ONSA WORKSHOP | スタートしたばかりの「お仲間さん」。対面式「境界線(バウンダリー)ワークショップ」が必須です

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。
「自分と、もっと出会ってゆく」がコンセプトの ONSA WORKSHOP を、書籍出版と同じ長さぶん、主催しています。


連続してのお知らせを、お許しください。
今は、この情報が必要な方が多いですので、念のため、お知らせを。

その上で、ONSA WORKSHOP には、いかなる強制もありません。
情報を参考にして、ご自身でお決めくださいね。

文節区切りの線


あらためまして、弊社(ONSA)がとりくんでいる、主テーマのひとつである、ONSA WORKSHOP。

これが何かというと、
「人生を、とりもどす」
「自分と、もっと出会ってゆく」
「温かな居場所に、戻ってゆく」

ための、ワークショップです。

要するに、
「現状を変えたいと思ったら、仕組みを理解して、勉強して練習して、本当にそうしようよ」
というワークショップです。


このワークショップ。
もう、18年も続いています。

つまりは、「本当に」現状を変えて、人生を変えていっている人たちが、多いということ

(正直、最高ですよね。反対に、ずっと苦しいままなんて、絶対に嫌です)


成功のポイントは、
「見込みで進めない」
科学データを使う
というところです。



文節区切りの線


具体的には、ONSA WORKSHOP(対面式)の中の、
「境界線(バウンダリー)ワークショップ」
というコースの中で、科学データを使います。

このコースが、すべての基礎となります。
そのため、継続してご受講されたい方には、このコースを「必ず」、通過していただくことにしています。



本コース。
この、秋開催が終了すると、次は2021年の夏開催の設定となります。


最近は、お初めてご参加の「お仲間さん」が、多々いらっしゃいます。
直近でスタートする、7月27日スタートの WEB-05 にも、お初めて「お仲間さん」が、複数いらっしゃいます。

「私は、このテーマに、しっかり向き合う必要がある」

こう感じている「お仲間さん」。
この秋開催で、「境界線(バウンダリー)ワークショップ」を、ご受講されてみてください。




次回は、2021年の夏ですから、あまりに遠いです。

それに今は、「対面式」もオンライン開催ですので、地方の方にとっては、交通費のハードルも低い。
ある意味、チャンスとも言えます。



以上、まずは念のため、ご案内まで。
あなた様の、未来の時間が、素晴らしいものとなりますように。


時間は、いったん堰を切ると、ものすごい勢いで進みます。

今は、世界中の時間が、眠りの時間。
こういう時間は、次の光の時期へ向けて、自分の力を鍛錬するための時間ですから。


| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。