ONSA WORKSHOP |【追加募集中】今、はじめたい「お仲間さん」へ。扉あいてます。限定、追加募集中です

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。
「自分と、もっと出会ってゆく」がコンセプトの ONSA WORKSHOP を、書籍出版と同じ長さぶん、主催しています。


画面の前を、うろうろされて、迷っている「お仲間さん」が、いらっしゃると思います。
ですので、お声だけ、かけさせてください。


あと数日限定で、あけています。
ONSA Web. WORKSHOP(WEB-05)。「コース0」と、「コース1」という、基本のコースだけ、追加募集中です。



文節区切りの線


積極的に声をかけるのは、こんなことを、経験的に知っているから。

誰でも、一歩目を踏み出すまで、とてつもなくハードルが高い。
ぐるぐる、ぐるぐると、迷う方が多いです。


それは、そうですよね。

「自分と向き合う」
とても、勇気がいります。


でも、それを避けては、生きられない。
それどころか、避ければ避けるほど、混乱して、時間がめちゃめちゃになってしまう。


文節区切りの線


ご参加前のドキドキとはうってかわって、これが、ご参加後に、よく聞く意見。

「怒られるかと思っていた!」
(なぜ?)

「それどころか、自分の味方になれと、励まされるなんて」
「こんなことなら、もっと早く、スタートすればよかった!」



特に、
もっと早く、スタートすればよかった!
これはもう、ほぼ全員から、まんべんなく聞く意見です。



毎日が、まるで綱渡りのようで、気が抜けなくて、張り詰めている。
それなのに、誰のために生きているのか、わからなくなっている……。


もう、これは、いいですよね。
方向転換の時です。


文節区切りの線

今は、信じられないかもしれません。
でも、あなただけが犠牲になることなく、全員が笑顔で生きられる世界だって、ある。

本当に、現実に、あります。

せっかくの、人生です。
そんな世界で、残りの時間を生きた方が、いいと思いませんか?



それでは、また。
ONSA WORKSHOP で、お会いしましょうね。

| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。