ONSA WORKSHOP |「新・三つ子の魂百まで」 人生はいつからでも変えられる[2]

「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。

(ひとつ前の記事からの、続きです)



「人は、3歳までに、人生の基本戦略を決める」
「その戦略を、7歳までに、洗練させる」
「その後の時間は、基本的に、その戦略の延長線上で生きる」



心理学の教科書には、こう書いてあります。

いわゆる、「三つ子の魂百まで」というやつですね。



ちなみに私、これを最初に知った時に、
「どーん……」
と落ち込んだものでした。


もし、これが本当なら……。
人生の、最初のくじ引きに失敗した人には、希望がない。


誰もが、親は選べない。
「生まれる」「生まれない」も含め、子の側には、選択権がない。

もちろん、私が引いた、くじなんかんじゃない。
それなのに、たまたま誰かが引いた、自分の責任ではない、くじ。それに当たってしまっただけで、その後の自分の人生、全て決まるだなんて……。




心理学の、研究結果。
それは、まるでハンマーで頭を殴られるみたいな、衝撃でした。

後天的努力で、どうにもならない人生なんて、不公平だ。
そんな理不尽、あっていいわけがない。



この世界には、綺麗事の通用しない現実もまた、存在しますね。
お花畑であっては、決して、生き延びることができない現実です。

文節区切りの線


ですが、いわゆる「機能不全家族問題」についての勉強を、正式に開始して。「共依存」のしくみや、脳や心・トラウマの仕組みを、やっつけや切り貼りではなく、きちんとしたリソースから勉強するにつれ……。

「そうでない生き方も、ありうる」
「きちんと学べば、逆転できる!」

こんな希望に、出会いました。




「人生は、いつからでも、変えられる」
「学ぶこと、練習することによって」


これは、私にも起こったし、ONSA WORKSHOP ご参加の「お仲間さん」にも、起こっている。
データベースを、あらためて見てみると、くっきりわかる。



人生「回復」をスタートして、およそ3年目ぐらいに、大きなターニングポイントがくるようです。
心理学で言うところの、
「3歳、最初の基本戦略を決める」
の、タイミングあたりですね。


7年目を過ぎたあたりで、さらに大きなターニングポイントが。

誰もが、ぐっと、強くなっています。


原家族から受け取った、無意識のやり方。
それに負けない自分が、芽を出しはじめるのが、これぐらいのタイミング。



この辺りになると、ともすれば、
「先天的・三つ子の魂百まで」
の方々よりも、がぜん強くなっている。

粘り強い。
簡単に、折れない。

正の部分も負の部分も、「自分」というものを、とことん、理解しはじめている。
人生を作ってゆく、積極性と地力が、明らかに違ってきている……。



心理学の、基本の知識。
それは、別の意味でも、証明していました。

言うなれば、
「後天的・三つ子の魂百まで」
もまた、存在することを。


……すごいすごい!


文節区切りの線


人生の時間は、あきらめたまま生きるには、長すぎます。


ONSA WORKSHOP ご参加「お仲間さん」。

「今ここ」
「まずは、今日1日だけ」
「目の前の、まずは1つだけ」

これを合言葉に、この冬も一緒にゆこう。


大丈夫。
人生は、いつからでも変えられる。

生きたい人生は、生きられる。
あなたは今も、そのプロセスの上にいますから、大丈夫です。



もうすぐ、お会いしましょうね。
それでは、また!

| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。