ONSA apartment. Room | 宣言して、くっきりさせて、かなえてゆく。夢と向き合ってゆく、ONSA apartment. です

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。


突然ですが、あなたは、夢や望むことを何回、口にします?

心に、秘めておくだけ?
書いてみる?

それとも、たまに思い出すだけ……?




ONSA(弊社)には、ONSA apartment. Room(会員専用スペース)というサービスがあります。
ログイン空間の、秘密のアパートです。




この場所には、いわゆる「夢をかなえる」のための、ちいさなサービスが数々あります。

「ドリームボード」も、そのひとつ。
夢を、文字で書いて(打って)、宣言してしまう板です。




夢って、胸に秘めていても、なかなか、かなわない。

たまに思い出して、
「ああ、かなったらいいのになあ」
「夢をかなえている人と、何が違うんだろう」

……こういう状態。

それは、「夢」ではなく、「憧れ」ですよね。

どこか遠くにあって、届かなくて、漠然としています。


その輪郭を、どんどんくっきりさせるためには、宣言です。
とにかく、文字にして、書いてみるのです。


文節区切りの線


そんな、ONSA apartment. Room の「ドリームボード」に、夢の宣言が刻々、上がってきました。

いいぞいいぞ!
どんどん、書いてしまおう。



言葉で書いて、宣言する。
一度で、全部イメージできなくとも、いい。

何度でも宣言していると、自分でも、輪郭がはっきりしてくる。
「こういう感じがいい」「好き」……ディテイルが、刻々、はっきりわかってくる。


すると、「夢」は、「夢」でなくなってくる。
実現したい、「目標」になってくる。




駆り立てられないアパートで、適度に巣ごもりしながら、夢を育てています。
この冬の STAY HOME の時間も、みんなで、一緒に過ごす予定。

もしよかったら、これをご覧のあなたも、ぜひお待ちしています。

書いて、宣言して、言葉にする。
どんどん、夢を、かなえていっちゃいましょう。


「夢をかなえる」は、特別なことではない。
とても日常的なことで、日々の時間と、ぴったりくっついている行為です。




それでは、また。
また、メッセージを書きにきます。