ONSA WORKSHOP | 一人じゃないと、元気が出る。一緒に転べることは、温かいですね

「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。

なんとなんと。
この週末の、三連休が終われば、たちまち ONSA WORKSHOP(対面式)冬開催。

その手前に、初の公式対応となる、「定点観測」枠を控えています。




いろいろ名前はありますが、要するに、こういうこと。

「何かあるなら、解決してゆこうよ」
「しくみさえわかれば、ひとつずつ、謎は解けてゆく」



しかも、一人じゃないと、元気が出ますよね。

「一人で、がんばらないと」

この考え自体が、出口なしの、壊れた考えだとわかった。


基本の仕組みを勉強しはじめると、知識がつく。
すると、なぜ今まで抜け出せなかったのかが、具体的な裏づけをもって、わかってきます。

文節区切りの線


かつて私たちは、こう習ったかもしれません。

「間違ってはいけない」
「失敗しては、いけない」

「一度でわからないのは、恥ずかしいこと」
「余計な手をわずらわせるのは、あなたがダメな証拠」


こんな、とても厳しい考えを真に受けて、生きてきたかもしれません。



でも、不思議なのです。
必死で努力して、どんなにがんばっても、光明すら見えることがありませんでした。



理由は、明白。
この考えのほうが、非現実的だったのですね。



私たちは、ただ生きて呼吸しているだけで、自動的に「幅」をとる生き物。
人間は、それが「デフォルト設計」です。


それなら、一緒に転んだり、落ち込んだり、泣いたりしながらやってゆくほうが、ずっといい。


転んでも、ひとりぼっちの孤独を、味わわない。
ばかにされたり、非難されたりしない。

「転んじゃった。えへへ」
そう言って立ち上がれるほうが、安心できて、あったかい。


安心できたら、安心できない時より、ずっと翔べる。

そっちのほうが、嬉しいし、建設的ですね。
たくさん、希望がある感じがします。




今日も、あれこれ忙しい、がんばりやの「お仲間さん」。
たくさんの責任を背負い、今も、忙しく働いていることと思います。

なにか、おいしいランチでも、召し上がってくださいね。

身体の元気が出れば、じき、心の元気が出る。
心の元気が出れば、前向きなことを、考えられるようになりますから。



それでは、また。
また、メッセージを書きにきます。

| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。