ONSA WORKSHOP | 実(じつ)のある大達成!「自分を認めること」は、とてもいい考え

「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。


先週末は、ONSA WORKSHOP(対面式)の、ワークショップ・クラスが行われました。
秋開催の、第2週のクラスです。

自身の「今ここ」、そして、未来の時間。
この両方に関係する、大事なテーマを見てゆきました。



どっしりと、重かったですね。
でも、全員の皆さまが、実(じつ)のある大達成!

自身の心と向き合う作業、本当に、おつかれさまでした。
心からの敬意を、お伝えさせてください。





「人生を、守ること」

言葉で言うのは簡単ですが、これを、行動であらわすとなると、いろいろな葛藤が生じてくる。



本当は、とても、当たりまえなことのはず。

でも、
「自分を後回しにし、他人に奉仕せよ」
こう習った人たち(私たち)にとっては、とても慣れなく、それゆえ、難しく感じる。



練習が、必要ですよね。
そして、発想の転換から必要。



でも、向き合わないでは、時間を進めることができない。
その構造のままでは、自分の人生に、資源が残らなくなって、干上がってしまうから。


「ああでもない」「こうでもない」と、泣き笑いになりながらの、1日でした。
重めなテーマでも、一人じゃないと、向き合う勇気が出ますね。

結果、大達成でした!



向き合わずには、過ぎさせられないことと、勇気を出して向き合う。
「自分の人生を、認めてゆく」というのは、とても優しくて、良い考えだと思うのです。





大冒険を、成し遂げた後です。
ゆっくり、心を休めていただけますように。

また、メッセージを書きにきます。

| ONSA は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズを代表作とする、文筆業・藤沢優月のオフィス。「ONSA」には、「響き合い、調和し合う」という意味が込められています。
当ブログに集ってくださる皆さまは、みな「お仲間さん」です。あなた様の大切な時間・人生のために、本記事が少しでも、役立ちますように。