革熱病日記 | ずっと一緒に、時間を刻む。相棒のような手帳カバー[1]

「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。

秋近くなってくると、いよいよ、革熱病の本格シーズン。
1年の時間を、共に歩いてくれる、相棒ご紹介のタイミングとなります。


画像


まずは、お掃除のお話から。


すでに、革製品をお持ちのお客様。
1年がんばってくれた革製品は、少々、お疲れではありませんか?

あらためまして、お掃除の仕方を、ご紹介します。

以前もご紹介しているので、その記事を、リンクしておきますね。



→ 2記事目:シンプル簡単。本革手帳カバー「Velude」のお手入れ
→ 3記事目:予防に勝るものなし。本革手帳カバー「Jabulani」のお手入れ


画像


折々に、手入れをして、かわいがる。

そうすると、革製品は、驚くほどのつやつやぶりで、成果を返してくれる。

手入れも、なかなか、楽しいですよ。


もしよかったら、どこかのタイングで、お手入れをしてみてください。
あなたのかわいい相棒は、つやつやの貫禄で、ほほ笑み返してくれると思いますから。


迫力のついた相棒は、愛着万感。


思い出深い時間が、一緒に過ごせますね。
それでは、続きます。