
でももう、苦しいから、それは続けられない。

代わりに、
「自分自身の幸せだって、必要」
「だって、これは、私の生きる人生」
こんな当たりまえのことが、当たりまえに成り立つことが、必要。

本当に、ただ、それだけなのだと思う。



すると、力学が変わることは、おそらく、避けられないのだと思います。


文節区切りの線


自分の経験から、これだけは言えます。

勇気を出して、一歩を踏み出す。
自分の手に、自分の生きる人生を取り戻して、……とても幸せです。



最終的に、私が耐えることを前提に、成り立っている関係の中では、生きられなかった。

そのまま、時間を重ねてゆくことすら、想像できなかったです。
とても、苦しかった。



でも、その流れは、変えられる。

勇気を出して、一歩を踏み出す。
自分の幸せを、自分がリスペクトすると、決める。

状況を、理解して、練習する。
練習して、練習し続けることで、変えてゆける。本当に。




あらためまして、ONSA WORKSHOP の中で、今この瞬間も、たくさんの「お仲間さん」が、新しい未来を作っています。

重ねて、この場へ本当にようこそ。

| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。