ONSA WORKSHOP |「共依存」という謎。この冬も、一緒に「自分」の謎解きを

「時間をとりもどす」「心をとりもどす」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。


「冬」という単語が、もう出てくることに、驚きです。
ONSA WORKSHOP(対面式)冬開催、冬の大勉強 & 大準備会[ だいだい会 ]の申込が、スタートしました。


すでに、お申込をいただきました「お仲間さん」。
本当に、ようこそです。





このワークショップ。何をするかというと、目的があります。

いわゆる「共依存」という現象の中でも、特に「人間関係」に特化して、学びます。
学んで、どうしたら改善できるのかの、計画を立ててゆくためです。


文節区切りの線


いわゆる「共依存」。
専門的な言葉を使えば、”人への嗜癖” と言われています。



ひらたく言うなら、こういうことです。

自分より、他人のほうを、無意識に優先してしまう。
そのため、気がつけば、「自分がない」状態になってしまっている。



「奥ゆかしい、美しい態度の人」ということでは、終わりません。
美徳には、なりません。
残念ながら。

なぜなら、巨大な弊害が出るから。
どう出るかというと、弊害は、こう出る。


「自分の人生なのに、自分が生きているという感覚が、わからない」
「生きることが、どこか、他人ごと」
「いつも、他人のことばかりで駆けずり回っていて、自分の時間がない」

「気がつけば、周りは交際したり、結婚したり、幸せにやっている」
「あるいは、『これが、私の人生!』という感じで、夢中に生きている」
「でも、自分はどこか、幸せがイメージできない」



……これじゃあ、嫌ですよね。
それに、おおごとです。

これは、あなたの人生なのに。



この状態を変えてゆくために、ONSA WORKSHOP の冬は、基礎知識を充填します。

つまり、いわゆる「共依存」のいちばん基礎中の、基礎の知識。
「人に、依存してしまう」
この現象について、あらゆる角度から、丁寧に学んでゆくのです。


「ご参加順位なし」の「基礎編」では、「これでもか!」というぐらい丁寧に、基礎を学びます。



「『共依存』というワードが、前から、気になっていた」
「でも、きっかけが、何となく探せなかった」

そういう方は、ぜひ訪ねてみてくださいね。
この冬も、オンライン開催いたしますので、全世界どこからでも、ご参加いただけます。


それでは、また!

| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。